【スマートアクセスキー - 最先端技術】 スマートデバイス統合アクセスソリューション エンジニアストーリー

コンチネンタルでは、自動運転やコネクテッド分野における様々な先進技術を開発しています。その中の一つに、スマートフォンを活用して車両を開錠したり、他の人と車両キーを共有することができる、スマートデバイス統合アクセスソリューション ” CoSmA (Continental Smartphone based Access)“ があります。このソリューション開発に携わった3名の社員にそれぞれの経験や思いを語ってもらいました。

(2021年7月現在)


Tao A. (写真左)

早稲田大学大学院を修了後、2017年にコンチネンタル・ジャパンへJ.DRIVE2017として入社。現在はシステムエンジニアとして、デジタルキーのプロジェクトを担当。


Yukinobu M. (写真中央)

早稲田大学大学院を修了後、2017年にコンチネンタル・ジャパンへJ.DRIVE2017として入社。現在はシステムエンジニアとして、デジタルキーのプロジェクトを担当。


Yasuhiro Y. (写真右)

大学院修了後、日系大手電機メーカーで通信技術や映像配信技術のシステムエンジニアとして従事。コンチネンタル・ジャパンでは現在、テレマティックスユニットの要件管理と、セキュリティに関する業務を担当。


Q1. コンチネンタル・ジャパンへ入社を決めた動機やきっかけについて教えてください。

Yasuhiro Y.: 転職を検討していたときに、前職の同僚がコンチネンタル・ジャパンで働いており、ネットワーク関連の仕事を紹介してもらったことで興味を持ち、チャレンジしてみようと応募したことがきっかけです。


Tao A.: 私はソフトウェアプラットフォームに興味があり、コンチネンタルも車載ソフトウェアプラットフォーム開発をしていることを知り、興味を持ちました。大学院ではロボットを使ったソフトウェア工学を専攻しており、ソフトウェアプラットフォームの開発には関心をもっていました。


Yukinobu M.: 元々タイヤに興味がありコンチネンタルは知っていました。会社説明会などを通じて、自動運転に興味が湧き、そこからコンチネンタル・ジャパンに対して広く興味を持つようになりました。さらに、座談会での社員とのコミュニケーションを通じて働きやすい環境で自分に合っていると感じ入社することを決めました。


Q2,  CoSmA(Continental Smartphone based Access)の技術概要について教えてください。

Yasuhiro Y.: 車の鍵は従来、クルマとセットになっています。その鍵が皆さんも持っているスマホになり、ユーザーにはメリットがあります。

Tao A.: 車載キーECU(Electronic Control Unit/電子制御ユニット)、サーバー、スマートフォンの三者を組み合わせたことが従来と異なります。使われている個々の要素技術はITでは既に広く使われている技術ですが、それらを組みあわせて車載向けに提供しているのは面白いポイントです。


Yukinobu M.: 私もそう思います。従来ですと、他メーカーはどれかができないところが多いと思います。たとえばサーバーが扱えない、スマートフォンは扱えないなど。そういった企業と比較すると、コンチネンタルはバランスよく進んでいると思います。


Q3.  CoSmAのプロジェクト全体を通じて、最も達成感を味わったことと最も難しかったことを教えてください。

Yasuhiro Y.: コンチネンタルの中で、グローバルチームとの技術的なやり取りが最も難しかったです。。毎週1回本社のセキュリティ担当チームのエキスパート主導で実施しているオンラインのチームミーティングがあり、コンポーネントごとにシステムアーキテクチャ―担当、もしくは各チームリーダが代表して参加していました。議題は通常、開発過程や実装上の技術的な課題を話し合うのですが、日本側からも私が参加して、対応方針に意見を述べたり、一緒に仕様作成をしました。このやりとりはプロジェクト期間の約2年間続いたのですが、この期間にて積み上げられ吸収した知識やノウハウは非常に大切なもので、お互いに知恵を絞りあって結果を出していったときの喜びは大きかったですね。

設計思想についてはよく考えられていました。よく考えられていただけに、お客さまにとっては分かりにくいものもありました。開発した人間の思いと利用者側の思いを一致させることが最も大変でした。


Yukinobu M.: 私が達成感を感じたのは、お客さまの質問や要求に対してこちらから回答や提案をする際、お客さまの仕様整合がしっかりとでき、想定していた機能が製品に乗り実装できたところですね。難しかったのは仕様整合です。実は仕様整合に時間が掛かっています。お客さまの仕様や要求に合わなかったり、こうした方がいいのではないかなどの話あって、それらを整合させるという点が大変でした。また、お客さまの要求と本社側の言い分が異なり、その点の折り合いの付け方や期待値管理が難しかったです。


Tao A.: 達成感とは少し異なりますが、CoSmA技術の注目度の高さには感慨深さを覚えましたね。SNSなどで製品のエゴサーチをしていたのですが、エンドユーザーのフィードバックはポジティブ・ネガティブなものを両方見ることがありました。そういったものを見ていると、エンドユーザーの期待値が高く、注目度が高いことはとても実感がわきました。

難しかったのは文化的な考え方の違い、製造業とモバイルのカルチャーの違いという点でしょうか。製造業では開発する製品を一度で完璧なものを作ろうとする傾向にありますが、モバイル業界はどんどんアップデートしていく志向があるので、このギャップを埋めるのに今も苦しんでいますね。

Yukinobu M.: 完成車メーカー主導の自動車業界、モバイル業界のいずれかの産業が強引に各産業のカルチャーを押し通すことは無理なので、コンチネンタルのようなサプライヤーがその間に入って牽引していくことが大事だと思います。

スマホは多岐に渡り、それぞれにスペックが異なるので対応するのは難しく、また、お客さまの満足感を得るための機能を技術で現実化させるかも難しいところでしたね。毎年運用テストも行い、どこまでカバーできているのかテストもしています。


Q4.  CoSmAの胆としてセキュリティが挙げられるかと思いますが、コンチネンタルがセキュリティという面において自動車メーカーに提供できるものは何でしょうか? 

Tao A.: エンドユーザーの本当のニーズと対象製品の使用状況を把握して、市場へ技術提供していくことがサプライヤーに求められることですね。セキュリティは機密性や可用性など何か一つでも欠けると不完全なものとなってしまうのですが、すべてカバーできるのがコンチネンタルの強みです。

Yasuhiro Y.: まず、セキュリティ技術は現在の暗号強度で十分とされるレベル、NIST(National Institute of Standards and Technology 米国国立標準技術研究所)で定義されているレベルの暗号に準拠して使用しています。車載ECUにおける鍵の管理は、耐タンパー性が十分であるセキュリティチップを使用して堅牢につくられています。

CoSmAを実現するためには、BLE(Bluetooth Low Energy), NFC(Near Field Communication)、 4G通信技術、さらにはスマホ、バックエンドのセキュリティ技術が必要です。車載・スマホアプリ・バックエンドを包括して提供できるのがコンチネンタルの強みだと思っています。


Q5.  CoSmAのプロジェクト経験を通じて、若手エンジニアという立場での学びを教えてください。

Yukinobu M.: お客さまの要求をより具体的に詳しく聞いて、理解して、余分な出戻り作業をなくすことはお客さまへ価値を提供する上で大切なことだと学びました。

Tao A.: Yukinobu M.の意見は、私もとても共感します。それに加えて、お客さまにどんなことを質問されても自信をもってアウトプットできるよう、常に勉強し情報収集しておくことも重要だと思いました。


Q6.  学生へのメッセージをおねがいします。

Tao A.: 自動車業界には機械系の人が多い印象があると思いますが、情報系の人にも来てほしいですね。情報系の人たちは製造業での活躍する姿をあまりイメージできないかもしれませんが、今の車には様々なソフトウェア技術が多岐にわたって活用されていますので、人財として活躍できる場は多いと思います。


Yasuhiro Y.: 私は通信・セキュリティを専門にしていますが、他にも様々な専門性を持った人たちが世界中にいます。コンチネンタルにはそのような人たちとコミュニケーションをとれる人的ネットワークがありますので、そのような環境に魅力を感じる人にとっては活躍の場があると思います。


Yukinobu M.: コンチネンタル・ジャパンは若手の力を伸ばしてくれる会社だと思います。主要プロジェクトの前線で働かせてもらえるチャンスもあるので、新卒入社の方にとってもよい環境があると思います。

今後実施される説明会やインターン、座談会へ参加して、コンチネンタル・ジャパンで働いている人の雰囲気や働き方を感じ取ってほしいですね。

新卒学生向けのセミナー情報

- Conti Technical Academy 1

<テーマ> 自動車開発の基本 ※1day

<概要>エンジニアにとっての基本でもある自動車開発のプロセスを学び、自動車業界のエンジニアに求められることを学ぶことができます。また製品・技術開発にあたってすべきことが何かについても学べます。サプライヤーにはサプライヤーの役割があり、それがいったい何なのか知ることで業務理解に繋げます。

開催日時: 11月26日(金) 10:00~17:30

- Conti Technical Academy 2 

<テーマ> 日系と外資系の違い ※1day

<概要> 海外出張や勤務のある若手エンジニアとのセッションを通じて、外資系企業やコンチネンタルで働くことの価値を理解することができます。加えて、人事制度や働き方などの観点からもその違いを知ることができます。

 イメージすることが難しい外資系企業の実態について理解を深めることができます。少しでも興味のある方はこの機会にぜひご参加ください!

開催日時:12月8日(水) 10:00~17:30

- Conti Technical Academy 3 

<テーマ> コンチネンタル製品・技術 ※1day

 <概要> ある製品を例にとり、製品・技術レベルでの企業間の違いを知ることができます。また、当社コンチネンタルの持つ技術活用に関するディスカッションや部品設計を通じて、企業のもつ将来性やエンジニア業務の難しさや楽しさを体感してください。

開催日時:12月22日(水) 10:00~17:30

※各テーマの詳細に関しましてはHPでも情報掲載しておりますので、そちらもご覧ください。

Conti Technical Academy申し込みフォーム
個人情報保護方針

RIKEJO CAFEは、学生が学び成長できる場として、セミナーやイベント、就職サポートなどの学生のキャリア支援事業を通して、社会の発展に貢献することを目的としています。お客様のプライバシー・個人情報(以下「個人情報」といいます。)を保護、管理することを当社の事業活動を行う上で最重要な事項と位置付けており、以下のとおり個人情報保護方針を定め、個人情報保護体制の維持・向上させるよう努めております。

個人情報の取扱いに関する基本原則

■ 周知徹底
当社は、この方針を一般に公表するとともに、当社の業務の従業者、その他関係者に周知徹底させて実行し、維持・改善します。

■ 適正な取得
個人情報はその利用目的をできる限り特定し、原則として本人の同意を得た上で、適法かつ公正な方法で取得します。

■ 目的外利用の禁止
個人情報は、予め特定された利用目的の達成に必要な範囲を超えて利用しないこととし、そのために必要な措置を講じます。

■ 第三者提供
個人情報は、法令に基づく場合を除き、本人の同意なく第三者へ提供しません。

■ 安全性の確保
個人情報の管理にあたっては、漏えい、滅失またはき損の防止などの安全管理のために、適切な予防および是正措置を講じるように努めます。

■ 透明性の確保
個人情報の取得・利用・提供の各場面において、その情報を提供した本人が適切に関与できるように努め、可能な限り正確かつ最新の内容に保つよう努力します。

■ 苦情・相談への対応
個人情報に関する苦情および相談に対応する窓口を設けて、誠実かつ迅速な対応を行います。

■ 法令遵守
個人情報保護に関する法令などを遵守し、また個人情報保護に関する社内規程を定め、確実に運用されるように継続的な見直しを行います。

2015年9月1日制定
お問合せ先:RIKEJO CAFE運営事務局
info@higherly.jp
個人情報の取扱について

RIKEJO CAFE(以下「当社」といいます)は、ご利用になる方(以下「利用者」といいます)のプライバシーを尊重し、利用者の個人情報(以下の定義に従います)の管理に細心の注意を払い、これを適正に取り扱います。

■ 個人情報の定義
個人情報とは、利用者個人に関する情報であって、当該情報に含まれる氏名、住所、電話番号、メールアドレス、学校名その他の記述等により利用者個人を識別することができるものをいいます。また、その情報のみでは識別できない場合でも、他の情報と容易に照合することができ、それにより結果的に利用者個人を識別することができるものも個人情報に含まれます。

■ 個人情報の利用目的
個人情報の利用目的は以下の通りです。当社は必要な範囲内で個人情報を取得し、利用目的を超えて利用することはありません。

本サービスおける会員登録者の個人認証及び会員への各種サービスの提供。
利用者の承諾に基づく、本サービス利用企業等への個人情報開示。
当社からのお知らせ、ニュース、アンケート(一部広告を含む)の配信、記事作成等における取材対象者の募集及び連絡。
アンケート、キャンペーン、モニター等への応募、プレゼント発送等。
本サービスのサービスに関するご意見、お問い合わせ等に対する回答。
各企業から委託を受けた各企業個別の就職情報のご案内。
登録時および退会時に同意していただいた方については、就職活動や社会人の準備、キャリアアップ、社会人生活に役立つ情報や各種の学校情報、各種アンケート調査等について、郵送やE-mail、電話などを通じてご案内。
■ 個人情報提供の任意性と提供しなかった場合に生じる結果について
本サービス利用目的の達成に必要な個人情報を会員登録時に提供して頂きますが、提供は任意です。但し、各サービスの実施において、それぞれ必要となる項目を入力いただかない場合は、本サービスの利用企業へのエントリーおよびセミナーへの申込みなど各々のサービスを受けられないことがあります。

■ 個人情報の変更等
利用者は会員登録した個人情報をいつでも確認・変更・追加・削除することができます。

■ 個人情報の第三者への提供
利用者の個人情報について、利用者本人の同意を得ずに企業等の第三者に提供致しません。提供先・提供情報内容を特定した上で、利用者の同意を得た場合に限り提供します。但し法令により開示又は提供が許容されている場合は、利用者の個人情報を提供することがあります。

利用者が第三者に不利益を及ぼすと判断した場合。
人の生命、身体又は財産の保護のために必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難である場合。
公衆衛生の向上又は児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、利用者本人の同意を得ることが困難である場合。
国の機関もしくは地方公共団体又はその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、利用者本人の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがある場合。
裁判所、検察庁、警察、弁護士会、消費者センター又はこれらに準じた権限を有する機関から、個人情報についての開示を求められた場合。
利用者本人から明示的に第三者への開示又は提供を求められた場合。
法令により開示又は提供が許容されている場合。
■ 第三者の範囲
以下の場合に個人情報の提供を受ける者は、第三者に該当しないこととします。

当社が利用目的の達成に必要な範囲内において個人情報の取り扱いの全部又は一部を委託する場合。なお、委託先における個人情報の取り扱いについては当社が責任を負います。
当社の合併その他の事由による事業の承継に伴って個人情報が提供される場合。
■ 第三者提供に関する免責事項
以下の場合は、第三者による個人情報の取得に関し、当社は何らの責任を負いません。

利用者自らが本サービスの機能又は別の手段を用いて特定の企業に個人情報を明らかにする場合。
利用者の活動情報又はその他の利用者が本サービスに入力した情報により、期せずして本人が特定できてしまった場合。
本サービスからリンクされる外部サイトにおいて、利用者から個人情報が提供され、又それが利用された場合。
利用者本人以外が利用者個人を識別できる情報(会員ID・パスワード等)を入手した場合。
■ 外部委託について
当社は個人情報の取り扱いの全部又は一部を外部に委託する場合があります。委託を行う場合には、充分な個人情報保護水準を確保していることを条件として委託先を選定し、個人情報保護に関する契約を結んだ上で行います。又、当該委託先における管理については必要かつ適切な監督を行います。

■ 統計処理されたデータの利用
当社は提供された個人情報をもとに、個人を特定できないように加工した統計データを作成することがあります。個人を特定できない統計データについては、当社は何ら制約なく利用することができるものとします。なお、この場合の著作権は当社に帰属するものとします。

■ 本人確認について
当社は、個人情報の開示・訂正・削除もしくは利用停止の求めに応じる場合等には、個人を識別できる情報(氏名、住所、電話番号、メールアドレス、会員ID、パスワード等)により、利用者本人であることを確認します。利用者本人以外が個人を識別できる情報を使用した場合、当社は責任を負わないものとします。

■ 個人情報の管理について
当社は個人情報への不当なアクセス又は個人情報の紛失、破壊、改竄、漏洩等の危険に対して、技術面及び組織面において必要かつ適切な安全対策を継続的に講じるよう努めます。また、当社は個人情報の保護に関する法令、業界規範・慣習、公序良俗を遵守します。

■ 「個人情報の取り扱いについて」の変更
当社は本「個人情報の取り扱いについて」を継続的に見直し、その改善に努めます。その際、利用者に予告なく変更することがあります。ただし、利用目的を変更する場合は本人の同意を得ます。

■ 個人情報の変更等およびお問い合わせ
利用者の個人情報に関するお問い合わせにつきましては、下記の通りとさせていただきます。

[利用者ご自身が本サービスからご入力いただいた内容の確認等]TOPページから会員ID・パスワードでログインし、「各種設定の変更」画面でご確認下さい。内容の変更、追加、削除、利用停止(登録抹消)も利用者ご自身で操作していただくことができます。
[その他のお問い合わせ]その他の個人情報に関するお問い合わせは、ご意見・お問い合わせフォームよりお願いします。1週間を目途として、手続き等についてお知らせいたします。
■ 個人情報保護管理者
利用者の個人情報は、以下の者が責任をもって管理するものとします。

RIKEJO CAFE運営事務局 個人情報保護管理責任者
個人情報取り扱いに関するお問い合わせ先:info@rikejocafe.jp
アップロードしています。少々お待ちください。

関連記事

【スマートアクセスキー - 最先端技術】 スマートデバイス統合アクセスソリューション エンジニアストーリー

2021-11-05 14:43

コンチネンタルでは、自動運転やコネクテッド分野における様々な先進技術を開発しています。その中の一つに、スマートフォンを活用して車両を開錠したり、他の人と車両キーを共有することができる、スマートデバイス統合アクセスソリューション ” CoSmA (Continental Smartphone based Access)“ があります。このソリューション開発に携わった3名の社員にそれぞれの経験や思いを語ってもらいました。

【コンチネンタル・ジャパン 新卒採用情報】 10月1日 フルリモート内定式開催

2021-10-15 18:23

コンチネンタル・ジャパンは、10月1日に2022年4月入社の新卒新入社員向けに内定式を開催しました。  今までは対面で開催されてきた式典ですが、今年は、コロナウィルス感染対策として初のフルリモート体制で行いました。

【自動運転 - 最先端技術 Vol.2】 自動運転車両公道走行テストの全体像

2021-09-09 13:48

コンチネンタル・ジャパンは、内閣府が推進する「戦略的イノベーション創造プログラム (SIP) 自動運転(システムとサービスの拡張)」の東京臨海部実証実験に参加し、乗用車タイプと近未来の完全無人運転車両を想定したバスタイプの試験車両の計2台の車両を使って臨海副都心地域の一般道で自動運転技術や、将来的な検討課題の検証を行いました。プロジェクトメンバーは経験豊富なシニアエンジニアのみならず、若手エンジニアも参加しており、コンチネンタルの多くのエンジニアたちの世界レベルでのチームワークがプロジェクトの成功をもたらしました。

【コンチネンタル・ジャパン】テクノロジー×ダイバーシティ インタビュー 外国人事業部トップ×女性エンジニア対談

2021-08-30 17:11

コンチネンタル・ジャパンではジェンダーギャップの撤廃やダイバーシティのある社内環境の構築に取り組んでいます。油圧制御ブレーキシステム(Hydraulic Brake Systems, 以下HBS)を扱うHBS事業部では、多くの女性エンジニアが活躍しており、チーム内でのダイバーシティ、そしてジェンダーやナショナリティーなどが多様なコンチネンタルの社風について語ってもらいました。

【2023年度新卒向け】 夏季インターンシップ(未然防止設計)開催 社員インタビュー

2021-08-27 18:17

コンチネンタル・ジャパンでは2023年新卒対象者向けに2021年8月および9月に夏季インターンシップを実施いたします。今回は過去のインターンシップ参加者と営業担当の社員に、参加時の印象や、実際の業務における品質の重要性などについてインタビューしました。