コンチネンタル・ジャパン

コンチネンタルの進化の歴史:

ドイツ・ハノーバーにて創業してから約150年という歴史があり、グローバル市場でビジネス展開をしている自動車部品会社、それがコンチネンタルです。 馬車用のゴム製品を取り扱っていた創業時代から、現在は世界59ヵ国、 24万人を超える従業員により構成される組織となり、自動車業界へ最先端技術と製品を提供しています。 例えば、自動運転、電気自動車、コネクテッドカーなど話題の技術はさることながら、未来のクルマづくりに革新を起こす会社として業界をリードしています。

コンチネンタル・ジャパンについて:

2000年に日本で設立されたコンチネンタル・ジャパン。 2007年には横浜市内に本社機能とエンジニアリングセンターを開設し、現在では国内にて13拠点を持ち約1,700名の従業員にて構成されています。
また、国内ではダイバーシティ溢れる職場環境となっていて、30カ国籍の異なるバックグラウンドを持つ従業員が協力をし合い、主要顧客である国内カーメーカーへ向けた自動車部品製品と最先端技術を提供しつつ自動車業界内で進化し続けています。

コンチネンタル・ジャパンが展開している新卒新入社員向け育成プログラムとは:

新卒新入社員の方々へは、2年間の次世代エンジニア育成トレーニング、「J.DRIVEプログラム」を提供しています。その期間では、プロジェクト型ジョブローテーションを通して、実体験含めて多くのことを経験いただき、3年目より一人前のエンジニアとして本配属先にてその能力を発揮いただくことを目的としています。

記事

【2022年度新卒向け】理系女子学生向けイベント 実施レポート

コンチネンタルジャパン

2020-09-18 11:08

ドイツに本社をもつグローバルカンパニー、コンチネンタルは、国籍、性別、専門性など、様々なバックグランドを持つエンジニアが活躍しています。 そんなコンチネンタルの特徴を知っていただくため、8月20日(木)名工大女子学生団体 彩綾〜SAYA〜とコラボレーションをして、「Online 女性技術者交流会」イベントを実施しました。 そのイベントでは、特に柔軟な働き方やグローバルな環境などについて学生の方々へお話ししました。当日の様子についてご紹介します!

【#1 柔軟な働き方 @コンチネンタル・ジャパン】パパ社員への育休インタビュー

コンチネンタルジャパン

2020-09-14 20:17

コンチネンタル・ジャパンは、社員一人一人が最高のパフォーマンスを発揮できるよう働きやすい職場環境、福利厚生制度などを提供しています。柔軟な働き方を推進する人事制度の中には、ワークライフバランスを保つため、6時から22時までの間で働く時間を決めることが出来るスーパーフレックス制度、在宅勤務制度、育児休暇制度もあります。 今回は、2017年度新卒新入社員として入社しJ.DRIVEプログラムを終了後は若手エンジニアとして活躍しているパパ社員、Yuki K.の育休取得体験談を紹介します。

【J.DRIVE プログラム】 2020年度入社新卒新入社員インタビュー

コンチネンタルジャパン

2020-08-28 17:37

コンチネンタル・ジャパンは、グローバル企業として革新的な技術力と共に将来のモビリティ社会実現へ貢献できる次世代エンジニア育成に注力しています。また、新卒新入社員の方々へは、2年間の研修プログラム、「J.DRIVEプログラム」を提供しており、その期間中に自動車技術の幅広い知識を身に着け、3年目より一人前のエンジニアとして活躍できる人財育成制度を展開しています。 今回は、2020年度新卒新入社員のEmina K.に、コンチネンタル・ジャパンへ入社した背景、J.DRIVEプログラム期間中の実体験、将来のキャリアへの想いなどを語ってもらいました。

【2022年度新卒向け】夏季インターンシップ開催

コンチネンタルジャパン

2020-08-07 13:35

今回は2020年8月および9月にに開催予定の夏季インターンシップについて告知します。コンチネンタル・ジャパンでは、皆さんに大学の夏季休暇期間中に参加いただけるよう2日間のインターンシップを実施します。主な狙いは、参加者の方々に自動車業界のエンジニアとして活躍するには何が必要なのかを学んでいただくことです。 「将来、自動車業界で活躍できるエンジニアになりたい」 「自動車業界に興味があるけどイマイチ理解できていない」 「自動車開発をもっと深掘りしたい」 などのお考えをお持ち方、ぜひ上記リンクより応募ください!  このインターンシップは、そんな皆さんの想いに応えることができるプログラムです。

自動車業界のグローバルメガサプライヤー

コンチネンタルジャパン

2020-07-31 17:04

コンチネンタルは、1871年ドイツ・ハノーバーで産声を上げ、現在世界では59ヵ国、24万人を超える従業員をもつグローバルカンパニーとして、自動車業界へ最先端技術と製品、システム提案とサービスソリューションを提供し、世界中の人々が思い描く次世代モビリティ社会の実現へ貢献しています(2019年末現在)。 将来のモビリティ社会においては、自動運転・自律運転、スマートインフォテインメント、軽量デザインといった最先端技術が日常的に使われることが予想され、コンチネンタルは、それらの最先端技術のベースとなる多くの要素技術や製品開発に強みをもっています。

Facebook

会社情報

社名 コンチネンタル・オートモーティブ株式会社
創立 2000年12月4日

代表取締役社長

ベルトルド・ヴォーフラム

事業内容

自動車部品及び自動車関連関連技術の開発(メカ、エレキ、ソフト)
売上高 445億ユーロ(2019年グローバル実績)
従業員人数 約240,000人(グローバル) 約1,700人(国内)
拠点 59ヵ国 595拠点(グローバル) 13拠点(日本)
所在地

本社 :神奈川県神奈川区新浦島町1-1-32 ニューステージ横浜ビル
工場(VED事業部):静岡県浜松市浜北区中瀬8000
研究開発:コンチネンタル・エンジニアリング・センター(横浜、豊田)
テストセンター:旭、紋別

Linkedin  https://www.linkedin.com/company/continental