catch-img

【J.DRIVE プログラム】 J.DRIVEメンバーによるアンバサダー活動の紹介 #2

コンチネンタル・ジャパンでは、社員よる採用アンバサダー活動を推進しており、新卒新入社員として入社したJ.DRIVEメンバーも、各出身大学へプロモーションを行い新卒採用活動へ貢献しています。当社のインターンシップや企業説明会だけではなく、直接のOB・OGネットワークにより選考を受けることを決め、入社を決意する学生も多くいます。今回は、以前ご紹介したアンバサダー活動の事例に続き、慶應義塾大学出身で2017年度新卒新入社員のTakashi H.のアンバサダー活動により、コンチネンタル・ジャパンのことに関心を持ち入社を決意したJine S.のストーリーと、各々の体験より感じたJ.DRIVEプログラムの印象についてご紹介します。

アンバサダー活動の紹介#1:

  【J.DRIVE プログラム】 J.DRIVEメンバーによるアンバサダー活動の紹介 | 理系女子未来創造プロジェクト コンチネンタル・ジャパンでは、新卒新入社員として入社したJ.DRIVEメンバーも、アンバサダーとして各出身大学へ企業プロモーション活動を行い、直接のOB・OGネットワークにより、J.DRIVEメンバーとして入社している事例があります。今回は、上智大学大学院出身で2019年度新卒新入社員のMoegi I.によるアンバサダー活動によりコンチネンタル・ジャパンに入社したMasaharu O.のストーリーと、世代が違う各々のJ.DRIVEプログラムの体験談をご紹介します。 理系女子未来創造プロジェクト

(2020年11月中旬現在)


写真左: Takashi H. / J.DRIVE2017メンバー

慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科政策・メディア専攻修了後、2017年度新卒新入社員として、コンチネンタル・ジャパンへ入社。現在は、J.DRIVEプログラムを終え、本配属先であるに車載ネットワーキング&インフォメーション(VNI)部門コネクティッド・カー・ネットワーキング (CCN)事業部にて、テレマティクス製品のソフトウェアエンジニアとして勤務中。 

写真右: Jine S. / J.DRIVE2019メンバー 

慶應義塾大学環境情報学部を卒業後、2019年度新卒新入社員として、コンチネンタル・ジャパンへ入社。現在は、J.DRIVEプログラムにて最後のプロジェクト型ジョブローテーションとして、ADAS事業部のソフトウェアチームへ仮配属中。 


Q. お二人の関係と知り合った背景を教えて下さい。

Takashi H.: 私が学部4年生の時に、私が所属していた研究室へ当時1年生だったJine S.さんが加入してきたのが知り合ったきっかけです。私が通っていた大学では、教員の許可があれば何年生でも希望する研究室に所属することができるのですが、学部1年生が入ってくるのは珍しく印象に残っています。また、先輩として、彼女がチャレンジに感じている課題についてよくアドバイスを提供していましたね。


Q. お二人のコンチネンタル・ジャパンを知ったきっかけと入社の決め手を教えて下さい。

Takashi H.: 私は、研究室の先輩がコンチネンタル・ジャパンの選考を受けていたことが、会社の名前を知るきっかけでした。その後、自分で会社のことを調べた結果、私が当時研究していた自動運転技術をグローバルでビジネス展開しており、それ以外にも自動車に関わる幅広分野の技術を持っているということがわかり、コンチネンタルに興味を持ち始めました。

また、私は、自動車業界にてグローバルで自己成長につながる職場環境、柔軟な働き方、そして様々なダイバーシティを尊重する企業での就職を望んでいましたので、コンチネンタル・ジャパンも就職先を検討する企業の候補としてみていました。

その他何社か検討していた企業はありましたが、選考を進めていく中で、自分の希望に沿った社風や職場環境を持っているのはコンチネンタル・ジャパンだと強く感じましたので、選考通過後は迷うことなく入社を決意しました。

Jine S.: 私は、元々自転車のタイヤメーカ―としてコンチネンタルのことを知っていましたので、そのイメージを強く持っていました。その後、Takashi H.さんが研究室へ訪問しコンチネンタル・ジャパンの会社紹介をしていたのを聞いて、在学中の研究テーマである自動運転のビジネスをグローバルで展開している企業だということを知り興味を持ち始めました。

ただ、私は、就職活動時は自動車業界に絞っていたわけではなく、年齢や経験に関係なく個々の意見を尊重し、トップダウンな雰囲気ではなくフラットな社風を持ち、社員の皆さんが伸び伸びと仕事をしている企業で就職したいと思っていました。コンチネンタル・ジャパンのインターンシップと採用選考を通じて、私が求めていたそれらの要素を持っていて雰囲気も良い企業だということを確認できたので入社を決めました。


Q. J.DRIVEプログラムの中で、お二人が印象的に感じる経験を教えてください。

Jine S.: 私にとって、一番印象に残っているのは、入社後に受講する基礎研修です。 

入社当時は、同期とはいえ知らないメンバーと共に自動車に関する講義を受け頻繁に意見交換をしていましたので、学校のクラスのような雰囲気で新鮮に感じていました。また、その中でも、取り組んだ課題の中で、今まで研修に使っていたミニ自動運転車のロボカー以外で、研修用にNVIDIA社のJetBot導入プロジェクトを担当した経験は、非常に学びが多かったです。その製品の仕様や部品各種を理解することはもちろんのこと、導入の妥当性を示すための説得材料を集めることも苦労しましたね。 

結果的に、このプロジェクトでは同期メンバーとの円滑なチームワークのおかげで、JetBotを研修に導入刷ることが出来たので、入社早々仕事上での達成感を得ることが出来ました。

Takashi H.: 私の場合は、J.DRIVEプログラムの仮配属中に経験したセルラーV2Xの実証実験プロジェクトが印象的です。セルラーV2Xは、車車間(V2V : Vehicle-to-Vehicle )、路車間(V2I: Vehicle-to-Infrastructure)、車とネットワーク(V2N :Vehicle-to-Network )など車対何かを通信させる技術の一つで、私は、その特性評価業務に関わることが出来ました。

また、このプロジェクトでは、その他参画企業と共に実施していたのですが、テストコースで実験する際、私が走行しながらリアルタイムにて遠隔地でも通信状態を可視化できるツールを提案・開発し、それらの企業からも高い評価を得ることが出来たので非常に良い経験でした。


  車・通信・ITS業界の主要会社が日本初のセルラーV2X共同実証実験に成功 コンチネンタル・ジャパン 企業サイト


Q.  お二人は、将来的にコンチネンタル・ジャパンでどのようなキャリアを築いていきたいですか?

Jine S.: 私は、明確にこうなりたいといういう方向性はまだ決めていないのですが、将来的には、レーダーやセンサー製品に関わりながらソフトウェアの知識や経験をブラッシュアップしていき、クルマ社会の安心・安全へ貢献できるエンジニアになりたいと思っています。 

Takashi H.: 私は、大学時代から自動車のソフトウェアに関わってきましたので、今後も現在担当しているテレマティクス製品のソフトウェア開発やテストを経験して、国内にてこの領域においてのスペシャリストになりたいと思っています。また、ゆくゆくはその製品をリードしているシンガポールのエンジニアチームと共に、先行開発を行っていくグローバルなソフトウェアエンジニアになることを目指しています。


Q. お二人より、学生の方へメッセージをお願いします。

Takashi H.: 私がコンチネンタル・ジャパンへ入社して特に良いと感じることは、多様性を尊重しチームワークを重視していることです。私は、仕事上で互いに協力していきながら良い結果を出していく組織であり「多様性を尊重」する社風は、長い社会人生活の中で重要な要素だと考えています。皆さんの中で、もし私のような考え方を持っている人がいらっしゃれば、コンチネンタル・ジャパンは良い企業だと思います。

Jine S.: 就職活動時には、興味がある企業がどういった事業をやっているかや、そのイメージを重視するのも良いかと思いますが、私は女性にとって働きやすい職場環境という項目を加味するのも良いかと思います。コンチネンタル・ジャパンは、私が企業研究をしていた時に見てきた企業と比較して、多くの女性エンジニアが活躍しておりグローバルレベルで多様性を重視しています。そういった社風に関心をお持ちの方は、一度、インターンシップや企業説明会を通して、そういった職場環境を体感して欲しいを思います。 

(2020年11月中旬現在)




最新会社説明会情報

コロナウイルス感染症への対策として、会社説明会をWeb上にて実施いたします。

弊社指定のWeb会議システムをご利用いただきますが、会社説明会へご予約

頂いた方へ説明会前日にシステム上より招待メールをお送りします。

企業説明やエンジニアとの座談会を通じて、自動車業界やグローバルに活躍するコンチネンタルのエンジニアについて詳しく知る機会となっております!

自動車業界に興味のある方、世界的な自動車部品サプライヤーやグローバルな環境で働くエンジニアに興味のある方は、是非コンチネンタル会社説明会へご参加下さい!!

コンチネンタル 会社説明会 ※理系学生向

 

■会社説明

 自動車業界の基本情報を押さえつつ、コンチネンタルの業界での位置づけや

 特徴、他社にはない魅力などについてお話しします。 

 また、幅広い事業領域やグローバルな環境で活躍するエンジニアの働き方など

 についても詳しくご説明します。

 

■新人育成プログラム”J.DRIVEプログラム”紹介

 コンチネンタル・ジャパン独自の新人育成プログラムについてご紹介します。

 他社にはない、当社オリジナルのトレーニングプログラムです!

 

■エンジニアとの座談会

 若手を中心とした、コンチネンタル エンジニアとの座談会です。

 どのようなトレーニングを受け、どのような業務を担当しているのか、

 また、仕事環境はどういったものなのかなど、ざっくばらんにお話し頂けます。

関連記事

【コンチネンタル・ジャパン 新卒採用情報】 10月1日 フルリモート内定式開催

2021-10-15 18:23

コンチネンタル・ジャパンは、10月1日に2022年4月入社の新卒新入社員向けに内定式を開催しました。  今までは対面で開催されてきた式典ですが、今年は、コロナウィルス感染対策として初のフルリモート体制で行いました。

【自動運転 - 最先端技術 Vol.2】 自動運転車両公道走行テストの全体像

2021-09-09 13:48

コンチネンタル・ジャパンは、内閣府が推進する「戦略的イノベーション創造プログラム (SIP) 自動運転(システムとサービスの拡張)」の東京臨海部実証実験に参加し、乗用車タイプと近未来の完全無人運転車両を想定したバスタイプの試験車両の計2台の車両を使って臨海副都心地域の一般道で自動運転技術や、将来的な検討課題の検証を行いました。プロジェクトメンバーは経験豊富なシニアエンジニアのみならず、若手エンジニアも参加しており、コンチネンタルの多くのエンジニアたちの世界レベルでのチームワークがプロジェクトの成功をもたらしました。

【コンチネンタル・ジャパン】テクノロジー×ダイバーシティ インタビュー 外国人事業部トップ×女性エンジニア対談

2021-08-30 17:11

コンチネンタル・ジャパンではジェンダーギャップの撤廃やダイバーシティのある社内環境の構築に取り組んでいます。油圧制御ブレーキシステム(Hydraulic Brake Systems, 以下HBS)を扱うHBS事業部では、多くの女性エンジニアが活躍しており、チーム内でのダイバーシティ、そしてジェンダーやナショナリティーなどが多様なコンチネンタルの社風について語ってもらいました。

【2023年度新卒向け】 夏季インターンシップ(未然防止設計)開催 社員インタビュー

2021-08-27 18:17

コンチネンタル・ジャパンでは2023年新卒対象者向けに2021年8月および9月に夏季インターンシップを実施いたします。今回は過去のインターンシップ参加者と営業担当の社員に、参加時の印象や、実際の業務における品質の重要性などについてインタビューしました。

【自動運転 - 最先端技術】 東京での自動運転車両公道走行テスト成功の軌跡

2021-07-02 12:22

コンチネンタルでは、グローバル市場にて次世代モビリティ実現のために様々なバックグランドを持つエンジニアが活躍しています。次世代モビリティ技術が実際の車両に搭載され、多くのドライバーが正しくそれらの技術を活用できるようにするためには、多くのプロセスを必要としますが、自動運転技術といった新たなコンセプトにおいては、車両の外にいる他の交通参加者への影響なども考慮しながら各国の道路環境状況に適したシステムを開発することが求められます。国内では、自治体の自動運転実証実験プロジェクトへの参加機会などを活用しながら試験車両による公道走行テストを行っています。今回は、J.DRIVEプログラムを経て自動運転技術開発に携わっているエンジニアを含め、自動運転技術開発チームにて活躍するエンジニア4名に最近まで行っていた公道走行テストに関するストーリ―を取材してきましたので、将来的に自動運転技術に関わっていきたい学生の皆さんだけではなく、その最先端技術に関心をお持ちの方にはぜひお読みいただきたいコンテンツです!