catch-img

【先進技術&エンジニア紹介 コンチネンタル・ジャパン】 チーフエンジニアインタビュー

コンチネンタルはブレーキシステム、車載センサー、車載エレクトロニクス、HMIなど多くの革新的な技術や製品をモビリティ社会へ送り出し、自動車技術の発展に貢献してきました。シャシー系やインテリア系など幅広い範囲で、歴史の長い従来技術から先進的なものまで、これまでにも多くのものをカーメーカーへ提供してきました。そのような幅広い事業領域において様々なバックグラウンドをもつエンジニアが活躍しており、コンチネンタル・ジャパンでは新卒採用だけではなく、中途採用も積極的に行ってきました。他社での経験を活かしながら更なる成長を目指し、コンチネンタル・ジャパンで活躍しているエンジニアがチームを構成してパフォーマンスを発揮しています。

今回は、ヘッドアップディスプレイ技術とそれに携わるエンジニア Yuanrun.Tにフォーカスして、その組織が扱っている技術とエンジニア自身の経歴などについてインタビューをしましたので、皆さんにご紹介します。

Yuanrun.T/ ヒューマンマシン・インターフェース事業部(Business Unit HMI)

中国の大学を卒業後、現地にてエンジニア業務を経験し、その後日本の大学院へ進学。大学院修了後は日本企業へ就職し、車載製品関係の仕事に携わり数年間の実務経験を積む。その後、2016年にコンチネンタル・ジャパンへ転職し、計器・ドライバーHMI(現 ヒューマンマシン・インターフェース)事業部にて勤務を開始。現在は、同事業部にてチーフエンジニアとして日々新技術に携わりながら、数名の部下の管理も担当。

先進技術について

Q. 現在、国内で展開を検討・予定している最先端技術があると伺っていますが、どういった技術なのでしょうか? 

先進技術と言えるものは2年前に発表したWaveguideヘッドアップディスプレー(HUD)です。ドライバーの視線の先でホログラムのような虚像を映し出し、ドライバーが直感的に関連情報を視線の先で直接確認できるようになります。虚像のサイズを大きくするのがいまのトレンドですが、容積を大きくすることが難しいのです。Waveguide HUDはミラーを使っていないため容積が小さい。従来のHUDよりも容積を3分の1まで小さくしながら、虚像のサイズを大きくすることができるのが、この技術のすごさです。そして、この技術はコンチネンタルにしかできないことなのです。

※Waveguide HUDについては下記リンクをご参照ください。

  Cutting-Edge technology Powers Continental’s Augmented Reality Head-up Display Home | Continental


Q. その技術製品はどのように社会貢献していきますか? もしくは、ご自身の観点より将来的にどのように社会貢献していってほしいと願いますか?

Waveguide HUDが導入されたときのインパクトとして、拡張現実ヘッドアップディスプレイ(AR HUD)を実現できるようになります。今あるHUD技術でもある程度のものはできるのですが、容積サイズや、熱の問題もあります。Waveguide HUDが採用されることによって、そういった問題の解決が期待されています。AR HUDを高級車のみならず、一般車にも搭載させることによって、安全かつ快適に運転できる体験をより多くのユーザーに提供することが可能になります。


Q. このプロジェクトの面白い部分、難しい部分を教えてください。

もともとはアメリカのとある企業が持つ技術でしたが、コンチネンタルはその企業と提携しました。車載向けには独占契約としています。この技術は非常に難しく、車載分野への応用は初めての事例になります。すでに民生製品の量産に実績があるにも関わらず、解決すべき技術課題が多くて、実用化にはまだ時間が掛かると思われます。実用化へ向けて、開発やテストなどを繰り返しているところです。


ご自身のキャリアについて

Q.    コンチネンタルへの入社のきっかけや決め手について教えてください。  

コンチネンタル・ジャパンは転職活動を通じて知りました。先進技術開発に携わりたいという気持ちが強く、そのチャンスがあればと考えながら企業を探していました。当時、コンチネンタル・ジャパンはカスタマープロジェクトリーダーのポジションを募集しており、最先端技術に触れることができる業務内容に興味をもっていたため、転職することを決めました。


Q.    入社して良かったと感じたことは何でしたか?

管理職として入社し、しばらくは自分のノウハウや能力を試すことができる業務であったため、非常に良い経験ができたと思います。また、コンチネンタルでは先進技術開発に積極的であり、常に新しい製品や技術が生み出されていて、それらに触れながらグローバルに仕事ができていることには満足していますね。

Q. 現在の仕事内容とその魅力について教えてください。

現在のポジションはチーフエンジニアです。

常に新しい技術を見る仕事でもあります。その新しい技術をお客さんへ紹介・提案し、取り入れていただくことが私のミッションです。一方で、昨年から部下を5人管理するようになりました。自分の仕事の管理だけではなく、人の管理まで担当するようになって仕事の幅が広がり、やりがいを感じています。年齢層も幅広く、苦労することもありますが、それも自分のキャリアの幅を広げるという意味ではとても良い経験となっています。

日常的に新しい技術に触れられる環境があり、エンジニアや組織の人間としてキャリアップしていくことができるという点が魅力だと感じます。


Q. ご自身の業務の中で達成感を感じるのはどんな時ですか?また、大変なのはどのようなときですか?

新しい技術をお客様へ紹介したとき、関心を持ってもらえると達成感を感じます。新しい情報をキャッチして、相手に分かりやすいように噛み砕いていく。ここが自分たちの力が問われるところなのです。

以前、あるカーメーカーのマネージャーがコンチネンタルのドイツ拠点で現地社員に直接話を聞いたことがあります。その際何が起こったかというと、ドイツ現地の社員が専門性の深い話をそのまま伝えてしまったため、そのマネージャーが興味をなくしてしまいました。コンチネンタルが何をやっているのか分からないという印象を与えてしまったのです。

このようなエピソードからも、自分たちの身近なものに例えるなど、いかに分かりやすく説明するということが、どれほど重要かとてもよく分かります。


Q.  ご自身の将来について、今後の描かれているキャリアパスを教えてください。 

いくつかのキャリアパスを検討しています。たとえば、セグメントチーフエンジニアも視野に入れていますが、量産に戻り、あるカーメーカーのPJで経験を積んで次のステップへいくことも考えています。また、中国へ向けたビジネスがあれば関わっていきたいという気持ちも持っています。

コンチネンタルでは、国内外問わず、社内異動であればグローバルネットワークを通じて海外拠点への異動のチャンスを検討することもできます。そういった選択肢を持てるという点がコンチネンタルの良いところですね。


学生へのメッセージ

Q. 次世代エンジニアの方々へメッセージをお願いします。

コンチネンタル・ジャパンには仕事の進め方や働き方、キャリアパスの選択などにおいて自由な文化があります。また、グローバルネットワークを重視している環境はとても良いと思いますし、自主的に何かを成し遂げていけるようになる環境もあると感じます。成果物をしっかり出していくという根本もあり、私自身もそれはあってしかるべきだと考えています。このような環境を面白いと思える方にコンチネンタルへ入社して頂きたいですね。

2020年8月現在

最新会社説明会情報

コロナウイルス感染症への対策として、会社説明会をWeb上にて実施いたします。

弊社指定のWeb会議システムをご利用いただきますが、会社説明会へご予約

頂いた方へ説明会前日にシステム上より招待メールをお送りします。

企業説明やエンジニアとの座談会を通じて、自動車業界やグローバルに活躍するコンチネンタルのエンジニアについて詳しく知る機会となっております!

自動車業界に興味のある方、世界的な自動車部品サプライヤーやグローバルな環境で働くエンジニアに興味のある方は、是非コンチネンタル会社説明会へご参加下さい!!

コンチネンタル 会社説明会 ※理系学生向

 

■会社説明

 自動車業界の基本情報を押さえつつ、コンチネンタルの業界での位置づけや

 特徴、他社にはない魅力などについてお話しします。 

 また、幅広い事業領域やグローバルな環境で活躍するエンジニアの働き方など

 についても詳しくご説明します。

 

■新人育成プログラム”J.DRIVEプログラム”紹介

 コンチネンタル・ジャパン独自の新人育成プログラムについてご紹介します。

 他社にはない、当社オリジナルのトレーニングプログラムです!

 

■エンジニアとの座談会

 若手を中心とした、コンチネンタル エンジニアとの座談会です。

 どのようなトレーニングを受け、どのような業務を担当しているのか、

 また、仕事環境はどういったものなのかなど、ざっくばらんにお話し頂けます。

関連記事

【自動運転 - 最先端技術】 東京での自動運転車両公道走行テスト成功の軌跡

2021-07-02 12:22

コンチネンタルでは、グローバル市場にて次世代モビリティ実現のために様々なバックグランドを持つエンジニアが活躍しています。次世代モビリティ技術が実際の車両に搭載され、多くのドライバーが正しくそれらの技術を活用できるようにするためには、多くのプロセスを必要としますが、自動運転技術といった新たなコンセプトにおいては、車両の外にいる他の交通参加者への影響なども考慮しながら各国の道路環境状況に適したシステムを開発することが求められます。国内では、自治体の自動運転実証実験プロジェクトへの参加機会などを活用しながら試験車両による公道走行テストを行っています。今回は、J.DRIVEプログラムを経て自動運転技術開発に携わっているエンジニアを含め、自動運転技術開発チームにて活躍するエンジニア4名に最近まで行っていた公道走行テストに関するストーリ―を取材してきましたので、将来的に自動運転技術に関わっていきたい学生の皆さんだけではなく、その最先端技術に関心をお持ちの方にはぜひお読みいただきたいコンテンツです!

【J.DRIVE プログラム】 J.DRIVE 19メンバー 次世代エンジニアインタビュー 

2021-06-02 09:42

コンチネンタル・ジャパンでは、2015年度から新卒育成プログラムであるJ.DRIVEプログラムを導入し次世代エンジニアの育成を進めております。J.DRIVEプログラムには仮配属という仕組みがあり、本配属前に複数の事業部で業務を経験することができます。仮配属先については候補となる事業部の中から、J.DRIVEメンバー自身が仮配属先の希望を出すことができ、本人の適性などを考慮して決定されます。 今回は、2019年に入社し、2021年4月より本配属先にて業務をスタートしているJ.DRIVE 19メンバー2名に入社理由、仮配属先を選んだ理由、本配属先での業務内容などについてインタビューしました。是非ご覧ください。

【J.DRIVE プログラム】 J.DRIVE 16メンバーの海外勤務体験ストーリー

2021-05-31 20:11

コンチネンタル・ジャパンでは、社員のグローバルキャリアを積極的にサポートしており、年齢や社歴に関係なく、業務の必要性に応じて海外勤務する機会があります。今回は、2016年度新卒新入社員であるJ.DRIVE 16メンバーが、2年間の研修期間後の本配属先でドイツ赴任を経験し、現地で感じた国内との働き方の違い、学び、発見などをヒアリングしました。コンチネンタル・ジャパンでのお仕事にご関心をお持ちの学生の皆さんだけではなく、グローバルな職場環境でのキャリア成長を望まれる方にとっても必見のコンテンツです。

【J.DRIVE 2022 採用情報】J.DRIVEメンバーが語る コンチネンタル・ジャパン新卒採用面接体験談

2021-05-27 18:16

コンチネンタル・ジャパンは、2015年入社よりJ.DRIVEプログラムを立ち上げ、次世代エンジニアとなる人材を育ててきました。今回の記事では、過去にコンチネンタルの新卒採用選考を通過して入社したJ.DRIVEメンバー3名に、当時の面接選考について対談しながら語った内容についてまとめました。今後、選考へ進まれる学生にとっても有意義な内容となっていますので是非ご覧ください。

【J.DRIVEプログラム】 J.DRIVE 16メンバー 対談形式インタビュー

2021-04-27 15:06

コンチネンタル・ジャパンでは、2015年度から理系学生を新卒新入社員として迎え入れ、次世代エンジニア育成トレーニングJ.DRIVEプログラムを通じて若手エンジニアの育成に注力しています。今回は、5年前にJ.DRIVE 2期生として入社し、本配属を経て実際の業務をスタートしているJ.DRIVE 16メンバー2名に入社理由、J.DRIVEプログラムでの体験談、現在の業務内容などについてインタビューしました。コンチネンタル・ジャパンの仕事、J.DRIVEプログラム、グローバルな職場環境でのキャリア形成に興味がある方にとっては読み応えがある内容となっています。