catch-img

【J.DRIVE プログラム】 J.DRIVE 19メンバー 次世代エンジニアインタビュー 

コンチネンタル・ジャパンでは、2015年度から新卒育成プログラムであるJ.DRIVEプログラムを導入し次世代エンジニアの育成を進めております。J.DRIVEプログラムには仮配属という仕組みがあり、本配属前に複数の事業部で業務を経験することができます。仮配属先については候補となる事業部の中から、J.DRIVEメンバー自身が仮配属先の希望を出すことができ、本人の適性などを考慮して決定されます。

今回は、2019年に入社し、2021年4月より本配属先にて業務をスタートしているJ.DRIVE 19メンバー2名に入社理由、仮配属先を選んだ理由、本配属先での業務内容などについてインタビューしました。是非ご覧ください。

(2021年5月現在)




Toshitaka K. / J.DRIVE 2019メンバー(写真右)

東京農工大学大学院、工学府電気電子工学専攻修了後、2019年にコンチネンタル・ジャパンへ入社。現在は、先進運転支援システム事業部(ADAS)部にて、ソフトウェアエンジニアとして主に車載レーダーのアルゴリズムを担当


Akira T. / J.DRIVE 2019メンバー(写真左)

横浜国立大学大学院、工学府システム統合工学専攻修了後、2019年にコンチネンタル・ジャパンへ入社。現在は、油圧制御ブレーキシステム(HBS)事業部にて、設計エンジニアとして主にブレーキ関係の設計や解析業務を担当


コンチネンタル・ジャパンへの入社理由

Toshitaka K.: もともと自動運転技術に興味があり、その仕組みについて学び、それに関連する技術開発に携わりたいと考えていました。コンチネンタル・ジャパンでは自動運転技術にも強みを持っており、私もその発展に貢献していきたいと考えたのが一番ですね。


Akira T.: 自動車の中でも技術に深く携わりたいと考えていました。自動車部品サプライヤーであれば技術に深く携わることができると思い、またコンチネンタルでは最先端の技術に触れることができると考えました。


仮配属先を希望した背景

Toshitaka K.: 複数の事業部の中でもADAS事業部に興味を持ちました。自動運転にも必要なセンシングテクノロジーに携わりたいというのが主な理由です。その中で、ハードウェアとソフトウェアの両側面について学びたいと考えました。どちらか一方だけではなく、双方の視点を持つエンジニアとして成長したいと思ったのが理由ですね。


Akira T.: コンチネンタル・ジャパンにはグローバルな環境があります。私はエンジニアとしてグローバルに活躍できる人材になりたいと考えていましたので、よりグローバルな経験ができる環境を希望しました。


本配属先での技術領域と職責

Toshitaka K.: 仮配属先での業務に面白味を感じたため、そのまま本配属の希望を出しました。希望通りの事業部に配属となり、今はソフトウェアエンジニアとして車載レーダーのアルゴリズムの設計や構築を担当しています。


Akira T.: 油圧制御ブレーキシステム事業部にて設計エンジニアを担当しており、ブレーキ関係の設計と解析が主な業務です。

J.DRIVEプログラムの仮配属という仕組みは、いくつかの事業部やプロジェクトを経験できるところが魅力ですね。その中で自分の適性ややりたいことを見つけているのでは非常に良いと思います。


関連記事

【自動運転 - 最先端技術 Vol.2】 自動運転車両公道走行テストの全体像

2021-09-09 13:48

コンチネンタル・ジャパンは、内閣府が推進する「戦略的イノベーション創造プログラム (SIP) 自動運転(システムとサービスの拡張)」の東京臨海部実証実験に参加し、乗用車タイプと近未来の完全無人運転車両を想定したバスタイプの試験車両の計2台の車両を使って臨海副都心地域の一般道で自動運転技術や、将来的な検討課題の検証を行いました。プロジェクトメンバーは経験豊富なシニアエンジニアのみならず、若手エンジニアも参加しており、コンチネンタルの多くのエンジニアたちの世界レベルでのチームワークがプロジェクトの成功をもたらしました。

【コンチネンタル・ジャパン】テクノロジー×ダイバーシティ インタビュー 外国人事業部トップ×女性エンジニア対談

2021-08-30 17:11

コンチネンタル・ジャパンではジェンダーギャップの撤廃やダイバーシティのある社内環境の構築に取り組んでいます。油圧制御ブレーキシステム(Hydraulic Brake Systems, 以下HBS)を扱うHBS事業部では、多くの女性エンジニアが活躍しており、チーム内でのダイバーシティ、そしてジェンダーやナショナリティーなどが多様なコンチネンタルの社風について語ってもらいました。

【2023年度新卒向け】 夏季インターンシップ(未然防止設計)開催 社員インタビュー

2021-08-27 18:17

コンチネンタル・ジャパンでは2023年新卒対象者向けに2021年8月および9月に夏季インターンシップを実施いたします。今回は過去のインターンシップ参加者と営業担当の社員に、参加時の印象や、実際の業務における品質の重要性などについてインタビューしました。

【自動運転 - 最先端技術】 東京での自動運転車両公道走行テスト成功の軌跡

2021-07-02 12:22

コンチネンタルでは、グローバル市場にて次世代モビリティ実現のために様々なバックグランドを持つエンジニアが活躍しています。次世代モビリティ技術が実際の車両に搭載され、多くのドライバーが正しくそれらの技術を活用できるようにするためには、多くのプロセスを必要としますが、自動運転技術といった新たなコンセプトにおいては、車両の外にいる他の交通参加者への影響なども考慮しながら各国の道路環境状況に適したシステムを開発することが求められます。国内では、自治体の自動運転実証実験プロジェクトへの参加機会などを活用しながら試験車両による公道走行テストを行っています。今回は、J.DRIVEプログラムを経て自動運転技術開発に携わっているエンジニアを含め、自動運転技術開発チームにて活躍するエンジニア4名に最近まで行っていた公道走行テストに関するストーリ―を取材してきましたので、将来的に自動運転技術に関わっていきたい学生の皆さんだけではなく、その最先端技術に関心をお持ちの方にはぜひお読みいただきたいコンテンツです!

【J.DRIVE プログラム】 J.DRIVE 19メンバー 次世代エンジニアインタビュー 

2021-06-02 09:42

コンチネンタル・ジャパンでは、2015年度から新卒育成プログラムであるJ.DRIVEプログラムを導入し次世代エンジニアの育成を進めております。J.DRIVEプログラムには仮配属という仕組みがあり、本配属前に複数の事業部で業務を経験することができます。仮配属先については候補となる事業部の中から、J.DRIVEメンバー自身が仮配属先の希望を出すことができ、本人の適性などを考慮して決定されます。 今回は、2019年に入社し、2021年4月より本配属先にて業務をスタートしているJ.DRIVE 19メンバー2名に入社理由、仮配属先を選んだ理由、本配属先での業務内容などについてインタビューしました。是非ご覧ください。