catch-img

【ダイバーシティな職場環境】 現地採用枠として活躍している若手外国人社員の働き方 

コンチネンタル・ジャパンは、国籍や年齢を問わず様々な人財が活躍しており、日本国外から駐在員として勤務する社員はもちろんのこと、国内現地採用枠として入社する外国人社員も在籍しています。今回は、コンチネンタル・ジャパンにてインターナショナルインターンシップとして勤務経験を積んだ後、国内で正社員採用され、現在は営業職として活躍している若手外国人社員、Pierre P.のストーリーをご紹介します。 

(2020年10月下旬現在)

Pierre P. / 営業担当、コネクテッド・カー・ネットワーキング事業部

2015年にフランスのストラスブール大学を卒業後、台湾でのMBAと勤務経験を経て、インターンシップ生としてコンチネンタル・ジャパンへ入社。営業サポートとして2年間経験を積んだのち、現地採用枠として正社員になり、現在はテレマティック製品の営業担当として勤務中。


Q. 学生時代からコンチネンタル・ジャパンへ入社するまでの経緯を教えてください。

私は学生の時、フランスのストラスブール大学の応用外国語を専攻していて、選択科目では元々アジア文化や歴史に関心をもっていた背景から、日本語を勉強していました。また、在学中は交換留学生として、大阪大学へ1年間留学をしました。 

卒業後も、引続きアジア地域のことには興味がありましたので、台湾の国立東華大学大学院の経営学修士(MBA)コースに進学し、修了後は現地のプロジェクター関連製品のメーカーへ営業マーケティング職で就職しました。その後、ビジネスを経験していく中で、より国際色豊かなグローバル企業のアジア地区にて仕事をしたいと考えるようになり、その時にフランス国で実施している制度の一つ、V.I.E.(Volunteer for International Experience)という国際企業インターンシッププログラムを知り応募しました。

無事選考を通過することができ、その後はコンチネンタルのフランス支社からのサポートもありコンチネンタルの日本拠点、コンチネンタル・ジャパンへ営業サポートとして勤務する機会を得ることが出来ました。

Q. インターンシップ後に、正社員としてコンチネンタル・ジャパンへ入社を決意した背景を教えてください。

私は、上記でお話ししたように、V.I.E.制度を通じてコンチネンタル・ジャパンにて勤務を開始したのですが、当時から関心を持っていた自動車向けの通信技術を製品化したテレマティックス製品を扱う事業部へ営業サポートとして配属となり、インターンシップ時代は非常に満足感を味わいながら仕事が出来ました。

参考リンク: 詳細はこちら 

また、職場環境も非常に国際的で、上司や同僚とは英語か日本語、海外とのやり取り時にはフランス語でコミュニケーションを取る機会が多く、国内にいながらグローバル企業で勤務していることを実感していました。 

国際的な企業文化や職場環境、アジア地域での勤務、そして自動車関連技術と通信技術に関係するビジネス、私はこれらのキーワードを持つ企業での就職を希望しており、コンチネンタル・ジャパンは私の希望を全て満たしている企業だったので、オファーをもらったときは直ぐに入社を決断しました。


Q. 現在の仕事内容とその魅力について教えてください。

正社員としてコンチネンタル・ジャパンへ入社してからも、同じ事業部の同じ製品の営業を担当しています。技術的な議論については、チームメンバーのプロジェクトマネジャーやエンジニアが主体的にやり取りしていますが、私はお客さまの購買部側と社内関係者の間でのグローバルビジネスに関する交渉ごとに入り、ビジネスを取りまとめることに携わっていますので、非常にやりがいを感じています。

また、私は業務上、日本やフランスだけではなく、アメリカ、中国、イギリス、イギリス、チェコ、メキシコ、そして担当製品のソフトウェアを開発しているシンガポール拠点とのやり取りもあり、状況に応じて言語を使い分け対応する柔軟性、そして国際的なコミュニケーション能力をブラッシュアップさせることが出来ています。職場環境についての好みはそれぞれあるかと思いますが、私にとって、日本にいながら私のような国際的なやり取りができるのは、コンチネンタル・ジャパンならではの魅力的なところだと思っています。 

Q. ご自身が描いている将来のキャリアパスについて教えてください。

私は、今の仕事を通じて引続き多くの経験や学びを得て、営業としてのキャリアを形成していきたいと思っています。インターンシップ時代からの経験を含めても、まだ数年しかコンチネンタルでのキャリアを積んでいませんので、仕事を通じて自分自身のスキルアップを図り、より多くのグローバルビジネスに関わっていけるようになりたいです。

Q. 学生含め社外の方々へのメッセージをお願いします。 

皆さんの中で、自動車業界でのキャリアを考えており、国際的な職場環境を望まれるのであれば、コンチネンタル・ジャパンは非常に良い企業だと思います。もちろん、仕事をしていく中で日々のチャレンジやストレスを感じることもあり、コンチネンタルのようなグローバル企業であれば、それらは他の企業よりも大きく感じるかもしれません。

しかし私は、そういった状況を乗り越えたときの達成感や満足感、そして何より経験は自身の将来のキャリアにつながると思っていますし、同じような考えを持っている方であれば、コンチネンタル・ジャパンで楽しく仕事をすることが出来ると思います。

(2020年10月下旬現在)

最新会社説明会情報

コロナウイルス感染症への対策として、会社説明会をWeb上にて実施いたします。

弊社指定のWeb会議システムをご利用いただきますが、会社説明会へご予約

頂いた方へ説明会前日にシステム上より招待メールをお送りします。

企業説明やエンジニアとの座談会を通じて、自動車業界やグローバルに活躍するコンチネンタルのエンジニアについて詳しく知る機会となっております!

自動車業界に興味のある方、世界的な自動車部品サプライヤーやグローバルな環境で働くエンジニアに興味のある方は、是非コンチネンタル会社説明会へご参加下さい!!

コンチネンタル 会社説明会 ※理系学生向

 

■会社説明

 自動車業界の基本情報を押さえつつ、コンチネンタルの業界での位置づけや

 特徴、他社にはない魅力などについてお話しします。 

 また、幅広い事業領域やグローバルな環境で活躍するエンジニアの働き方など

 についても詳しくご説明します。

 

■新人育成プログラム”J.DRIVEプログラム”紹介

 コンチネンタル・ジャパン独自の新人育成プログラムについてご紹介します。

 他社にはない、当社オリジナルのトレーニングプログラムです!

 

■エンジニアとの座談会

 若手を中心とした、コンチネンタル エンジニアとの座談会です。

 どのようなトレーニングを受け、どのような業務を担当しているのか、

 また、仕事環境はどういったものなのかなど、ざっくばらんにお話し頂けます。

関連記事

【コンチネンタル・ジャパン 新卒採用情報】 10月1日 フルリモート内定式開催

2021-10-15 18:23

コンチネンタル・ジャパンは、10月1日に2022年4月入社の新卒新入社員向けに内定式を開催しました。  今までは対面で開催されてきた式典ですが、今年は、コロナウィルス感染対策として初のフルリモート体制で行いました。

【自動運転 - 最先端技術 Vol.2】 自動運転車両公道走行テストの全体像

2021-09-09 13:48

コンチネンタル・ジャパンは、内閣府が推進する「戦略的イノベーション創造プログラム (SIP) 自動運転(システムとサービスの拡張)」の東京臨海部実証実験に参加し、乗用車タイプと近未来の完全無人運転車両を想定したバスタイプの試験車両の計2台の車両を使って臨海副都心地域の一般道で自動運転技術や、将来的な検討課題の検証を行いました。プロジェクトメンバーは経験豊富なシニアエンジニアのみならず、若手エンジニアも参加しており、コンチネンタルの多くのエンジニアたちの世界レベルでのチームワークがプロジェクトの成功をもたらしました。

【コンチネンタル・ジャパン】テクノロジー×ダイバーシティ インタビュー 外国人事業部トップ×女性エンジニア対談

2021-08-30 17:11

コンチネンタル・ジャパンではジェンダーギャップの撤廃やダイバーシティのある社内環境の構築に取り組んでいます。油圧制御ブレーキシステム(Hydraulic Brake Systems, 以下HBS)を扱うHBS事業部では、多くの女性エンジニアが活躍しており、チーム内でのダイバーシティ、そしてジェンダーやナショナリティーなどが多様なコンチネンタルの社風について語ってもらいました。

【2023年度新卒向け】 夏季インターンシップ(未然防止設計)開催 社員インタビュー

2021-08-27 18:17

コンチネンタル・ジャパンでは2023年新卒対象者向けに2021年8月および9月に夏季インターンシップを実施いたします。今回は過去のインターンシップ参加者と営業担当の社員に、参加時の印象や、実際の業務における品質の重要性などについてインタビューしました。

【自動運転 - 最先端技術】 東京での自動運転車両公道走行テスト成功の軌跡

2021-07-02 12:22

コンチネンタルでは、グローバル市場にて次世代モビリティ実現のために様々なバックグランドを持つエンジニアが活躍しています。次世代モビリティ技術が実際の車両に搭載され、多くのドライバーが正しくそれらの技術を活用できるようにするためには、多くのプロセスを必要としますが、自動運転技術といった新たなコンセプトにおいては、車両の外にいる他の交通参加者への影響なども考慮しながら各国の道路環境状況に適したシステムを開発することが求められます。国内では、自治体の自動運転実証実験プロジェクトへの参加機会などを活用しながら試験車両による公道走行テストを行っています。今回は、J.DRIVEプログラムを経て自動運転技術開発に携わっているエンジニアを含め、自動運転技術開発チームにて活躍するエンジニア4名に最近まで行っていた公道走行テストに関するストーリ―を取材してきましたので、将来的に自動運転技術に関わっていきたい学生の皆さんだけではなく、その最先端技術に関心をお持ちの方にはぜひお読みいただきたいコンテンツです!