catch-img

【現場で活躍する国家公務員】地域の人たちの生活の一部に。人とまちを結ぶ、道路をつくる。

まちをつくる、生活を豊かにする、道路事業の魅力

私の⼩さい頃、まだ地元には地下鉄が⾛っておりませんでした。ちょうど家の近くに地下鉄の駅ができることになり、⽗と⼀緒に地下のトンネル⼯事を⾒学に⾏ったことがあるんです。この仕事を選んだのは、その時の影響も少しはあったのかなと思います。そこに住む⼈の⽣活が豊かになるような、⼤きな公共⼯事に興味を持つきっかけになりました。⼟⽊⼯学を学ぶために⼤学へ進学し、コンクリート⼯学を専攻しました。そして⾏政に携わる仕事がしたくて国家公務員を目指しました。

1都8県の⾸都圏を管轄し、道路や河川などの⼤規模公共⼯事の最前線で活躍できることが、国⼟交通省関東地⽅整備局の魅⼒ですね。今、⾸都圏の交通ネットワークを⼤きく変える3環状道路(圏央道・外環道・中央環状線)の建設が着々と進んでいます。全国に影響を与えるような⼤きなプロジェクトに関わりながら、⼈々の役に⽴つ仕事ができる。その誇りや責任を強く感じています。


ダイナミックかつ繊細な、工事現場の最前線

今、3環状のひとつ「外環道(東京外かく環状道路)」の建設工事を担当しています。当出張所の担当区間は大泉JCTを起点にした関越道と東名高速を結ぶ約16km。この道路の完成は、渋滞緩和や環境改善、災害時の迂回経路など大きな役割を果たすこともあり、大きな関心が寄せられています。私の所属する「出張所」は、もっとも現場に近い組織なんです。そこで、工事監督として日々の進捗を間近で感じながら仕事をしています。現場で働くことは、土木を志す者にとって仕事の醍醐味ですね。また大泉という場所は住宅が密集し、工事現場のすぐそばに近接していることから、地元の方々への対応も重要な業務です。

保育園や小・中学校へ工事内容の説明に伺ったり、住民の方々と直接お話しすることで、理解をいただきながら工事を進めていきます。私自身、現場にいながら地元の方とコミュニケーションを取り、気軽に声をかけ合える関係を築いていけることがとても嬉しいんです。工事は、建設工事関係者だけでなく、地元住民の方々と一緒になって進めていくことが大切です。大変なことも多いですが、やりがいを感じる部分でもあります。


道路が開通する感動

入省直後に配属された千葉国道事務所では、圏央道(東金JCT~木更津東IC間)の工事設計を担当していました。異動になるタイミングではまだ建設途中だったのですが、2013年ついに開通したんです。その時はもう、嬉しくてすぐに見に行きましたよ。社会人になって初めて携わった仕事で、実際にものができる瞬間は本当に感動しましたね。実際に友人を車に乗せて、何度も走っています。その他にも、入省からこれまで様々な経験をさせてもらいました。全国で一斉に交通量を図る道路交通センサスを担当する部署を経験し、企画部では関東地方整備局の採用活動にも関わりました。

そして本省で技術開発に係る予算要求に関連する仕事を経て、現在に至ります。どの部署のどんな仕事にも気づきがあり、勉強になります。一番嬉しいのは、多くの人と出会えることです。以前一緒に働いていた人が、しばらくして配属された部署で隣の席になったり、他部署や関係機関にかけた電話の先に知り合いが出たり。人のつながりで、仕事の幅が広がっていくのを感じます。


国家公務員という道の可能性

個人的には、やはり道路をつくる現場の仕事に一番のやりがいを感じます。これからも、ずっと道路の現場に関わる仕事ができたらいいですね。道路は、まちとまち、人と人をつなぐ地域に密着したインフラです。地元に住む方々が必ず利用してくれますし、「便利になったね」という声を直接聞くことができる。人々の生活の一部としてお役に立てる仕事は、他にはなかなかありません。これから、今作っている大きな道路をどうやって管理していくかに注力するフェーズに差し掛かります。

来たるその時に向けて、もっと現場経験を積んで管理の視点も養っていきたいと思っています。

私は土木関係という視点で就職活動を行いましたが、国家公務員という広い視野で見ると、その業務範囲は本当に幅広く多岐に渡っています。漠然とでもいいんです。「何か大きな仕事がしたい」「多方面に影響を与えたい」と考えている人には、一度国家公務員の道に目を向けていただけたらいいなと思います。ここでしかできない仕事がたくさんありますよ。


PROFILE

国土交通省 関東地方整備局 東京外かく環状国道事務所 大泉出張所 / 2007年入省

中 川 裕 登

雪国北海道で生まれ育ち、大学進学にともなって地元を離れる際も、雪が恋しくて東北の岩手県へ。専攻していた土木関係の知識や興味をさらに深め、人の役に立つ仕事がしたいと国家公務員を志望する。首都圏という大きなフィールドで、多方面に大きな影響を与える事業のダイナミックさに惹かれ、国土交通省に入省。現在も工事現場の最前線で、地域の人との触れ合いを大切にしながら、大規模公共インフラの完成に向けて業務を行っている。

内閣人事局Career Guide

内閣人事局Career Guide

「国家公務員」と聞いて、どのようなことを思い浮かべますか。 国家公務員の仕事は、医療や教育など暮らしに身近な分野から、国の財政運営・産業振興、外交・防衛まで、世の中のありとあらゆることと関わっています。 国家公務員の活躍のフィールドは幅広く、様々な専門性を生かせる場があります。子育てと両立しながら活躍するリケジョも多くいます。 「いま」を守り、「未来」をつくる。 自分、ではなく、みんなのために。 それが、国家公務員という生き方です。

関連記事

【11月2日(火)開催】内閣人事局主催 国家公務員WEBガイダンス~明日の日本をつくろう!国家公務員のお仕事~

2021-10-19 11:47

2021年度第5回目のガイダンスでは、「国家公務員」をより身近な存在に感じていただくため、視聴者のみなさんが抱いている率直な疑問に、政府の総合的人材戦略を担う内閣官房内閣人事局に所属する職員4名がズバッと答えます!  登場する4名の職員それぞれがどのように社会課題と向き合っているか、職員の仕事に対する想いややりがいなどを聞き比べることができ、また、職員同士の掛けあいを通じて、普段の職場での雰囲気も感じることができるイベントとなっています。  学生、社会人問わず、皆さんの参加をお待ちしております!

【防衛省・防衛装備庁】安全保障に関わる女性技官

2021-10-14 19:28

防衛省・防衛装備庁って何をしているところ?  防衛省は、我が国の平和と独立、安全を守り抜く最後の砦。世界各国との安全保障協力、国際平和協力活動、大災害への対応、陸・海・空だけではなく、宇宙・サイバー・電磁波といった新たな領域においても求められる安全保障の取り組みなど、日々新たな課題に対応しています!

男性国家公務員の育児に伴う休暇・休業の取得状況

2021-09-08 16:08

子育てしやすい環境づくりは重要な課題です。 男性の育児・家事への参画促進は、男性自身の仕事と生活の両立のみならず、女性の活躍促進、ひいては、少子化対策の観点からも極めて重要です。 令和2年度から、子どもが生まれた全ての男性職員が1か月以上を目途に育児に伴う休暇・休業を取得できることを目指し、政府一丸となって、取組を進めています。 今回は、男性国家公務員の育児に伴う休暇・休業の取得状況をお知らせします。

【外務省】日本そして世界の 平和と安全と繁栄のため 守るべきものは情報

2021-08-16 09:44

私たちが今、当たり前のように恩恵を受けている平和や安全や豊かさは、世界の国々・地域との安定した関係なしには成り立ちません。外務省は、日本と、そして世界の平和と安全と繁栄を実現するために、世界に展開する在外公館を通じて、様々な外交活動に日夜取り組んでいます。

育休体験記〜最近流行ってるから育休取ってみた。

2021-07-15 11:54

本稿は、男性国家公務員の育休取得推進の旗を振る内閣⼈事局に所属する参事官補佐が2020年7⽉の第⼀⼦誕⽣に当たり実際に育休を取得した際の経験や感じたことを⼿拙くまとめたものです。 これから出産・育児を経験することになるであろう未来のパパ・ママたちに、⼀先輩職員の体験談として気楽に読んでもらえればとの思いで筆をとりました。 育休取得期間は計1か⽉程度であり、世に出回る“新⽶パパの育休奮闘記”のような⽴派なものではないので悪しからず。 ※組織・制度に関する⾒解含め全て個⼈の意⾒です。

【紹介】こちら国家公務員!

2021-07-07 17:27

様々な分野で働く国家公務員の紹介コンテンツを公開しました。 これまでとは少し違う角度から国家公務員の世界をのぞいてみませんか?

Twitter

RIKEJO CAFE学生会員募集

RIEKJO CAFEは学生参加型の理系女子大学生・院生のコミュニティです。

コミュニティには2種類の学生会員がございます。現在約500名の会員コミュニティに成長しました。

RIKEJO CAFEでは新規の学生会員さんを随時募集いたしております。ご参加お待ちいたしております!
詳しくは ↓↓

RIKEJO CAFE 新着記事