【現場で活躍する国家公務員】豊かな自然美を誇る国立公園。五感で感じ、守り、伝えていく。

この国の風景美を守り続けていくために

四季折々に豊かな表情をみせる森林や渓⾕。苔むした⼭岳地帯。希少な動植物が⽣息・⽣育する湿地。⾊とりどりの⿂で賑わうサンゴ礁。⽇本には世界に誇る⾃然風景がたくさんあります。国⽴公園として定められたそれらの地域を、守り伝えていくのが私たちレンジャーの使命です。みなさんは、⼭の中で茶⾊いコンビニを⾒かけたことはありませんか?あれは、⾃然の風景を損ねないよう建物の⾊や⾼さに規制をかけているんです。公園内の開発が適正に⾏われるよう、その許認可を出すのが私たちの仕事のひとつ。

また、登⼭道の設置やビジターセンターの運営といった施設の整備・管理、清掃活動、巡視など、多くの⼈に⾃然のすばらしさを伝え、楽しんでもらえるよう施策を進めています。現在、私が担当しているのは、秩⽗多摩甲斐国⽴公園です。1都3県にまたがり、全国に32ある国⽴公園の中でもその⼤きさはトップクラス。壮⼤な⾃然の中に⾝をおき、その息づかいを五感で感じながら、仕事に取り組める。この環境は、特別だと思いますね。


自然を想い、多くの人と向き合う仕事

この仕事で重要なのは、⼈と⾃然が共⽣する形をつくり続けていくことだと思います。⽇本は狭い国⼟に多くの⼈が暮らす国。国⽴公園内にも多くの⼈が住んでいます。地域住⺠の理解が得られなければ、公園の管理は成り⽴ちません。たとえば⾏為規制についても、葉っぱ⼀つとるのにも許可が必要な場所と、⼈の⽣活に⽀障がでないよう、規制が緩やかな場所をわけるなど、エリアごとに強弱をつけるなどの⼯夫が必要です。⼈々の⽣活と⾃然の両⽅を守っていく⽅法を模索していきます。

それは決して簡単なことではなく、時には調整が難航することもあります。そこにこの仕事の難しさを感じるとともに、私たちの仕事の重要性も感じます。カモシカ、ツキノワグマ、ニホンザルにニホンジカ。⽇本を代表する素晴らしい風景や、とても美しい花をさかせる植物。そうした豊かな⾃然を目の当たりにしながら、⼈間の⽣活に向き合っていく。⼤変なこともありますが、やりがいの⼤きさも⼗分実感しています。


自然を想う心を、育みたい

今、ニホンジカの対策に取り組んでいます。実は増え過ぎたシカが、樹⽪を剥いで⽊々を枯らしてしまったり、希少な植物を⾷べてしまうことなどにより、森林⽣態系を衰退させるという事態を引き起こしているんです。解決のために、どういう対策をとっていくべきか、⾃治体、関係省庁、専門家、地域の⽅など、実に多くの関係者が情報交換しながら協⼒体制をとっています。私たちも、地域ボランティアの⽅と⼀緒に樹⽊に保護ネットをまいたり、希少植物を囲う柵を設置したりしています。また、植⽣調査を続けながらその効果を検証しています。

この⾃然美はいろんな⼈の理解と協⼒の積み重ねの上に成り⽴っています。だからこそ、ぜひもっと多くの⼈に知ってもらいたいと思いますね。ときどき開催する「⾃然ふれあい活動」では、例えばこどもたちと動物の⾜跡や糞を探したり、果実をかじったあとからどんな動物がいるか考えたり、⾃然を楽しんでもらえるよう⼯夫しています。まず⾃然の良さを知ってもらい、親しみを持ってもらう。そこから⾃然を⼤事に想う気持ちを育ててもらえたら嬉しいです。


山が好き。シンプルな想いは変わりません

昔から⼭登りが好きで、⾼校⽣のときは⼭岳部、⼤学でもワンダーフォーゲルクラブでした。でも活動を続ける中で、トイレが汚かったり、登⼭道が複線になっていたり、植物が踏み荒らされている現場にも遭遇して。こうした問題を解決したいと思い、環境省の仕事に興味を持ちました。⼤好きな⼭に関わりたいという想いも強かったので、全国の美しい⾃然を舞台に仕事ができるというのも、⼤きな魅⼒でしたね。今、レンジャーになって8年目ですが、やはりこの仕事が好きです。

たとえば、⾃然ふれあい活動に参加した⽅が、「こんなきれいな場所があったんだ」と喜んでくださる。⾃分が許認可に携わった建物が、⾃然になじむ形で設置されているのを確認できる。こうして⾃分の仕事の成果を直接実感できるのは何よりのやりがいです。

仕事で⼭⼩屋に泊まることもあります。周りから「⼤変だね」といわれますが、私にとっては最⾼の仕事。地域の⾃然とそこに関わる⼈たちからたくさんのことを学びながら、今後も成⻑していきたいと思っています。


PROFILE

環境省 関東地方環境事務所 奥多摩自然保護官事務所 / 2008年入省

仲 山 真 希 子

⼭梨で⽣まれ、⾃然を⾝近に感じながら幼少期を過ごす。⾼校⽣の頃から⾃然と⼈の関わり⽅に興味を持ち、⼤学も⽣物資源学類へ進学。学⽣時代は森林⽣態学、植⽣学の研究をすすめる傍ら、部活動では⼭登りに没頭。⼊省後は九州、近畿地⽅の国⽴公園を担当した後、地球環境局で発展途上地域への環境協⼒に関する業務に従事。2013年より現職。プライベートでは同年に結婚。今後も家庭と仕事の両⽴をはかりたいと語る。



内閣人事局Career Guide

内閣人事局Career Guide

「国家公務員」と聞いて、どのようなことを思い浮かべますか。 国家公務員の仕事は、医療や教育など暮らしに身近な分野から、国の財政運営・産業振興、外交・防衛まで、世の中のありとあらゆることと関わっています。 国家公務員の活躍のフィールドは幅広く、様々な専門性を生かせる場があります。子育てと両立しながら活躍するリケジョも多くいます。 「いま」を守り、「未来」をつくる。 自分、ではなく、みんなのために。 それが、国家公務員という生き方です。

関連記事

【11月2日(火)開催】内閣人事局主催 国家公務員WEBガイダンス~明日の日本をつくろう!国家公務員のお仕事~

2021-10-19 11:47

2021年度第5回目のガイダンスでは、「国家公務員」をより身近な存在に感じていただくため、視聴者のみなさんが抱いている率直な疑問に、政府の総合的人材戦略を担う内閣官房内閣人事局に所属する職員4名がズバッと答えます!  登場する4名の職員それぞれがどのように社会課題と向き合っているか、職員の仕事に対する想いややりがいなどを聞き比べることができ、また、職員同士の掛けあいを通じて、普段の職場での雰囲気も感じることができるイベントとなっています。  学生、社会人問わず、皆さんの参加をお待ちしております!

【防衛省・防衛装備庁】安全保障に関わる女性技官

2021-10-14 19:28

防衛省・防衛装備庁って何をしているところ?  防衛省は、我が国の平和と独立、安全を守り抜く最後の砦。世界各国との安全保障協力、国際平和協力活動、大災害への対応、陸・海・空だけではなく、宇宙・サイバー・電磁波といった新たな領域においても求められる安全保障の取り組みなど、日々新たな課題に対応しています!

男性国家公務員の育児に伴う休暇・休業の取得状況

2021-09-08 16:08

子育てしやすい環境づくりは重要な課題です。 男性の育児・家事への参画促進は、男性自身の仕事と生活の両立のみならず、女性の活躍促進、ひいては、少子化対策の観点からも極めて重要です。 令和2年度から、子どもが生まれた全ての男性職員が1か月以上を目途に育児に伴う休暇・休業を取得できることを目指し、政府一丸となって、取組を進めています。 今回は、男性国家公務員の育児に伴う休暇・休業の取得状況をお知らせします。

【外務省】日本そして世界の 平和と安全と繁栄のため 守るべきものは情報

2021-08-16 09:44

私たちが今、当たり前のように恩恵を受けている平和や安全や豊かさは、世界の国々・地域との安定した関係なしには成り立ちません。外務省は、日本と、そして世界の平和と安全と繁栄を実現するために、世界に展開する在外公館を通じて、様々な外交活動に日夜取り組んでいます。

育休体験記〜最近流行ってるから育休取ってみた。

2021-07-15 11:54

本稿は、男性国家公務員の育休取得推進の旗を振る内閣⼈事局に所属する参事官補佐が2020年7⽉の第⼀⼦誕⽣に当たり実際に育休を取得した際の経験や感じたことを⼿拙くまとめたものです。 これから出産・育児を経験することになるであろう未来のパパ・ママたちに、⼀先輩職員の体験談として気楽に読んでもらえればとの思いで筆をとりました。 育休取得期間は計1か⽉程度であり、世に出回る“新⽶パパの育休奮闘記”のような⽴派なものではないので悪しからず。 ※組織・制度に関する⾒解含め全て個⼈の意⾒です。

【紹介】こちら国家公務員!

2021-07-07 17:27

様々な分野で働く国家公務員の紹介コンテンツを公開しました。 これまでとは少し違う角度から国家公務員の世界をのぞいてみませんか?

Twitter

RIKEJO CAFE学生会員募集

RIEKJO CAFEは学生参加型の理系女子大学生・院生のコミュニティです。

コミュニティには2種類の学生会員がございます。現在約500名の会員コミュニティに成長しました。

RIKEJO CAFEでは新規の学生会員さんを随時募集いたしております。ご参加お待ちいたしております!
詳しくは ↓↓

RIKEJO CAFE 新着記事