catch-img

【修士・博士課程修了者が語る国家公務員の魅力】国宝や重要文化財を守り日本の文化を未来へと継承していく

修士や博士課程を修了して国家公務員として各省庁で働く4人の職員に国家公務員の魅力について語っていただきます。

第四回は、文化庁文化財第一課文部科学技官に所属し、国宝・重要文化財に指定されている絵画に対して保存・活用事業を支援、また未指定の絵画に対して調査研究を重ね、新たに重要文化財に指定する業務にも従事する伊藤さんです。


プロフィール

文化庁 伊藤 久美(Kumi Itou)

所属:文化庁文化財第一課文部科学技官

略歴:文学部東洋・日本美術史専攻 博士後期課程単位取得満期退学。大学院修了後、奈良国立博物館学芸部アソシエイトフェロー(学芸員)を経て、平成30年4月より現職。大学院・学芸員時代は仏教美術史の研究に従事し、その専門性を活かして選考採用により文化庁へ入庁。現在は国宝・重要文化財に指定されている絵画に対して保存・活用事業を支援、また未指定の絵画に対して調査研究を重ね、新たに重要文化財に指定する業務にも従事している。


国家公務員を志望したきっかけや理由を教えてください


文化庁の仕事を知ったきっかけは大学在学中なんです。というのも、大学の先輩が研究職で文化庁に転職をされまして、その時に初めて文化庁にそういう仕事もあるんだなと知りました。でも当時は、博物館という空間や仏教絵画の世界に強く惹かれてましたし、研究というか考えるという作業が好きだったので、夢であった学芸員になることを目標に研究に打ち込んでました。

今の仕事を意識したのは学芸員になってからです。文化庁の調査官と絵画の修理の現場などで一緒に仕事をしていく中で、博物館だったらその博物館の所蔵品とか、その博物館がある地域が中心になってしまうんですけど、地域に縛られない文化庁の仕事の規模の大きさに改めて気づいたんです。また時間が経つに連れて、日本全国の文化財を真摯に守っていくその姿に強い憧れを持つようになっていました。


大学院での研究テーマについて教えてください

大学院では仏画や仏像といった仏教美術作品の歴史を考える、仏教美術史を研究していました。特に、鎌倉時代に作られた、僧侶の肖像画や絵巻を研究対象にしていました。

仏教美術史に興味を持ったきっかけは博物館での出会いだったのですが、当時の私にとって、仏教美術は一見して何が書いてあるのか分からない作品も多く、自分が知識を得ないと理解できないような世界がそこに広がっているんじゃないのかという魅力を感じたんです。

実は国宝や重要文化財になっている作品でさえ、宗教的・歴史的背景が不透明な部分がまだまだ多いんです。何故そんなに美しく描くのかとか、その形が何を意味していて、どういう風にその絵が描かれているかを、絵画に使用された材料・技法や先行作品・文献と比較することによって、その作品にどういう意味が込められているのかを調査研究していました。



今携わっている業務について教えてください

​​​​​​​

国宝や重要文化財に指定されている絵画に対して、管理するのはもちろんですが、修理や公開といった保存・活用事業を支援したり、「これはどうして重要文化財になっていないんだろう?」って思うような価値のある未指定の絵画に対して、新しく重要文化財に指定することも主な業務の一つです。

有識者の先生方が集まる専門調査会で審議してもらう必要があるのですが、3人の絵画部門の調査官がチーム一丸となって日々調査研究と資料作成を行っています。そういった意味では、大学の研究や学芸員時代に培った知識や経験は大いに役立っていると感じています。

ただ、行政的なことはほとんど勉強してこなかったので、すごく勉強する必要がありました。今もそうなのですが、行政的に作品をどう守ることができるのか、ということを日々勉強しています。

その他にも、絵画について日々寄せられる様々なご相談に、一つ一つ応えたりすることが多い環境ですので、絵画はもちろん、文化財全般に関する自身の研究を怠らず、見識を深めていくことも重要な仕事の一つです。


国家公務員の仕事のやりがい・魅力

国の行政に直接携わって働いていけること、そして社会に与える影響力の大きさがこの仕事のやりがいだと感じています。

全国の国宝や重要文化財と出会うことができ、それらを保存・活用していく業務に直接携われる仕事は他にそうありません。もちろん、先人たちが伝えてきた極めて貴重な文化財の価値を守り未来に継承していくことは、決して容易ではありませんし重責を覚えることもありますが、その分達成感も大きくやりがいへと繋がっています。

また、未指定の絵画を新しく指定する業務では、状態が良くないものに出会うことが少なくありません。それが所有者の方や、地元の職員の方々の協力のもと、国庫補助事業により修理をすることが決まった時は、この職業に就けて本当に良かったと強く実感する瞬間です。

国宝や重要文化財を陰ながら必死で保護していく裏方仕事ではありますが、そのような役目にこそ、大きな誇りと魅力を感じています。

内閣人事局Career Guide

内閣人事局Career Guide

「国家公務員」と聞いて、どのようなことを思い浮かべますか。 国家公務員の仕事は、医療や教育など暮らしに身近な分野から、国の財政運営・産業振興、外交・防衛まで、世の中のありとあらゆることと関わっています。 国家公務員の活躍のフィールドは幅広く、様々な専門性を生かせる場があります。子育てと両立しながら活躍するリケジョも多くいます。 「いま」を守り、「未来」をつくる。 自分、ではなく、みんなのために。 それが、国家公務員という生き方です。

関連記事

【11月2日(火)開催】内閣人事局主催 国家公務員WEBガイダンス~明日の日本をつくろう!国家公務員のお仕事~

2021-10-19 11:47

2021年度第5回目のガイダンスでは、「国家公務員」をより身近な存在に感じていただくため、視聴者のみなさんが抱いている率直な疑問に、政府の総合的人材戦略を担う内閣官房内閣人事局に所属する職員4名がズバッと答えます!  登場する4名の職員それぞれがどのように社会課題と向き合っているか、職員の仕事に対する想いややりがいなどを聞き比べることができ、また、職員同士の掛けあいを通じて、普段の職場での雰囲気も感じることができるイベントとなっています。  学生、社会人問わず、皆さんの参加をお待ちしております!

【防衛省・防衛装備庁】安全保障に関わる女性技官

2021-10-14 19:28

防衛省・防衛装備庁って何をしているところ?  防衛省は、我が国の平和と独立、安全を守り抜く最後の砦。世界各国との安全保障協力、国際平和協力活動、大災害への対応、陸・海・空だけではなく、宇宙・サイバー・電磁波といった新たな領域においても求められる安全保障の取り組みなど、日々新たな課題に対応しています!

男性国家公務員の育児に伴う休暇・休業の取得状況

2021-09-08 16:08

子育てしやすい環境づくりは重要な課題です。 男性の育児・家事への参画促進は、男性自身の仕事と生活の両立のみならず、女性の活躍促進、ひいては、少子化対策の観点からも極めて重要です。 令和2年度から、子どもが生まれた全ての男性職員が1か月以上を目途に育児に伴う休暇・休業を取得できることを目指し、政府一丸となって、取組を進めています。 今回は、男性国家公務員の育児に伴う休暇・休業の取得状況をお知らせします。

【外務省】日本そして世界の 平和と安全と繁栄のため 守るべきものは情報

2021-08-16 09:44

私たちが今、当たり前のように恩恵を受けている平和や安全や豊かさは、世界の国々・地域との安定した関係なしには成り立ちません。外務省は、日本と、そして世界の平和と安全と繁栄を実現するために、世界に展開する在外公館を通じて、様々な外交活動に日夜取り組んでいます。

育休体験記〜最近流行ってるから育休取ってみた。

2021-07-15 11:54

本稿は、男性国家公務員の育休取得推進の旗を振る内閣⼈事局に所属する参事官補佐が2020年7⽉の第⼀⼦誕⽣に当たり実際に育休を取得した際の経験や感じたことを⼿拙くまとめたものです。 これから出産・育児を経験することになるであろう未来のパパ・ママたちに、⼀先輩職員の体験談として気楽に読んでもらえればとの思いで筆をとりました。 育休取得期間は計1か⽉程度であり、世に出回る“新⽶パパの育休奮闘記”のような⽴派なものではないので悪しからず。 ※組織・制度に関する⾒解含め全て個⼈の意⾒です。

【紹介】こちら国家公務員!

2021-07-07 17:27

様々な分野で働く国家公務員の紹介コンテンツを公開しました。 これまでとは少し違う角度から国家公務員の世界をのぞいてみませんか?

Twitter

RIKEJO CAFE学生会員募集

RIEKJO CAFEは学生参加型の理系女子大学生・院生のコミュニティです。

コミュニティには2種類の学生会員がございます。現在約500名の会員コミュニティに成長しました。

RIKEJO CAFEでは新規の学生会員さんを随時募集いたしております。ご参加お待ちいたしております!
詳しくは ↓↓

RIKEJO CAFE 新着記事