catch-img

【修士・博士課程修了者が語る国家公務員の魅力】様々なステークホルダーと協力して社会の一翼を担う

修士や博士課程を修了して国家公務員として各省庁で働く4人の職員に国家公務員の魅力について語っていただきます。

第三回は、農林水産省大臣官房政策課技術政策室技術調査班に所属し、スマート農業の実現に向けた技術開発に携わる助川さんです。

プロフィール

農林水産省 助川 洋平(Yohei Sukegawa)

所属:農林水産省大臣官房政策課技術政策室技術調査班 課長補佐
略歴:理工学部・応用生物科学 卒業 公共政策学教育部修了。平成21年4月に農林水産省に入省後、環境省水・大気環境局土壌環境課土壌モニタリング係、農林水産省大臣官房国際部国際経済課TPP/WTO交渉チームを経て米国ミネソタ大学大学院へ留学し技術経営学を学ぶ。留学後に同省同部の国際機構グループ国際専門官を務め、現職に至る。


国家公務員を志望したきっかけや理由を教えてください


学部生の時は生物学を専攻していて、基礎研究に従事していました。でも基礎研究って人の役に立つまでには10年、20年という期間で研究し続けていく必要があるんです。その中で、一つのことを追求し続ける研究者となるよりも、色々なものに携わりながら、より社会に近いところで仕事をしたいという想いが日に日に強くなっていきました。

とはいえ研究開発や技術に関してはすごく興味を持っていたので、複数の研究を支援できるような仕事を探していました。もちろん民間でいうコンサルタント職であれば、色々な分野に携わり、技術を学んで、自ら提案していけるような仕事もできるかなとは思いました。

しかし、より深くステークホルダーとして関わっていけるという点、予算や事業担当としての裁量の大きさから、国家公務員の方が強く技術開発や研究開発に携わっていけるんじゃないかと考え、今の仕事を選択しました。


大学院での研究テーマについて教えてください

大学院では農用地の転用規制というテーマで研究に従事していました。当時、農地の規模拡大が進まないのは何故だろうっていう問題意識が自分の中にあって、その理由の一つに農地の転用規制があるんじゃないかと考えたんです。農地の流動化が妨げられている理由を自分なりの視点で調査していましたね。

実は入省後に留学する機会をいただきまして、「Improving Effectiveness of Government-funded R&D Programs」というテーマで研究をしていました。留学のきっかけは入省後に携わっていた民間実用化研究促進事業というプロジェクトになるのですが、これは民間企業の技術開発を支援しながら、得られた利益の一部を国庫に納付してもらうといった事業になります。

でもこれが中々思い通りにいかず、技術開発におけるマネジメントに大きな課題を感じていました。もっと本格的に勉強したいと考えた私は留学を決め、留学先では「どういう風にR&Dをマネジメントしていけば、農林水産省の研究開発事業で良い成果が得られるか、またその成果が市場に繋がっていくか」という観点からリサーチペーパーをまとめさせていただきました。


今携わっている業務について教えてください

業務の中心はスマート農業実証プロジェクトになります。もともとのきっかけは2013年に立ち上がった「スマート農業の実現に向けた研究会」だったのですが、令和元年から本格的に実証が始まりました。これまでに研究開発プロジェクト等を通して様々な技術が開発されてきました。

例えばロボットトラクタとか、自動水管理システム、リモコン式の草刈り機などです。この開発してきた技術を実際に現場へ導入して生産者の方に使用してもらった場合、技術面の効果がどうなのか、そして経営面の効果がどうなのかを実証してもらうための事業を始めています。

現在は148地区で実証中なのですが、1年目が終わった段階の成果や進捗はどうなっていって、では2年目はどういう計画で進めていくのかといった状況を確認しながら、適宜助言して、より良い方向へ繋げていく、という業務に従事しています。


国家公務員の仕事のやりがい・魅力

社会変革の一翼を担うことが出来ることですね。例えば、今携わっているスマート農業実証プロジェクトでは、生産者、企業、大学、研究開発機関が参画する形で実証を進めているんですが、自ら起こすということではなくて、色々なステークホルダーと一緒になって、新しいことにチャレンジして、それを世の中に還元していけるっていうのはすごく魅力的なところだと感じています。

ロボットトラクタやドローン等による超省力化、各種データに基づく生産管理による収穫量・品質の向上など、21世紀の新しい農業を形作る第一歩を踏み出したところと考えていて、そこに携わることが出来たのは本当に幸運だと感じています。

また、国際交渉や環境省への出向など、本当に全く別の分野の仕事も経験することができます。こういった色々なものにチャレンジして、自分の成長が実感できるというのも国家公務員の魅力の一つだと考えています。

内閣人事局Career Guide

内閣人事局Career Guide

「国家公務員」と聞いて、どのようなことを思い浮かべますか。 国家公務員の仕事は、医療や教育など暮らしに身近な分野から、国の財政運営・産業振興、外交・防衛まで、世の中のありとあらゆることと関わっています。 国家公務員の活躍のフィールドは幅広く、様々な専門性を生かせる場があります。子育てと両立しながら活躍するリケジョも多くいます。 「いま」を守り、「未来」をつくる。 自分、ではなく、みんなのために。 それが、国家公務員という生き方です。

関連記事

【11月2日(火)開催】内閣人事局主催 国家公務員WEBガイダンス~明日の日本をつくろう!国家公務員のお仕事~

2021-10-19 11:47

2021年度第5回目のガイダンスでは、「国家公務員」をより身近な存在に感じていただくため、視聴者のみなさんが抱いている率直な疑問に、政府の総合的人材戦略を担う内閣官房内閣人事局に所属する職員4名がズバッと答えます!  登場する4名の職員それぞれがどのように社会課題と向き合っているか、職員の仕事に対する想いややりがいなどを聞き比べることができ、また、職員同士の掛けあいを通じて、普段の職場での雰囲気も感じることができるイベントとなっています。  学生、社会人問わず、皆さんの参加をお待ちしております!

【防衛省・防衛装備庁】安全保障に関わる女性技官

2021-10-14 19:28

防衛省・防衛装備庁って何をしているところ?  防衛省は、我が国の平和と独立、安全を守り抜く最後の砦。世界各国との安全保障協力、国際平和協力活動、大災害への対応、陸・海・空だけではなく、宇宙・サイバー・電磁波といった新たな領域においても求められる安全保障の取り組みなど、日々新たな課題に対応しています!

男性国家公務員の育児に伴う休暇・休業の取得状況

2021-09-08 16:08

子育てしやすい環境づくりは重要な課題です。 男性の育児・家事への参画促進は、男性自身の仕事と生活の両立のみならず、女性の活躍促進、ひいては、少子化対策の観点からも極めて重要です。 令和2年度から、子どもが生まれた全ての男性職員が1か月以上を目途に育児に伴う休暇・休業を取得できることを目指し、政府一丸となって、取組を進めています。 今回は、男性国家公務員の育児に伴う休暇・休業の取得状況をお知らせします。

【外務省】日本そして世界の 平和と安全と繁栄のため 守るべきものは情報

2021-08-16 09:44

私たちが今、当たり前のように恩恵を受けている平和や安全や豊かさは、世界の国々・地域との安定した関係なしには成り立ちません。外務省は、日本と、そして世界の平和と安全と繁栄を実現するために、世界に展開する在外公館を通じて、様々な外交活動に日夜取り組んでいます。

育休体験記〜最近流行ってるから育休取ってみた。

2021-07-15 11:54

本稿は、男性国家公務員の育休取得推進の旗を振る内閣⼈事局に所属する参事官補佐が2020年7⽉の第⼀⼦誕⽣に当たり実際に育休を取得した際の経験や感じたことを⼿拙くまとめたものです。 これから出産・育児を経験することになるであろう未来のパパ・ママたちに、⼀先輩職員の体験談として気楽に読んでもらえればとの思いで筆をとりました。 育休取得期間は計1か⽉程度であり、世に出回る“新⽶パパの育休奮闘記”のような⽴派なものではないので悪しからず。 ※組織・制度に関する⾒解含め全て個⼈の意⾒です。

【紹介】こちら国家公務員!

2021-07-07 17:27

様々な分野で働く国家公務員の紹介コンテンツを公開しました。 これまでとは少し違う角度から国家公務員の世界をのぞいてみませんか?

Twitter

RIKEJO CAFE学生会員募集

RIEKJO CAFEは学生参加型の理系女子大学生・院生のコミュニティです。

コミュニティには2種類の学生会員がございます。現在約500名の会員コミュニティに成長しました。

RIKEJO CAFEでは新規の学生会員さんを随時募集いたしております。ご参加お待ちいたしております!
詳しくは ↓↓

RIKEJO CAFE 新着記事