【Job Rotation Program】LEE編 ーダッソー・システムズー

ダッソー・システムズでは、新卒社員の成長をサポートするだけではなく、職種理解を深めるために、「Job Rotation Program」を取り入れています。新卒社員は、一年の新入社員研修期間内(リンク:https://blogs.3ds.com/japan/specialized-graduates-program/)に、いくつかのビジネスプロジェクトに参加し、実務を経験しながら業務知識を学び、スキルを身につけることができます。今回は2019年度に新卒で入社したLEEさんにインタビューしてみました。


在宅勤務中のLEEさん

これまでいくつのビジネスプロジェクトに参加しましたか。どんなプロジェクトで何をしましたか。

Lee: 最初のOJT(On the Job Training)は東京のオフィスで、ソリューションアーキテクトアソシエイトを担当していました。そこでに、モックアップ(模型)レベルでプラットフォームをインストールすることにより、3DEXPERIENCEプラットフォームのアーキテクチャ(構築方法)について学びました。

その後は名古屋オフィスの日本R&Dラボで2回目のOJTプロジェクトを行っていました。ここでは、ラボの先輩社員の指導の下で、ユーザーにとって足りない機能の提案や要件設計の統合を支援する役割を担ってきました。現在も同じプロジェクトに参加しています。


どうしてそのプロジェクトを選びましたか。

Lee:多様な選択肢の中で、このユニークな時間枠の間で最大限に学習できる計画を立てました。 1回目のOJTから2回目、3回目まで、基本的なものから順番に学習したかったです。これを念頭に置いて、最初のOJTは3DEXPERIENCEプラットフォームを全体的に理解するため、プラットフォームの構築方法を学習しました。2番目のOJTは、特定​のアプリケーションとその開発スキルを学習しました。


このビジネスプロジェクトに参加中に、印象に残ったエピソードがあれば教えてください。

Lee:最も印象に残ったエピソードは、ブランドオンボーディングプログラムへ参加した時です。 ブランドオンボーディングプログラムは、新入社員を対象として、技術的な知識を身につけてもらうとともに、ブランドとアプリの実践的なやりとりを体験してもらうためのプログラムです。第1回目のOJTで、私はアソシエイトインフラストラクチャアーキテクトとして、「インフラストラクチャの基礎と3Dエクスペリエンス・アーキテクチャー」のセッションをシニアチームのメンバーと一緒に教えました。6ヶ月前は同じ席で教えてもらう側でしたので、教えるのに少し違和感もありましたが、知識を人に伝えるという個人的な目標に到達したことで、達成感を得ました。小さなマイルストーンとして、自分の進歩を評価し、次の目標を設定することができました。

今後の目標を教えてください。

Lee:現在、OJTもほとんど終え、ダッソー・システムズでのキャリアをスタートさせるのに最適なポジションを見つけたいと考えています。


 若手社員として、情熱を持って学び続けることで、専門知識や視野を広め、多様な考えをもつ人になることを目指しています。

ーーありがとうございました。

会社情報

 社名 ダッソー・システムズ株式会社
 設立  1994年6月2日
 事業内容

ダッソー・システムズ株式会社はダッソー・システムズ(欧)の100%子会社であり、2019年に設立25周年を迎えます。ダッソー・システムズ製品群の販売、マーケティング、サポート、受託開発、R&Dならびに関連業務を行っています。自動車業界をはじめ、航空宇宙、造船、産業機械、ハイテク、消費財、建築や都市設計、エネルギー、ライフサイエンスなど

幅広い業界・分野において日本や世界の優良企業を支援し、そのビジネス変革に貢献しています 

 url  https://www.3ds.com/ja
 住所 〒141-6020 東京都品川区大崎2丁目1番1 ThinkPark Tower 
 

資本金

 27億4,609万円
 代表者  フィリップ・ゴドブ
 従業員数 629人(2019年10月31日時点) 
 サービス 当社の3Dソフトウェア技術を使用することで、自動運転車、宇宙エレベータ、ハイパーループ、航空機、客船、ロボット、高機能家電、義肢、五輪向けの大規模スタジアムなどが形になっています。近年では世界の3Dプリンタをつなぐマーケットプレイスの提供、シンガポールなどの各国のスマートシティ化、バーチャル心臓を使った心疾患研究プロジェクトなど、製造業の枠を超えたさまざまな業界の変革とイノベーションをけん引しています。
 カルチャー 日本法人では現在、日本を含む18ヶ国・地域のさまざまなバックグラウンドやスキル、ノウハウを持つ社員が、男女の別なく活躍しています。また、社内はコラボレーションの文化が根付いています。日本を含む全世界の社員は社内クラウド・プラットフォーム上でつながることができ、共通のミッションのもとにお互いのスキルとナレッジを持ち寄り、自由に意見を交わしながら課題解決に取り組んでいます。業務外においても社員が交流できる機会として、フットサル、バスケットボール、ランニング、アート、写真、ヨガなどのクラブ活動が行われています。また、社員のワークライフバランスや女性のキャリア形成など、働きやすい環境を整備するための活動も社員を中心に積極的に推進中です。