【社員インタビュー】IT team Taketoshi編 ーダッソー・システムズー

ダッソー・システムズは、新型コロナウイルスによるパンデミックが続く中、各チームが今回の困難に立ち向かい、スムーズに協業しています。ここでは全従業員の在宅勤務やオフィスでの業務再開の確保に努めているチームを紹介します。大崎オフィスにてJapan IT Services & Support Senior Managerとして活躍されているTaketoshiさんにインタビューしました。


ITチームのメンバーたち

部署名と仕事内容を教えてください。

Taketoshi:私はITチームでオペレーション業務全般を担当しています。入社してから20年が経ちました。


新型コロナウイルス感染症が世界中に蔓延し続ける中、通常業務に支障が出ましたか?支障を解決するために、どのような努力をしていましたか?

Taketoshi:支障が出ましたね。新型コロナウイルスの感染拡大により、一部のプロジェクトが延期になりました。同時に、今年の3月に全従業員が在宅勤務へと移行しましたので、従業員に直接のITサポートとハードウェアサポートを提供することが困難になりました。在宅勤務状況下で従業員からのITに関する問い合わせが普段より増えてくると想定したので、ITチームのメンバーが早急に対応を取れるよう対策を立てました。


新型コロナウイルス感染症が世界中に蔓延し続ける中、全従業員の在宅勤務をサポートするために何をしましたか?

Taketoshi:チームメンバーとともに全従業員の在宅勤務をうまく実現させるために、VPNを含む様々なソリューションを提供しています。たとえば、正社員だけではなく、パートナー企業の社員、契約社員とインターン生にもVPNアクセスを提供しています。そして、社内のITインフラを管理する上で、全従業員がネットワークにアクセスする際に利用するデバイスが安全かつ健全なものであるように日々努力しています。

―ありがとうございました。

ダッソー・システムズでは多様で柔軟な働き方が可能になります。現在の困難な状況においても、社員が明るく前向きに乗り越えられるようにサポートしています。

会社情報

 社名 ダッソー・システムズ株式会社
 設立  1994年6月2日
 事業内容

ダッソー・システムズ株式会社はダッソー・システムズ(欧)の100%子会社であり、2019年に設立25周年を迎えます。ダッソー・システムズ製品群の販売、マーケティング、サポート、受託開発、R&Dならびに関連業務を行っています。自動車業界をはじめ、航空宇宙、造船、産業機械、ハイテク、消費財、建築や都市設計、エネルギー、ライフサイエンスなど

幅広い業界・分野において日本や世界の優良企業を支援し、そのビジネス変革に貢献しています 

 url  https://www.3ds.com/ja
 住所 〒141-6020 東京都品川区大崎2丁目1番1 ThinkPark Tower 
 

資本金

 27億4,609万円
 代表者  フィリップ・ゴドブ
 従業員数 629人(2019年10月31日時点) 
 サービス 当社の3Dソフトウェア技術を使用することで、自動運転車、宇宙エレベータ、ハイパーループ、航空機、客船、ロボット、高機能家電、義肢、五輪向けの大規模スタジアムなどが形になっています。近年では世界の3Dプリンタをつなぐマーケットプレイスの提供、シンガポールなどの各国のスマートシティ化、バーチャル心臓を使った心疾患研究プロジェクトなど、製造業の枠を超えたさまざまな業界の変革とイノベーションをけん引しています。
 カルチャー 日本法人では現在、日本を含む18ヶ国・地域のさまざまなバックグラウンドやスキル、ノウハウを持つ社員が、男女の別なく活躍しています。また、社内はコラボレーションの文化が根付いています。日本を含む全世界の社員は社内クラウド・プラットフォーム上でつながることができ、共通のミッションのもとにお互いのスキルとナレッジを持ち寄り、自由に意見を交わしながら課題解決に取り組んでいます。業務外においても社員が交流できる機会として、フットサル、バスケットボール、ランニング、アート、写真、ヨガなどのクラブ活動が行われています。また、社員のワークライフバランスや女性のキャリア形成など、働きやすい環境を整備するための活動も社員を中心に積極的に推進中です。