catch-img

【ニュース】新型コロナウイルス感染症の拡大に際し、 医療従事者を守るフェイスシールドの設計を 「くしゃみシミュレーション」で支援 ダッソー・システムズ株式会社

ダッソー・システムズは、新型コロナウイルス感染症 (COVID-19) の世界的な感染拡大に際し、一丸となって対処するべく、オンライン・コミュニティ「3DEXPERIENCE Lab OPEN COVID-19」上で、人の「くしゃみシミュレーション」を行い、 フェイスシールド(PPE: Personal Protective Equipment 個人防護具)の開発プロジェクトを支援しています。

フェイスシールドは、ウイルスを含んだくしゃみの飛沫と健康な医療従事者の呼吸器系との間で、感染を防ぐための重要なバリアになります。くしゃみはCOVID-19を含む病原体が拡散する要素の一つです。人がくしゃみをした時の現象を確認するためにシミュレーションを活用することで、現在開発中あるいは既に配備されているさまざまなフェイスシールドの有効性について理解を深め、設計の改善に役立てることができます。


ダッソー・システムズは、数値流体シミュレーション(CFD)ツールであるSIMULIA PowerFLOWを使用して、くしゃみによる飛沫が飛散する現象を理解するために、くしゃみの流体シミュレーションを実施しました。

SIMULIA PowerFLOWは、液体や空気の流れを解析する非定常シミュレーション・ツールとして、航空機業界や自動車業界で広く使用されています。


IMULIA PowerFLOWを用いたくしゃみシミュレーションは、口から吐き出される空気の速度を時間の関数として使用しているだけではなく、飛沫の粒径や分布特性などの公開データに基づいて実行されます。シミュレーション結果は、リアリスティック・モデル(デモビデオ)で表示され、くしゃみと同時に空気中に放出される唾液粒子の軌跡や装着されたシールド表面への付着状態に加えて、シールドの内側やシールドを装着した人の周辺に流れ込むエアロゾルを確認することができます。

このシミュレーションは計算効率に優れているため、シールドの全長や幅、人と人の距離などを含む種々のパラメータの影響を素早く検討することができます。


ダッソー・システムズ のオープン・イノベーショ ン・ラボ である3DEXPERIENCE Labは、新型コロナウイルス感染症の拡大防止に向けたいくつものイニシアチブに取り組んでいます。デザイナー、エンジニア、科学者、メーカー、シミュレーションの専門家など、さまざまな知見を持つプロジェクトメンバーをクラウド版3DEXPERIENCEプラットフォーム上でつなぎ、短期間に多くのアイデアの検討と絞り込み、設計とエンジニアリング、製造課題の解決が可能です。これらのイニシアチブは、COVID-19の感染拡大に直面する地域医療を支えるべく、適切なソリューションを提供することを目指しています。

OPEN COVID-19 コミュニティで、異なるフェイスシールドを使用して行われたくしゃみシミュレーションの結果については、こちらをご覧ください。



本文内の参照ビデオ用ディスクレーマー
© 2020 Dassault Systèmes.All rights reserved.
本ビデオ内のダッソー・システムズによるシミュレーションおよびその他テクノロジーまたは運用情報は、説明としての提示および情報提供のみを目的としています。本ビデオ内で提供される、もしくは本ビデオに由来する情報の使用は視聴者の自己責任のもと行われ、ダッソー・システムズは関連する全責任を否認します。

会社情報

 社名 ダッソー・システムズ株式会社
 設立  1994年6月2日
 事業内容

ダッソー・システムズ株式会社はダッソー・システムズ(欧)の100%子会社であり、2019年に設立25周年を迎えます。ダッソー・システムズ製品群の販売、マーケティング、サポート、受託開発、R&Dならびに関連業務を行っています。自動車業界をはじめ、航空宇宙、造船、産業機械、ハイテク、消費財、建築や都市設計、エネルギー、ライフサイエンスなど

幅広い業界・分野において日本や世界の優良企業を支援し、そのビジネス変革に貢献しています 

 url  https://www.3ds.com/ja
 住所 〒141-6020 東京都品川区大崎2丁目1番1 ThinkPark Tower 
 

資本金

 27億4,609万円
 代表者  フィリップ・ゴドブ
 従業員数 629人(2019年10月31日時点) 
 サービス 当社の3Dソフトウェア技術を使用することで、自動運転車、宇宙エレベータ、ハイパーループ、航空機、客船、ロボット、高機能家電、義肢、五輪向けの大規模スタジアムなどが形になっています。近年では世界の3Dプリンタをつなぐマーケットプレイスの提供、シンガポールなどの各国のスマートシティ化、バーチャル心臓を使った心疾患研究プロジェクトなど、製造業の枠を超えたさまざまな業界の変革とイノベーションをけん引しています。
 カルチャー 日本法人では現在、日本を含む18ヶ国・地域のさまざまなバックグラウンドやスキル、ノウハウを持つ社員が、男女の別なく活躍しています。また、社内はコラボレーションの文化が根付いています。日本を含む全世界の社員は社内クラウド・プラットフォーム上でつながることができ、共通のミッションのもとにお互いのスキルとナレッジを持ち寄り、自由に意見を交わしながら課題解決に取り組んでいます。業務外においても社員が交流できる機会として、フットサル、バスケットボール、ランニング、アート、写真、ヨガなどのクラブ活動が行われています。また、社員のワークライフバランスや女性のキャリア形成など、働きやすい環境を整備するための活動も社員を中心に積極的に推進中です。