catch-img

日本科学未来館のサマーワークショップ「Picture Happiness on Earth 2016-17」をレポート!

昨年、参加者に大好評だった日本科学未来館のサマーワークショップ「Picture Happiness on Earth」が今年も開催されました。その様子をレポートします!

昨年の様子はこちら

 

「Picture Happiness on Earth」とは

「幸せってなんだろう?」をテーマに、アジア・太平洋地域の10代たちと、日本の女子中高生がコラボレーションして、日本科学未来館のシンボルでもある直径6メートルの地球ディスプレイ「Geo-Cosmos(ジオ・コスモス)」に映し出すコンテンツをつくりあげるワークショップです。

 

今回6つの国と地域で選ばれたシナリオはこちら

・クエスタコン - 国立科学技術センター(オーストラリア)
 “Child Safety”
 オーストラリアでは年間4万件以上の児童虐待が報告され、その40%以上を精神的虐待が占めています。
 もしも世界から虐待がなくならないのなら、社会にできることとは何なのか、
 私たちに何が出来るのかを問いかけ、考えます。

 

・千葉市科学館(日本)
 “Living with Birds - Things Birds Teach us -”
 鳥は人間生活と様々な面で密接に関わっています。多様な鳥の存在も、豊かな環境を示すものとして捉えられています。
 近年、生息地(湿地・森)の環境破壊や過剰な狩猟などの脅威によって鳥の種類は減少しています。
 このシナリオでは、鳥の生息地の保全行動を喚起しています。


・国立釜山科学館(韓国)
 “Stay here together”
 私たちは、地球の幸せのためには「調和」が重要だと考えています。
   あらゆる場所で、調和を損なう最大の問題は、属性の違いによる紛争であると考えました。
   このシナリオでは、外国人労働者に対する偏見というテーマで問題について考えています。


・サイエンス・アライブ(ニュージーランド)
   “In Our Hands”
   私たちの国は素晴らしい自然で知られているように、私たち10代はよく外で活動をします。
   気候変動が歴史における最大の世界規模課題とされているメタンの排出量について調査をし、私たちに何ができるのか、小さくてもアクションを起こすことの大切さを伝えます。

・国立台湾科学教育館(台湾)
 “Let the stars shine”
 私たちは、たくさんの照明があるおかげで夜でも明るい生活をすることに慣れています。
 しかし、過剰な照明や不適切な照明は、人間を含む動植物の活動を乱したり、健康にも悪影響を与えたりすると言われています。
 不必要な照明をなくし、世界に星空を取り戻すことを呼びかけています。

・タイ国立科学博物館(タイ)
 “HIV, it's on us”
 HIVというウィルスが、AIDSという病気を起こします。
 HIV感染やAIDSの発病が世界中で起こっていることも、感染者や患者に対して差別や偏見があることもHIVやAIDSについてあまり知られていないことが原因のひとつになっています。
 あなたと、大切な人たちの明るい未来のために、Stop HIV and AIDS!


これら6つのシナリオを日本の女子中高校生が受け継いで、映像化していきます。

日本でのプログラムでは、夏休みの3日間のワークショップで映像作品を作り出します。

そして、11月には日本科学未来館にシナリオを担当した海外の参加者たちを招いて、プレゼンテーションを行います。

また、このプログラムで作り上げられた映像は、2017年11月13日から2018年3月31日までジオ・コスモスの常設コンテンツとして上映される予定です。

ワークショップ初日!

それでは早速、ワークショップの様子をレポートします。

2017年7月22日(土曜)に開催されたワークショップ初日は女子中高校生約100名が参加しました。

会場に到着すると、昨年のワークショップで見た顔もちらほら。2年連続で参加されている方もいるようです。

しかし、多くの方が初対面とのこと。まだちょっとみんな緊張した面持ちです。

このプログラムを通して、この場所でも新しい”つながり”が生まれます。

まず、参加者全員で、ジオ・コスモスの特徴を学び、昨年のプログラムを鑑賞しながら今から作り上げるコンテンツのイメージを膨らませました。

今年は特別に若手メディアアーティスト・落合陽一氏による特別講演も開催されました。

講演の後は、いよいよワークショップ開始。シナリオを作った各国、地域からのビデオメッセージを見たり、映像制作のプロたちからレクチャーを受けます。担当するシナリオごとのチームに分かれてからは、シナリオやその背景について理解を深めました。

ここからいよいよコンテンツ作りが始まります。

会場で、不思議な物体を発見しました!

これは、未来館スタッフの手作りで、今年より取り入れられたアイテムだそうです。

球体の表面を黒く塗装しているため、黒板のようにチョークで書くことができます。

このアイテムによって極地の湾曲具合やパーツの大きさを視覚的にも確認できるようになりました!

説明する時にも便利ですよね。

 

ワークショップ2日目

2日目も続けてお邪魔しました。

この日は台湾とタイのチームがそれぞれ、ディレクター、デザイナー、プログラマーの担当分野に分かれて作業を行います。

タイチームのテーマはHIVです。

大人でも難しいテーマをこどもたちが取り組みます。

そのためには、正しい情報をインプットする必要があります。

日本科学未来館の科学コミュニケーターの山本さん、金城さんがファシリテーターとしてチームをサポートします。

こちらは、山本さん手作りの資料です。

海外の参加者たちが考えたシナリオとこれらの資料を元に、チーム全体で映像化に向けたブレインストーミングを行いました。

その後、ディレクター、デザイナー、プログラマーの担当に分かれて、作業を行います。

ディレクターはナレーションや映像の構成を考え、台本を作成します。

考えたアイデアはデザイナーチーム、プログラマーチームにも共有し意見を求め、まとめます。

 

どうやら全員の合意が取れたみたいです。

自然に拍手が生まれます。

デザイナーは、映像に必要なビジュアルパーツを画像・映像編集ソフト(Adobe illustrator, Photoshop, After Effects) を使用して制作します。

 

プログラマーはアプリケーション開発環境(Unity)で、デザイナーが作ったコンテンツに動きを入れたり、地図上に統計データを可視化する為にコーディングを行います。

 

そして、この日の最後には、現時点でのコンテンツを実際にジオ・コスモスで上映してみました。

各パーツや文字の大きさ、動きについてみんなでチェックしました。

ここでも積極的に意見交換が行われています。

ワークショップは残すところあと1日です。

今日の課題と残りの作業を1日で終えなくてはなりません。

結構タイトです。限られた時間の中でいかに良いものを作り出すか、その為には何が必要なのかを実践で身につけ、学びます。

どんなコンテンツが最終的に出来上がるのか、とても楽しみです。

最後に、参加者にお話をお聞きしました。

参加者にインタビュー

山口さんは現在高校2年生。初めての参加です。

Q このワークショップに応募したきっかけを教えてください。

母親から「こんなのあるよ」と勧められたことがきっかけです。ただ、吹奏楽部の演奏会の日程も近く参加を迷いました。

そこで、部活のメンバーや先生に相談したところ「こんな素敵な機会はそうそうないから、参加してきなよ」と言ってくれたので、参加しました。

Q ワークショップでは今どんなことをしていますか。

私はタイチームのディレクションを担当していて、ナレーションの台本作りやコンテンツの構成を考えています。

また、みんなの考えをまとめて、各チームにしてもらいたいことを伝える役割をしています。

Q 参加されていかがでしょうか。

年齢もバラバラなのですが、みんな仲良くて、平和的に話が進むのでとても楽しいです。

また、このワークショップではいろんな中学、高校の人と議論したり、お話したりすることができるのがとても新鮮です。

Q 先ほど、現時点での映像を実際見ましたがどうでしたか。

あと1日しかないので、ちょっと危機感を感じています。

こうした方が良いかな、という様なアイデアは浮かぶのですが、それをどうやって、説得力のある理由をつけてみんな伝えようかなと今考えています。

まだまだやることは多いですが、出来上がりが楽しみです。

==

山口さん、ありがとうございました。

このワークショプでは映像を作り上げるための技術を学べることの他に、チームワークやコミュニケーションを実践的に学ぶことができるのですね。

きっと参加者はこのワークショップと通してこの夏、大きく成長することでしょう。

11月のプレゼンテーションが楽しみです。

 

プレゼンテーションのご案内

11月のプレゼンテーションは参加者以外の方もご覧いただけます。

ぜひ、彼女たちの勇姿を見に来てください。

開催日時:2017年11月12日(日)13:30~16:00(予定)

開催場所:日本科学未来館3階 「ジオ・コスモス」前

※ご参加にあたっては日本科学未来館の入館料が必要です。

詳しくは下記特別サイトをご覧ください。

http://www.miraikan.jst.go.jp/sp/picture_happiness/


関連する記事

【募集】世界に1つしかない直径6メートルの地球ディスプレイに映し出すコンテンツを作ろう。@日本科学未来館「Picture Happiness on Earth」

2016-07-03 18:14

「Picture Happiness on Earth」は、「幸せってなんだろう?」をテーマに、アジア・太平洋地域のこどもたちと、日本の女子中高生がコラボレーションし、世界に1つしかない直径6メートルの地球ディスプレイ「ジオ・コスモス」(※1)に映し出すコンテンツをつくりあげるワークショップです。

大学生にもおすすめ 楽しく学べる日本科学未来館

2016-09-04 10:17

日本科学未来館は2016年4月20日にリニューアルしました。 新しい展示やドームシアターの作品が登場し、今注目のスポットです! 理系女子大生であるRIKEJOCAFEスタッフが潜入し、大学生になった今だからこそ気づく、科学館の魅力をお届けします。

日本科学未来館 理系女子大生が厳選した3つの展示

2016-09-04 10:17

魅力的な展示物がたくさんある日本科学未来館 RIKEJO CAFEスタッフである理系女子大生が厳選した3つの展示を紹介します!

日本科学未来館で働く女性科学コミュニケターさんにインタビューしてみた

2016-09-06 15:30

お台場にある日本科学未来館。ここでは、科学コミュニケータさんやボランティアのスタッフの方が多く働いています。 理系出身の女性科学コミュニケーターさんにお話しをうかがいました!

『幸せってなんだろう?』女子中高生が巨大地球ディスプレイに映し出す映像コンテンツ制作に挑戦!

2016-09-21 22:00

「Picture Happiness on Earth」のワークショップが2016年8月19日~29日日本科学未来館で開催されました。 「幸せってなんだろう?」をテーマに、アジア・太平洋地域のごどもたちと、日本の女子中高生がコラボレーションし、世界で1つしかない直径6メートルの地球ディスプレイ「Geo-Cosmos(ジオ・コスモス)」に映し出すコンテンツを作り上げます。 さまざまな想いを込めながら制作していく様子をRIKEJO CAFEスタッフが取材しました。

募集中のイベント

【11月2日(火)開催】内閣人事局主催 国家公務員WEBガイダンス~明日の日本をつくろう!国家公務員のお仕事~

2021年度第5回目のガイダンスでは、「国家公務員」をより身近な存在に感じていただくため、視聴者のみなさんが抱いている率直な疑問に、政府の総合的人材戦略を担う内閣官房内閣人事局に所属する職員4名がズバッと答えます!  登場する4名の職員それぞれがどのように社会課題と向き合っているか、職員の仕事に対する想いややりがいなどを聞き比べることができ、また、職員同士の掛けあいを通じて、普段の職場での雰囲気も感じることができるイベントとなっています。  学生、社会人問わず、皆さんの参加をお待ちしております!

【参加学生募集】風力発電業界について理解を深める!エンジニアインタビュー 10/18 15:00~ オンライン開催決定!

RIKEJO CAFEオリジナル企画! 理系学生によるオンラインインタビューを開催します。 「日本風力発電協会」さんにご協力いただき、風力発電市場の現状やこれからの可能性や、風力発電や風力発電事業でのエンジニアとしての可能性についてお話を伺います。 座談会のような形式のオンラインインタビューを開催します。質問者として参加いただける学生さんを募集いします。 再生可能エネルギーなどに関心のある学生のみなさん、ぜひご参加くださいませ(先着順)

【イベント】拓け!理系女子の未来!!世界トップレベルの企業で”オモシロイ”ことを! 参加者募集中

みなさんこんにちは! 創業98年目、大阪に本社を構える中西金属工業株式会社(通称:NKC)です。 就活生からたびたびご質問をいただく「メーカーで働く女性のキャリアイメージが掴みにくい、、、、」 そんなお声から、NKCでは理系女性限定のセミナーをオンラインにて開催します! メーカーに興味のある方必見なイベントです!

その他のイベントレポート

【イベントレポート】「平等を目指すすべての世代」3月8日国際女性デー ダッソー・システムズ株式会社

2020-03-13 13:40

ダッソー・システムズでは、世界各国のオフィスにいる、女性だけでなく全ての社員が輝かしく働くために、毎年国際女性デーの記念行事を実施しています。 今年国際女性デーのテーマは「平等を目指すすべての世代」です。今回はこのテーマを中心に国際女性デーを記念するグローバルな取り組みや日本国内の取り組みを紹介します。

【イベントレポート】Meet with Grow Together Community Lunch ダッソー・システムズ株式会社

2020-02-17 13:08

ダッソー・システムズは、社員同士の交流を図るためのイベントやコミュニティー活動をたくさん行っています。  若手社員だけで気軽に話す機会を増やすGrow Togetherというコミュニティー活動を通じて、同世代の多様な社内のメンバーと交流することができます。1月15日に、Grow Togetherの恒例行事のモチベーションランチを開催しました。

今年も大盛況!日本精工(NSK)エンジニアリング体験会 2019 イベントレポート

2019-11-01 10:07

昨年開催して理系女子学生に大人気だったイベントを、今年も日本精工株式会社(NSK)さんと共同開催いたしました。 今年も大盛況、全国から理系女子学生が集まりました。 その様子をレポートします。

【イベントレポート】大成建設技術センター見学会 2019年3月8日開催

2019-04-02 09:00

2019年3月8日、理系女子学生対象に大成建設技術センターで開催された見学会の様子をレポートします。 みなさんは、「大成建設での仕事」と聞くと何を想像しますか? ゼネコンですので、トンネルやダム、高層ビルなどの設計や施工管理などの仕事を想像する方が多いと思います。 もちろん、そういった仕事が主ではありますが、横浜にある「大成建設技術センター」では、最先端の機器や装置を備え、建築・土木以外にも様々な分野の研究員が、多岐にわたる研究に取り組んでいます。

【イベントレポート】理系女子就活応援イベント イリソ電子工業 2018年12月27日開催

2019-03-22 10:34

2018年12月27日、イリソ電子工業株式会社で、理系女子就活応援イベント「理系×美容×就活」が開催されました。 その様子をレポートします。

月間人気記事ランキング

1

化粧品会社の研究職ってどんな仕事?仕事内容とやりがい、就職する方法を解説します!

華やかでかっこいいイメージのある化粧品会社の研究職は、理系女子学生を中心に大変人気のある職種です。 本記事では、化粧品会社の研究職に就きたいと思っている人のために、その仕事内容やなり方を紹介していきます。化粧品業界に興味のある理系女子学生さんはぜひ参考にしてください!

2020-01-06 12:32

2
3

就職試験に用いられるフェルミ推定とは?例題と解説に触れて攻略のポイントをつかもう!

多くの企業では理系の学生に論理的な思考を期待しています。 しかし、理系の学生とはいえ、必ずしも論理的な思考ができているとはかぎりません。そこで就活生の論理性を試すために、採用試験にフェルミ推定を用いる企業が増えています。 この記事ではフェルミ推定について、例題や解き方のポイントをふまえて解説しています。就職活動のフェルミ推定対策に、一読してみてはいかがでしょうか。

2021-09-01 18:41

4

日本精工(NSK)とは何をつくって、どんなことをしているの?皆さんの疑問を解決します!

ベアリング(軸受)の国内第1位、世界第3位のシェアを誇る、日本精工 (NSK)を企業訪問し取材してきました。 この取材を通して、少し詳しくなったので、ベアリングの魅力、日本精工 (NSK)の魅力について、皆さんわかりやすくお伝したいと思います。

2017-10-06 14:33

5

大学入学後、文学部から農学部へ編入したお話

初めまして。 現在、とある企業で農学系研究員として働いているHaruといいます。 突然ですが、わたしの経歴は少し変わっていて、 旧帝大の文学部に入学後、1年で農学部へ編入しているんです! なんのために、そしてどうやって編入したのか、今回はその実体験をご紹介したいと思います。

2019-12-25 20:56

RIKEJO CAFE会員募集

RIKEJO CAFEでは会員を募集しております。

【会員特典】

1) フリースペース RIKEJO CAFEのご利用
2) 理系女子にお得な情報を配信するメルマガ
3) 企業訪問や先輩インタビューへの参加
4) イベント、業界セミナー、スキルアップ講座への参加
5) 理系女子座談会への参加
6) 商品開発プロジェクトへの参加 など

 

カテゴリー

記事検索

新着記事

全510件中 1〜 5件を表示

Facebookページ

Twitter