日本科学未来館 理系女子大生が厳選した3つの展示

お台場にある日本科学未来館。

理系女子大生が厳選した3つの展示を紹介します!

その① インターネットの仕組みを実体験で学ぶ
「インターネット物理モデル」

私たちの生活には欠かせないインターネット。

メールの裏側で行われている伝達システムを白と黒の球を使って、体験することができます。

写真中央の装置を使い、メッセージを送ります。1文字送るには、白と黒の球を16個並べます。

最初の8個が宛先、残りの8個がメッセージを表現するための信号です。

この展示は日本科学未来館が開館した2001年からあるもので、2016年現在でも私たちの生活の基盤となる重要な技術を紹介しています。

大学で学ぶ知識を実際に視覚的に体験できるところがおすすめのポイントです!

また、定期的に行われるワークショップでは、参加者同士でメッセージを送りあうことができます。

普段の生活ではPCや携帯のワンクリックで簡単にメッセージを送ることが多いのですが、宛先には人がいるということを忘れないことが大切だと実感することができました。

その② あれ?平衡感覚が・・・不思議な体験ができる
「こちら、国際宇宙ステーション」

宇宙居住棟の模型の中に入り、宇宙での暮らしや研究成果を見ることができます。

中にはいって少しすると 何か違和感が。。。。

そう、この宇宙居住棟は宇宙での感覚を模擬体験できるように床をわざとナナメにしています。

普通の平らな床に立っているときとは違う不思議な感覚に陥ります。

宇宙での生活はこんな感じなのかな?

前回訪れた時には気が付かなかったのですが、展示物の側面には多くの方のサインがあります!ここに書かれているのは実際に宇宙飛行士の方が来館された際に書かれたものです。

 

宇宙好きの理系女子。ここにいるだけで、ワクワクした気持ちになれます。

まだまだ謎の多い宇宙。いつか地球外生命体に会えるといいな。

その③ 3つのゾーンで学び考える「100億人でサバイバル」