日本科学未来館 理系女子大生が厳選した3つの展示

お台場にある日本科学未来館。

理系女子大生が厳選した3つの展示を紹介します!

その① インターネットの仕組みを実体験で学ぶ
「インターネット物理モデル」

私たちの生活には欠かせないインターネット。

メールの裏側で行われている伝達システムを白と黒の球を使って、体験することができます。

写真中央の装置を使い、メッセージを送ります。1文字送るには、白と黒の球を16個並べます。

最初の8個が宛先、残りの8個がメッセージを表現するための信号です。

この展示は日本科学未来館が開館した2001年からあるもので、2016年現在でも私たちの生活の基盤となる重要な技術を紹介しています。

大学で学ぶ知識を実際に視覚的に体験できるところがおすすめのポイントです!

また、定期的に行われるワークショップでは、参加者同士でメッセージを送りあうことができます。

普段の生活ではPCや携帯のワンクリックで簡単にメッセージを送ることが多いのですが、宛先には人がいるということを忘れないことが大切だと実感することができました。

その② あれ?平衡感覚が・・・不思議な体験ができる
「こちら、国際宇宙ステーション」

宇宙居住棟の模型の中に入り、宇宙での暮らしや研究成果を見ることができます。

中にはいって少しすると 何か違和感が。。。。

そう、この宇宙居住棟は宇宙での感覚を模擬体験できるように床をわざとナナメにしています。

普通の平らな床に立っているときとは違う不思議な感覚に陥ります。

宇宙での生活はこんな感じなのかな?

前回訪れた時には気が付かなかったのですが、展示物の側面には多くの方のサインがあります!ここに書かれているのは実際に宇宙飛行士の方が来館された際に書かれたものです。

 

宇宙好きの理系女子。ここにいるだけで、ワクワクした気持ちになれます。

まだまだ謎の多い宇宙。いつか地球外生命体に会えるといいな。

その③ 3つのゾーンで学び考える「100億人でサバイバル」

皆さんは、普段の生活の中で、危険(ハザード)について考えていますか?

私たちの周りには、地震、台風、などの自然災害から、事故のような科学技術の進歩によって発生するようになったものまでありとあらゆるハザードが潜んでいます。

この展示は2016年4月20日のリニューアルで誕生しました。

この展示から一人ひとりが災害や事故について考え、備えていくきっかけになってほしいという思いが込められています。

2011年の東日本大震災など近年大きな災害が起きました。実際私も、自分が生きていく人生の中で災害に直面するとは思っておらず、いつか起きるかもという地震の報道も、どこか他人事のように考えていました。
実際、私との同じように感じていた方も多いと思います。

今だからこそぜひ皆さんに見ていただきたい展示です。

また、この展示は3つのゾーンに分かれていているので、おすすめの周り方をご紹介します。

ゾーン1 100億人の命

実際に起こったハザードの状況をリアルに体験することができます。

目をそむけたくなってしまうかもしれませんが、身近にリスクがひそんでいることを忘れないことが大切だと感じました。

 

ソーン2    あなたの命が置かれている状況

災害について考える、と聞くと少し重苦しいイメージもありますよね。

ですが、この展示では様々な災害のリスクをボールで表現することによって小さいお子さんでも興味を持ちやすくつくられています。

地震・台風・感染症などはもともと地球上に存在するハザードです。

このハザードが人間と接点を持つことによってはじめて被害となります。

また、私たちから発生したもの(二酸化炭素など)や人間が作ったものによって新たなハザードが生み出されることもあります。

※台風の発生が早まったり、大噴火が起こったり、さまざまなからくりがこの展示物には仕掛けられています。

ぜひこの展示物では科学コミュニケーターの方にお声をかけてみてください

ハザードと私たちの人間社会がどのような関係になるのか、考えさせられる展示です。

 

ゾーン3 あなたの命を守るには

起こってしまったハザード。

経験から今後どのような取り組みができるか研究の成果を学ぶことができます。

この展示を見ながら「東日本大震災の時は、高校で授業を受けていたな…」とか、「地元では、こんな状況だったな」など、話しながら将来の災害対策考えてみてほしいと思います。

日本科学未来館に行ったら、ぜひやってほしいこと

日本科学未来館には、館内のいたるところに科学コミュニケーターの方やボランティアスタッフの方がいます。

展示物についての話や最近気になっていた科学の話など色々とお話ししてみてください。

展示物もただ眺めているだけと、お話を聞きながら見るのでは大きく異なります。

科学的な内容の理解はもちろんですが、その展示に込められたメッセージなどを深く知ることができます。

女性科学コミュニケーターさんへのインタビュー記事

 

パーソナルモビリティ「UNI-CUB (ユニカブ)」体験 

 

パーソナルモビリティ「UNI-CUB (ユニカブ)」とは、椅子のように座ってのる乗り物で、身体を傾けて体重移動することによって移動できます。

ロボットで使われている、バランス技術を使った電動の乗り物です。

最初は、自分の重心がどこにあるのか感覚がつかめず、意図しない方向へゆらゆらと進んでしまったりと苦戦しましたが、コツをつかむと快適です。

大学のキャンパス内をこれで移動できたらどんなに快適なキャンパスライフだろうか…と思ってしまいました。

そんな、未来もそう遠くもないかもしれません。

 

「UNI-CUB (ユニカブ)」に乗って館内をまわるツアーが行われているので、市場に出回っていない最新の乗り物をぜひ体験してみてください。

まとめ

まだまだ紹介したい展示や企画展など魅力的なコンテンツの多い日本科学未来館

ぜひ訪れてみてください!

展示物や企画展は定期的にかわるので こちらのSNSもチェック必須です

Twitter@miraikan

Facebookページ 日本科学未来館

Instagram miraikan

 

日本科学未来館

■開館時間

10:00~17:00 (※入場券の購入は閉館30分前まで)

■休館日

火曜日(火曜日が祝日の場合は開館)、年末年始(12月28日~1月1日)

※夏・春・冬休み、ゴールデンウィーク期間等は火曜日も開館する場合があります

■入館料

大人 620円 18歳以下  210円

※6歳以下の未就学児は無料
※土曜日は18歳以下無料(企画展等を除く)
※障がい者手帳所持者は本人および付き添いの方お一人まで無料
※企画展等は別料金の場合があります

■アクセス

東京都江東区青海2-3-6

 

新交通ゆりかもめ 「船の科学館駅」下車、徒歩約5分/「テレコムセンター駅」下車、徒歩約4分

東京臨海高速鉄道りんかい線 「東京テレポート駅」下車、徒歩約15分

 

 

RIKEJO CAFE スタッフ

RIKEJO CAFE スタッフ

RIKEJO CAFE の理系女子スタッフ


関連記事

理系女子おすすめインテリアショップ リカシツに行ってみた

2019-12-02 19:12

理化学+インテリアを目指しアンテナショップ「リカシツ」の1号店をRIKEJO CAFEスタッフが取材しました。

ABC クッキングスタジオ 体験レッスンに行ってきました!  学割があるなんて知ってました?

2017-01-06 10:00

「料理教室」ってなんか憧れるけど敷居が高いイメージがありませんか? 今回、以前から気になっていた、ABCクッキングスタジオ の体験レッスンに行ってきました! そこで知った学生だけのお得情報とは??

ショールームへ行ってみよう! 第1弾「NISSAN CROSSING」

2016-11-17 11:20

銀座にある日産自動車のショールーム「NISSAN CROSSING」に行ってきました。 未来のクルマは、なんと〇〇〇〇がないんです!その詳しい様子をレポートします。

世界の中心NYに行ってみよう

2016-10-16 11:30

皆さんが思っているより安くいけるニューヨーク。 リケジョカフェスタッフが行ったNY旅行についてレポートします!

コカコーラ・イーストジャパン 多摩工場を見学しました!

2016-10-03 21:30

私の大好きなコカコーラ 工場見学ができると聞き早速予約して行ってきました! その内容とは・・・

1

日本精工(NSK)とは何をつくって、どんなことをしているの?皆さんの疑問を解決します!

ベアリング(軸受)の国内第1位、世界第3位のシェアを誇る、日本精工 (NSK)を企業訪問し取材してきました。 この取材を通して、少し詳しくなったので、ベアリングの魅力、日本精工 (NSK)の魅力について、皆さんわかりやすくお伝したいと思います。

2017-10-06 14:33

2

「亀田の柿の種」「ハッピーターン」でおなじみの亀田製菓様に企業訪問&工場見学に行ってきました!

理系女子が行く企業訪問シリーズ 誰もが知っている食品メーカである亀田製菓様に企業訪問しました。 亀田製菓様のこと、柿の種工場見学や、お米研究所、理系女子の先輩インタビューなど盛りだくさんの内容です!

2017-03-02 15:00

3

化粧品会社の研究職ってどんな仕事?仕事内容とやりがい、就職する方法を解説します!

華やかでかっこいいイメージのある化粧品会社の研究職は、理系女子学生を中心に大変人気のある職種です。 本記事では、化粧品会社の研究職に就きたいと思っている人のために、その仕事内容やなり方を紹介していきます。化粧品業界に興味のある理系女子学生さんはぜひ参考にしてください!

2020-01-06 12:32

4
5

カテゴリー

記事検索

新着記事

Facebookページ

Twitter

19卒2018卒2018卒採用情報20卒21 卒21卒MRNEWSNSKワーナーTEMONA株式会社おすすめアサヒグループイベントイベントレポートイリソ電子工業インターンシップエンジニアキャリアクラシエフーズグローバルウェーハズジャパンコラムコンチネンタルコンチネンタル・ジャパンコンチネンタル・ジャパンコンチネンタルシーメンスジヤトコ株式会社ジョンソン・エンド・ジョンソンタツミプランニングダッソーダッソー・システムズ株式会社デンソートビタテ!JAPANトビタテ!留学JAPAN 日本代表プログラムノケジョパソコンパナソニック株式会社マイクロン亀田製菓仕事研究企業取材企業記事企業訪問企業説明会会社訪問会社説明会先輩インタビュー募集中の募集中のイベント募集中のイベント募集中のインターンシップ募集中のベント化粧品業界北海道大学医療技術者半導体取材スタッフ募集取材参加者募集大学取材大学生活大成建設就活就活体験記工場見学工学系市光工業応用微生物学感謝祭日本TI日本テキサス・インスツルメンツ合同会社日本マイクロソフト株式会社日本ミシュランタイヤ日本科学未来館日本精工日本総合研究所日産自動車曙ブレーキ工業株式会社リコー毛用品業界活動レポート海外留学理系イベント理系サークル・学生団体理系女子理系女子おすすめスポット理系女子イベント理系学生理系学生団体理系留学生命資源学類留学研究室研究室取材研究留学研究開発職社員インタビュー筑波大学職種研究自動車部品メーカ英会話記事読売新聞東京本社農学部過去のイベント過去のインターンシップ過去の採用情報韓国旅行