未来はバイオテクノロジーが作る時代。あなたのアイデアがワンクリックで事業化できる!?

ワンクリックで事業化できる「One Click Venture」とは

バイオ系学生団体 Life-science Initiative Program実行委員会(LIP実行委員会)さんが立ち上げた

新たな社会の先導者を募集し、実現までサポートしていくプログラムです。

専用Webフォームに簡単な情報を記入し、ワンクリックするだけで専門家やアドバイザーからのフィードバックを必ず受けられるシステムになっています。

 

みなさんの中には「バイオテクノロジー」って聞いたことはあるけれど何だろう?という方多いと思います。

そこで、「バイオテクノロジー」について LIP実行委員会のメンバー「みゆ」さんに、解説していただきます

 

LIP実行委員会

 

こんにちは。LIP実行委員会の「みゆ」です。
私たちはバイオテクノロジーを活用して社会で活躍できる人材の輩出を目的に活動している学生団体です。

バイオ分野で活躍できる人材を輩出するには、まずは多くの人に「バイオ」という分野に興味を持ってもらう必要があります。
そこで、LIP実行委員会では、特に学生をターゲットにしてバイオ分野に興味を持ってもらえるようなイベントを複数回実施しています。

今回こちらで、「バイオ」とはどんな分野であるのかを広くご紹介させて頂きます! 

 

バイオとは?

 

バイオ分野」は一言で表すのは簡単ですが、実は複数の学問にまたがっている分野になります。
例えば、医学・薬学・農学・生命科学などにまたがっており、実は私たちの生活に深く根ざした分野になっています。
これら複数の学問を利用して生まれる技術がいわゆる「バイオテクノロジー」と呼ばれるものになります。

また、「バイオテクノロジー」は1つの学問のみを利用して生まれる先端技術だけではなく、農学と生命科学のように複数の学問を融合させた画期的な技術も多く存在しています。

バイオテクノロジーとは
「バイオロジー(生物学)」と「テクノロジー(技術)」の合成語です。生物の持つ能力や性質を上手に利用し、「生きる(健康・医療)」、「 食べる(食料・農林水産)」、「くらす(環境・エネルギー)」といった人間の生活や、環境保全に役立せる、人類に欠かせない技術です。「バイオテクノロジー」という言葉が生まれる前から人類の生活に利用されてきました。

出典:みんなのバイオ学園  http://www.jba.or.jp/top/bioschool/index.html 

 

バイオテクノロジーはこんなところで活用されている!

 

iPs細胞

 

出典 京都大学 iPs 細胞研究所CiRA

 

身近なバイオテクノロジーの例としては、数年前に発明されたiPS細胞が医学分野のバイオテクノロジーとして代表的なものになりつつあります。

 

つい先日も、iPS細胞を利用して網膜を作成したという研究結果が報告されており、臨床での応用研究が進められています。

 

バイオ燃料