catch-img

【仕事紹介】エネルギー開発で活躍する技術者「生産エンジニア編」

生産エンジニアってなにをしてるの?

石油・天然ガスの開発事業では、油ガス田を発見し、井戸を掘り、生産設備を設計・建設した後にようやく石油・天然ガスを生産し、消費者の元に届けることができます。この生産フェーズにおいて生産エンジニア(production engineer)は石油・天然ガスの「生産」をおこなっており、コスパ良く最大限生産継続することに挑んでいます。


石油・天然ガスをコスパ良く最大限生産するには、生産エンジニアは生産システム全体を理解する必要があります。生産システムは図にあるように地下深部の油層、地上の坑井(コウセイと読み、井戸のことです)、坑口装置、フローライン、プラントなど複数の要素から構成されています。石油・天然ガスといった流体の性状や坑井内・プラント内の各機器の仕組み等を理解し、生産量を最大化するための障害となっている原因を特定し、それに対処する方針を検討します。



出典:Boyun Guo (2007) “Petroleum Production Engineering A Computer-Assisted Approach”



石油や天然ガスを生産する井戸といっても、自噴しているもの、減退しているもの、トラブルなどで生産停止中のものなど様々です。生産エンジニアは、そんな井戸の管理をしています。トラブルで生産停止している井戸に対して、対策を考え、資機材を揃え、作業計画を立て実行します。減退している井戸に対しては、しばしば人工採油法という手法により、井戸のなかにポンプを設置して生産をおこないますが、それら手法の選定、設置、その後の生産管理なども行います。



人工採油法の一つであるポンピングユニット


他には、井戸やプラントの保守点検のためのシャットダウン計画を最適化することにより、効率的な運転を行います。井戸やプラントなどでは多くの点検項目があり、中には機器の停止を伴うものがあります。それら停止タイミング、期間などを適切に準備・計画することで、計画停止による生産ロスを最小化し、ひいては安定的に高水準の生産量を維持できます。


オフィスだけでなく生産現場での勤務もあります

生産エンジニアはオフィスで検討するのみでなく、現場作業に計画責任者として立ち合う場面もあります。自身が立てた作業計画に基づき適切に準備・作業が行われているかをチェックし、もし計画外のことが発生した際にはそれに対応します。そのため、井戸やプラントといった「現場」に心も体も近いところでやる仕事です。実際に作業着を着て現場に立ち、仲間たちと汗水を垂らしてエネルギーの安定供給というミッションに取り組むことができます。これまで会社の仲間たちが積み上げてきた開発計画を、石油・天然ガスという製品を世に送り出すという「生産」という形で現実にすることができます

Technology photo created by jcomp - www.freepik.com


石油・天然ガスの知識は入社後にイチから学べます

理系の大学・大学院で石油・天然ガス開発の地下のことから地上の設備まで広く学ぶことはほとんど無いと思います。しかし、生産エンジニアに上述した専門知識が必要なため、入社後すぐに専門別の座学研修および生産現場での研修を受けます。油層、掘削、プロセスプラントのことについて勉強したことがない人ばかりなので、理学・工学のバックグランドがあれば初心者でも充分に知識を身につけることができます。


最後にリケジョのみなさんへ

自分の専門分野と違うけど技術職につきたい、最前線の現場でも仕事をしてみたい、エネルギーの安定供給を肌で感じたいなどなど、きっかけは様々だとおもいます。ちょっとでもエネルギー開発業界や生産エンジニアに興味を持っていただけたら嬉しいです。

INPEXの新卒採用情報はこちら

株式会社INPEX

株式会社INPEX

INPEXは世界をフィールドとする日本のリーディングエネルギーカンパニーです。 2050年ネットゼロカーボン社会の実現に向けて、石油・天然ガスの開発・安定供給の責任を果たしつつ、再生可能/新エネルギーの開発に積極的に取り組んでいます。 エネルギーの未来に応えるため、地球スケールの挑戦を続けています。

関連記事

エネルギー業界に興味のある理系学生は要チェック!   株式会社INPEX 採用Youtubeチャンネル開設しました!!

2021-10-25 00:00

INPEXは国内外においてエネルギーの開発・生産・供給を持続可能な形で実現することを通じて、より豊かな社会づくりに貢献しています。最近は再生可能エネルギーにも力をいれており、ネットゼロカーボン社会に向けた取り組みを強化しております。 …と、エネルギー業界の意義や仕事を動画でわかりやすく皆さんにお伝えしたい!そんな思いから「INPEX採用チャンネル」を開設いたしました!

エネルギー業界に興味のある理系学生歓迎!!  株式会社INPEX仕事研究セミナー情報

2021-10-18 00:00

INPEXは国内外においてエネルギーの開発・生産・供給を持続可能な形で実現することを通じて、より豊かな社会づくりに貢献しています。最近は再生可能エネルギーにも力をいれており、ネットゼロカーボン社会に向けた取り組みを強化しております。エネルギーの安定供給とネットゼロカーボン社会実現に向けてINPEXの技術者・エンジニアの取り組みを体感できるコンテンツを準備しています。

【仕事紹介】エネルギー開発で活躍する技術者「生産エンジニア編」

2021-10-11 00:00

生産エンジニアってなにをしてるの? 石油・天然ガスの開発事業では、油ガス田を発見し、井戸を掘り、生産設備を設計・建設した後にようやく石油・天然ガスを生産し、消費者の元に届けることができます。この生産フェーズにおいて生産エンジニア(production engineer)は石油・天然ガスの「生産」をおこなっており、コスパ良く最大限生産継続することに挑んでいます。

【仕事紹介】エネルギー開発で活躍する技術者「掘削編」

2021-10-04 16:00

今回の【仕事紹介】シリーズでは当社で活躍している技術者に焦点を当て、それぞれの役割について紹介していきます。 第一弾は地下のエネルギー資源を生産する「坑井(こうせい)」と呼ばれる井戸の掘削作業を担う掘削技術者です。

INPEX 水素・CCUS事業開発室で働くエンジニアにインタビュー、仕事内容やキャリア、やりがいとは?

2021-09-27 08:17

INPEXに新設された水素・CCUS事業開発室、そこでは未知の分野にエンジニアとしてチャレンジする姿がありました。実際に働く社員の方はどのようなキャリアや経験を経て今の事業に携わっているのか、入社理由ややりがいについてインタビューしました。

ネットゼロカーボン社会を目指して新設された INPEXの水素・CCUS事業開発室とは?

2021-09-20 13:28

IINPEXは、エネルギーの安定供給をミッションとして掲げるエネルギー開発企業です。最近では、地熱や風力などの再生可能エネルギー事業をはじめ、水素・CCUS事業も展開しています。 今回は、そんなINPEXの仕事や働き方を知るため、社員の方に気になる疑問をインタビューしてきました! 早速、INPEXの水素・CCUS事業について解説していきます。エネルギー問題に関心がある理系女子の方は、ぜひ参考にしてみてください。

エネルギーの未来に応えるリーディングカンパニー!INPEXの事業や仕事内容を徹底解説

2021-09-08 14:49

「エネルギーに新しい風」 をテーマに、国内・海外でエネルギー資源の開発・供給を担うINPEXは、グローバルな環境で働くチャンスに恵まれた企業です。最近では再生可能エネルギーの分野にも取り組み、さらなる躍進が期待されています。今回はINPEXの事業や具体的な仕事内容などを紹介します。

【紹介】エネルギー(石油・天然ガス)開発とは?

2021-06-21 09:18

理系女子の皆さん、地下深くに眠っている石油や天然ガスがどのように汲み出されて、消費者まで運ばれるかご存じですか? 石油や天然ガスの多くは、中東諸国など主要産油ガス国において地下数千メートルの深さに偏在しています。

エネルギー開発業界の概要を学べる 理系学生歓迎サマーインターンシップ

2021-06-02 23:32

株式会社INPEXは世界をフィールドとする日本のエネルギー開発のリーディングカンパニーです。 今回募集するのは、ネットゼロカーボン社会に向けた取り組みを含め、エネルギー開発業務の理解を深めることができるインターンシップ。 社会の基盤であるエネルギーのことを一緒に考えましょう!!

RIKEJO CAFE学生会員募集

RIEKJO CAFEは学生参加型の理系女子大学生・院生のコミュニティです。

コミュニティには2種類の学生会員がございます。現在約500名の会員コミュニティに成長しました。

RIKEJO CAFEでは新規の学生会員さんを随時募集いたしております。ご参加お待ちいたしております!
詳しくは ↓↓

RIKEJO CAFE 新着記事