世界に1つしかない直径6メートルの地球ディスプレイに映し出すコンテンツを作ろう。@日本科学未来館「Picture Happiness on Earth」参加者募集中

この夏理系女子学生におすすめのワークショップが日本科学未来館で開かれます。

13~18歳までの女子であれば、無料で参加できます。

応募締切は7月19日(火)まで お早目にお申込みください

 

 

サマーワークショップ「Picture Happiness on Earth」とは?

「Picture Happiness on Earth」は、「幸せってなんだろう?」をテーマに、アジア・太平洋地域のこどもたちと、日本の女子中高生がコラボレーションし、世界に1つしかない直径6メートルの地球ディスプレイ「ジオ・コスモス」(※1)に映し出すコンテンツをつくりあげるワークショップです。

また11月にはその成果の発表を行います。

今世紀末には世界の人口は100億人に達するといわれています。100億人が「幸せ」に暮らす未来を実現するために、いったい何が必要なのでしょうか?

 

本ワークショップでは、科学データを使った論理的な考え方、伝え方を通して、参加者のみなさんがお互いの価値観を共有し、100億人が暮らす地球の幸せのかたちを一緒に探っていきます。

 

イベント概要

タ イ ト ル  サマーワークショップ「Picture Happiness on Earth」

開催日時  ワークショップ

[日程A] 2016 年8 月19 日(金)、20 日(土)、27 日(土)各日10:00~18:00
[日程B] 2016 年8 月19 日(金)、21 日(日)、28 日(日)各日10:00~18:00
[日程C] 2016 年8 月19 日(金)、22 日(月)、29 日(月)各日10:00~18:00

プレゼンテーション 

2016 年11 月19 日(土)、20 日(日)(全日程共通) 

定  員      90 名程度(先着順)

対  象      中学生・高校生、もしくは 13~18 歳の女子(※2)

応募方法      下記URL から応募フォームに必要事項を入力の上、応募ください。 

料  金      無料 (ただし、会場への交通費や昼食代など、参加に要する費用は各自のご負担となります。)

申込締切      2016 年7 月19 日(火)24:00 

会  場      日本科学未来館(東京都江東区青海2-3-6)

主  催      日本科学未来館 

協  賛       ブルームバーグL.P.

詳細URL      http://www.miraikan.jst.go.jp/info/1606021220044.html

 

■申し込みに関するお問合せ先

日本科学未来館
「Picture Happiness on Earth」担当
summerworkshop@miraikan.jst.go.jp


講師の紹介

 信一(オムニバスジャパン株式会社ディレクター/モーショングラフィックアーティスト)

モーョングラフィックのみならず、CG や音楽をトータルに演出し、映像を制作。大型映像や、球体に映し出す映像の制作を得意とし、未来館の地球ディスプレイ「ジオ・コスモス」のコンテンツ「軌跡~The Movement」のディレクションや、3D ドームシアター「9 次元からきた男」のビジュアル・ディレクターを担当。アメリカ放送デザイン賞promaxBDA(2008 年)、文化庁メディア芸術祭(2007 年、2009 年)を受賞。本ワークショップでは、球体映像の演出などについてレクチャーを担当する。 

 

鳴川 肇(慶應義塾大学SFC 環境情報学部准教授) 

模型による立体幾何学的検証を軸に、社会のニーズにどう応用できるかを探求。美術、デザイン、エンジニアリングなど、幅広い分野にわたり活動を展開している。

1999 年、面積比をほぼ等しく表現できる新たな世界地図「オーサグラフ」を考案。未来館の地球ディスプレイ「ジオ・コスモス」や「ジオ・パレット」「ジオ・スコープ」でも採用され、その基本設計、実施監修を担当した。本ワークショップでは、球体をいかに平面化するか、幾何学の楽しさと奥深さについてレクチャーを担当する。