catch-img

【コンチネンタル・ジャパン 設立20周年】 J.DRIVEプログラム立上げメンバーが語るコンチネンタル・ジャパンの成長と新卒採用への想い

今年2020年12月、コンチネンタル・ジャパンは国内にて設立20周年を迎えました。20年前に日清紡とアルフレッドテーベス社が日韓の合弁事業に合意し、コンティネンタル・テーベス株式会社が立ち上がりました。その後、ドイツ本社側での複数事業の吸収合併により国内ビジネスも成長し、今では自動運転技術とその他さまざまな技術ソリューションを国内カーメーカーへ提供し続けています。今回は、コンチネンタル・ジャパンの20年間の歴史と発展と共にキャリアを積み、次世代エンジニア育成プログラムであるJ.DRIVEプログラムの立上げメンバーでもある、Shintaro K.氏に、自動車業界の変革、コンチネンタル・ジャパンの成長、J.DRIVEプログラムへの想いなどを語ってもらいました。

(2020年12月中旬現在)


Shintaro K. / パッシブセーフティ・センソリックス事業部 日本事業統括

豊橋技術科学大学大学院エネルギー工学科修了後、ブレーキシステムの設計担当者として日清紡へ入社。コンチネンタル本社との技術協業のためにエンジニアとしてドイツ赴任を経験し、アルフレッドテーベス社との合弁事業のコンティネンタル・テーベス社設立に伴い日本へ帰国。その後は様々なブレーキ技術開発に携わり、コンチネンタル独自のカイゼン活動推進部長と豊田市にあるエンジニアリングセンター長としての経験を経て、現在はパッシブセーフティ・センソリックス(PSS)事業部にて日本の事業を統括。


Q. 学生時代の就職活動状況と、就職先を決めるまでのことを教えてください。 

学生時代の私は、クルマだけではなくバイクも好きだったので、就職先としては自動車系のみならず二輪車系の技術を展開している企業も検討していました。現在外資系に勤務している今の立場からはおかしく聞こえますが、当時は日系企業での就職を希望していて、日清紡ではクルマのABS(Anti-lock Braking System)開発をゼロから携わることが出来ることを知り、その業務への面白さとエンジニアとしての能力を高められると感じましたので入社を決めました。


Q. 入社から今までの間で感じてきたコンチネンタルの成長について教えてください。

クルマ技術は4―5年おきに発展していますが、コンチネンタルはその変化と共に、特に安全性機能に関する技術力を高めていき、各時代に合った最適なソリューションをモビリティ社会へ提供し続けてきました。ドイツ発信とはいえ、今までにその高い技術力は国内含めほとんどのカーメーカーに受け入れられ、昨今では当社のADAS(Advanced Driver Assistant System・先進運転支援システム)を搭載したレーダー、センサー、カメラなどの製品群と共に、自動運転技術の更なる発展へ貢献していますので、コンチネンタルの技術力の凄さを感じますね。 


Q. コンチネンタル・ジャパン設立からの20年間について、印象に残っている企業しての変化や進歩について教えてください。

コンチネンタルの日本拠点として、この20年の間でビジネスの成長と新規人財の採用スピードは目まぐるしいもので、横浜市内にエンジニアリングセンターを設立してからはそのスピードが増しましたね。また、国内のお客さまの各拠点にオフィスを構え、国内2ヶ所目のエンジニアリングセンターを豊田市に設立したリと、お客さまへより円滑に技術的ソリューションを提供出来るようになりました。コンチネンタル・ジャパンは、外資として本社の出先という位置付けではなく、国内で仕事を作ることがビジネスミッションとなっていますので、私たちもグローバルビジネスの中で、非常に重要な役割を担っています。 

また、その成長と共に職場環境も変化していき、今では国際的ダイバーシティにあふれるグローバルな雰囲気を持ち、異なるバックグランドをもつ人財が同じ場所で共通の目標を目指し協力し合いながら働いています。今では人事評価システムもグローバルで統一化されていますので、海外との人事異動も盛んになっています。国内にはこういった取り組みをしている企業はなかなかないと思いますが、コンチネンタルの組織では今後も更にダイバーシティが進んでいくことが想定されますので、多くの日本人エンジニアがグローバルで活躍するチャンスも増えいくかと思います。


Q. J.DRIVEプログラムの立ち上げメンバーの一人として、その背景と想いを聞かせて下さい。

私は以前より、即戦力の中途採用人財だけではなく、会社と共に成長していき中・長期的に活躍でき若手人財を育成していくことができれば、コンチネンタル・ジャパンはより強い組織になるだろうと考えていました。

J.DRIVEプログラムは、そういった想いと、元々コンチネンタル本社で展開されている幹部候補生を育成する“DRIVE”というトレーニングプログラムを見本に、日本版の次世代エンジニア育成プログラムとして立ち上げました。このプログラム名は、日本版DRIVEコースということで、Japanの”J”を頭につけて“J.DRIVE“という名前にしました。 

この育成プログラムを立ち上げてから早5年が経ちましたが、立ち上げ当初に採用した新卒新入社員の中には既にリーダー格としての才能を開花させている若手人財もいますので、非常に喜ばしいことです。 私は現在、最終面接官としてJ.DRIVEメンバーの採用活動には関わっているのですが、面接では、未来のモビリティ社会実現に向けて、クルマ技術の更なる進歩へ貢献することへ情熱を持つ学生とお会い出来ることを期待していますね。


Q. コンチネンタル・ジャパンの社風に適する人財にはどうような特徴がありますか? 

先ずは、バイタリティがあることですね。バイタリティ溢れる人財であれば、業務の中でのいくつかのチャンスを自分で発掘できますし、何より周囲からのサポートも受けやすく、自分自身も成長を加速させることが出来ます。そのバイタリティを高めるために必要な高い知的好奇心も重要な要素で、それらを持つ人財は、国内だけではなくグローバルでの活躍が望めると思います。

また、社内外問わず、自分で得た知識、経験、そして意見を、自分の言葉でわかりやすく周囲へ伝えることが出来る方は、当社の職場環境にてスムーズに仕事を進めていけると思います。実際に、当社では、そういったコミュニケーションスタイルを持つ社員の多くが活躍しています。


Q. 最後に、学生へのメッセージをお願します。

皆さんが就職先を検討される際には、企業に対して各々注目される点があるかと思います。その中で、将来的にグローバル市場で活躍し、様々な文化的背景を持つ同僚と切磋琢磨する職場環境を望まれる方にとっては、コンチネンタル・ジャパンの社風や職場環境はフィットすると思います。私が入社してから長い年月が経ち、自動車業界の変化と共に、コンチネンタルは国内においても国境に関係なく仕事をすることが出来る環境が整いましたので、仕事のしやすさを感じることが出来ると思います。

(2020年12月中旬現在)



最新会社説明会情報

コロナウイルス感染症への対策として、会社説明会をWeb上にて実施いたします。

弊社指定のWeb会議システムをご利用いただきますが、会社説明会へご予約

頂いた方へ説明会前日にシステム上より招待メールをお送りします。

企業説明やエンジニアとの座談会を通じて、自動車業界やグローバルに活躍するコンチネンタルのエンジニアについて詳しく知る機会となっております!

自動車業界に興味のある方、世界的な自動車部品サプライヤーやグローバルな環境で働くエンジニアに興味のある方は、是非コンチネンタル会社説明会へご参加下さい!!

コンチネンタル 会社説明会 ※理系学生向

 

■会社説明

 自動車業界の基本情報を押さえつつ、コンチネンタルの業界での位置づけや

 特徴、他社にはない魅力などについてお話しします。 

 また、幅広い事業領域やグローバルな環境で活躍するエンジニアの働き方など

 についても詳しくご説明します。

 

■新人育成プログラム”J.DRIVEプログラム”紹介

 コンチネンタル・ジャパン独自の新人育成プログラムについてご紹介します。

 他社にはない、当社オリジナルのトレーニングプログラムです!

 

■エンジニアとの座談会

 若手を中心とした、コンチネンタル エンジニアとの座談会です。

 どのようなトレーニングを受け、どのような業務を担当しているのか、

 また、仕事環境はどういったものなのかなど、ざっくばらんにお話し頂けます。

関連記事

【コンチネンタル・ジャパン 新卒採用情報】 10月1日 フルリモート内定式開催

2021-10-15 18:23

コンチネンタル・ジャパンは、10月1日に2022年4月入社の新卒新入社員向けに内定式を開催しました。  今までは対面で開催されてきた式典ですが、今年は、コロナウィルス感染対策として初のフルリモート体制で行いました。

【自動運転 - 最先端技術 Vol.2】 自動運転車両公道走行テストの全体像

2021-09-09 13:48

コンチネンタル・ジャパンは、内閣府が推進する「戦略的イノベーション創造プログラム (SIP) 自動運転(システムとサービスの拡張)」の東京臨海部実証実験に参加し、乗用車タイプと近未来の完全無人運転車両を想定したバスタイプの試験車両の計2台の車両を使って臨海副都心地域の一般道で自動運転技術や、将来的な検討課題の検証を行いました。プロジェクトメンバーは経験豊富なシニアエンジニアのみならず、若手エンジニアも参加しており、コンチネンタルの多くのエンジニアたちの世界レベルでのチームワークがプロジェクトの成功をもたらしました。

【コンチネンタル・ジャパン】テクノロジー×ダイバーシティ インタビュー 外国人事業部トップ×女性エンジニア対談

2021-08-30 17:11

コンチネンタル・ジャパンではジェンダーギャップの撤廃やダイバーシティのある社内環境の構築に取り組んでいます。油圧制御ブレーキシステム(Hydraulic Brake Systems, 以下HBS)を扱うHBS事業部では、多くの女性エンジニアが活躍しており、チーム内でのダイバーシティ、そしてジェンダーやナショナリティーなどが多様なコンチネンタルの社風について語ってもらいました。

【2023年度新卒向け】 夏季インターンシップ(未然防止設計)開催 社員インタビュー

2021-08-27 18:17

コンチネンタル・ジャパンでは2023年新卒対象者向けに2021年8月および9月に夏季インターンシップを実施いたします。今回は過去のインターンシップ参加者と営業担当の社員に、参加時の印象や、実際の業務における品質の重要性などについてインタビューしました。

【自動運転 - 最先端技術】 東京での自動運転車両公道走行テスト成功の軌跡

2021-07-02 12:22

コンチネンタルでは、グローバル市場にて次世代モビリティ実現のために様々なバックグランドを持つエンジニアが活躍しています。次世代モビリティ技術が実際の車両に搭載され、多くのドライバーが正しくそれらの技術を活用できるようにするためには、多くのプロセスを必要としますが、自動運転技術といった新たなコンセプトにおいては、車両の外にいる他の交通参加者への影響なども考慮しながら各国の道路環境状況に適したシステムを開発することが求められます。国内では、自治体の自動運転実証実験プロジェクトへの参加機会などを活用しながら試験車両による公道走行テストを行っています。今回は、J.DRIVEプログラムを経て自動運転技術開発に携わっているエンジニアを含め、自動運転技術開発チームにて活躍するエンジニア4名に最近まで行っていた公道走行テストに関するストーリ―を取材してきましたので、将来的に自動運転技術に関わっていきたい学生の皆さんだけではなく、その最先端技術に関心をお持ちの方にはぜひお読みいただきたいコンテンツです!