catch-img

【連載】国家公務員《技術系》職員が携わる業務を紹介します③

 シリーズでお届けしている国家公務員の技術系職員が携わる業務について、今回は厚生労働省の医薬品分野の業務を紹介します。


厚生労働省 Ministry of Health, Labour and Welfare

 厚生労働省の薬系技術職員は、薬学、化学、生物学等の知識を背景にして、安全・安心な医薬品を世に出すための承認審査や安全対策に係る制度、薬剤師・薬局が活躍できる制度等の企画・立案をはじめとした薬事行政分野のみならず、医療分野、研究開発分野、食品安全分野、化学物質規制など、約2年程度で部署異動を繰り返しながら、様々な業務に携わることになります。薬系技術職員が担う業務は、いずれも国民の生活に影響を与える責任の重いものですが、自分の専門的な知識を活かしながら、ここでしかできない貴重な経験ができます。


職員に聞く
「最新の科学を社会に実装するために」

 今般の新型コロナウイルス感染症では、ワクチンや治療薬の開発が世界中の一大関心事となりました。我々の生活に占める医薬品のウェイトは大きいものだと再認識しました。

 特にワクチンは感染症の蔓延から1年足らずで開発されました。これまでの常識からは考えられないスピードです。こうした世界のスピードから遅れずに、世界に先駆けられるよう、国内外の医薬品の開発状況を注視し、開発のボトルネックを追究し、アカデミアや企業による開発を一緒に伴走しながら支援する業務を行っています。また、開発が進みにくい希少疾病に対する医薬品の支援も重要です。

 こうした医薬品などを早く国民の皆様にお届けできるよう、日々邁進できることが醍醐味です。

※記載された役職・業務内容は執筆時のものです。


〇厚生労働省(薬系技術職員)の採用情報はこちら

内閣人事局Career Guide

内閣人事局Career Guide

「国家公務員」と聞いて、どのようなことを思い浮かべますか。 国家公務員の仕事は、医療や教育など暮らしに身近な分野から、国の財政運営・産業振興、外交・防衛まで、世の中のありとあらゆることと関わっています。 国家公務員の活躍のフィールドは幅広く、様々な専門性を生かせる場があります。子育てと両立しながら活躍するリケジョも多くいます。 「いま」を守り、「未来」をつくる。 自分、ではなく、みんなのために。 それが、国家公務員という生き方です。

RIKEJO CAFE学生会員募集

RIEKJO CAFEは学生参加型の理系女子大学生・院生のコミュニティです。

コミュニティには2種類の学生会員がございます。現在約500名の会員コミュニティに成長しました。

RIKEJO CAFEでは新規の学生会員さんを随時募集いたしております。ご参加お待ちいたしております!

人事採用担当者の方

RIKEJO CAFEでは法人会員のサービスをご用意しております。

新着記事