【外務省】日本そして世界の 平和と安全と繁栄のため 守るべきものは情報


松原祐衣子 平成30年入省


外務省の情報通信基盤を支える...

 私たちが今、当たり前のように恩恵を受けている平和や安全や豊かさは、世界の国々・地域との安定した関係なしには成り立ちません。外務省は、日本と、そして世界の平和と安全と繁栄を実現するために、世界に展開する在外公館を通じて、様々な外交活動に日夜取り組んでいます。

 私が所属する情報通信課では、世界各国で外交活動の拠点である在外公館と外務本省との間でやり取りされる情報を安心、安全、確実に送受できるよう、システムの開発やサポートを行っています。

 国際舞台での日本の活躍がますます期待される中、その外交基盤のひとつである外交情報通信分野を、より強固なものにし、更には巧妙化するサイバー攻撃から情報を守ることが、私たち情報通信課の使命です。


世界で活躍するリケジョ

 外務省と聞いて通信分野の業務や理系の採用枠があることはあまり知られていないと思います。私も就職活動をするまでは知りませんでした。大学在学中に各省の「電気・電子・情報」分野での採用情報を調べていたところ、外務省の情報通信課で採用枠があることを知り説明会に行きました。そこで、情報通信課は外務省や世界各国の在外公館で扱う情報を安全にやりとりするための通信インフラを支えている課という説明を受けました。学生時代は情報系を専攻していたことや語学の勉強が好きだったため、業務内容や海外での勤務に興味を持ち志望しました。


最新の技術を学ぶため、現在、外部の教育機関で研修中

 私は今、外部の教育機関で研修を行っています。情報通信や情報セキュリティ技術について学んでいます。この研修では、これまでの業務経験等を通して興味のある分野や今後業務につながるような技術について、一年かけてじっくり取り組むことができます。

 研修に行く前の1年間は、外交通信ネットワークの開発や運用を扱う業務に携わっていました。このネットワークを通して、外務省と在外公館は、相手国との交渉結果、その国の政治・経済情勢、在留邦人保護などの情報のやり取りを行っています。 世界各国の電力や通信インフラ事情を考慮しつつ、安全で途切れることなく安定して稼働するネットワークを提供しなければなりません。まだ業務経験が浅いのですが、このような責任感のある業務に関わることができ、緊張感もありますがやりがいのある仕事と感じています。

 入省直後の2年間は、外務職員の給与や人事データを扱う官房業務システムの開発や運用を行う業務を担当していました。その時は会計課や人事課といった本省内の職員と仕事を進めることが多かったですが、その後課の中で別の業務を担当し、そこでは在外公館の職員とのやり取りが主になり、初めは在外公館の名前を覚えることも一苦労でした。そのような中で日頃から柔軟性を持って取り組むことを心がけるようになりました。情報通信課には、通信インフラ整備、セキュリティ対策や啓蒙活動、会計や人事の官房システムといったさまざま業務がありますが、どれもサービスを提供する側です。柔軟性を持ち、利用者側とサービスを提供する側両方の目線から考えることができるようになることで、よりよいサービスを作り提供していくことにつながるのだと感じました。



将来は海外勤務で世界にはばたくことに

 さて話は変わりますが、世界には約250の在外公館と呼ばれる大使館、総領事館や領事事務所があります。ということは、霞ヶ関だけでなく250公館のどこかで勤務する機会があるということです。私はまだ海外での勤務経験はありませんが、在外公館の職員や先輩の話を聞くととてもワクワクします。


理系のあなたの技術が外交を支える

 先輩の中には大学の専攻が情報系でなく、機械系や物理系等だった人もいます。入省後に各種研修がありますので、専門分野が異なる方や語学力が心配な方もぜひ興味を持っていただきたいです!

内閣人事局Career Guide

内閣人事局Career Guide

「国家公務員」と聞いて、どのようなことを思い浮かべますか。 国家公務員の仕事は、医療や教育など暮らしに身近な分野から、国の財政運営・産業振興、外交・防衛まで、世の中のありとあらゆることと関わっています。 国家公務員の活躍のフィールドは幅広く、様々な専門性を生かせる場があります。子育てと両立しながら活躍するリケジョも多くいます。 「いま」を守り、「未来」をつくる。 自分、ではなく、みんなのために。 それが、国家公務員という生き方です。

関連記事

男性国家公務員の育児に伴う休暇・休業の取得状況

2021-09-08 16:08

子育てしやすい環境づくりは重要な課題です。 男性の育児・家事への参画促進は、男性自身の仕事と生活の両立のみならず、女性の活躍促進、ひいては、少子化対策の観点からも極めて重要です。 令和2年度から、子どもが生まれた全ての男性職員が1か月以上を目途に育児に伴う休暇・休業を取得できることを目指し、政府一丸となって、取組を進めています。 今回は、男性国家公務員の育児に伴う休暇・休業の取得状況をお知らせします。

【9月25日(土)オンライン開催】内閣人事局主催 国家公務員1DAY

2021-08-24 17:04

本イベントは、国家公務員の仕事やキャリアについて知ってもらうためのオンラインイベントです。  国家公務員の仕事、働き方、キャリアなどについて、1日に多くの府省等の職員の話が聞けるチャンスです。学年不問です!  国家公務員を真剣に目指す方も、興味はあるけどまだよく分からない方も、「明日の日本を創り支える仕事」に少しでも興味がある方は是非御覧下さい。

【外務省】日本そして世界の 平和と安全と繁栄のため 守るべきものは情報

2021-08-16 09:44

私たちが今、当たり前のように恩恵を受けている平和や安全や豊かさは、世界の国々・地域との安定した関係なしには成り立ちません。外務省は、日本と、そして世界の平和と安全と繁栄を実現するために、世界に展開する在外公館を通じて、様々な外交活動に日夜取り組んでいます。

育休体験記〜最近流行ってるから育休取ってみた。

2021-07-15 11:54

本稿は、男性国家公務員の育休取得推進の旗を振る内閣⼈事局に所属する参事官補佐が2020年7⽉の第⼀⼦誕⽣に当たり実際に育休を取得した際の経験や感じたことを⼿拙くまとめたものです。 これから出産・育児を経験することになるであろう未来のパパ・ママたちに、⼀先輩職員の体験談として気楽に読んでもらえればとの思いで筆をとりました。 育休取得期間は計1か⽉程度であり、世に出回る“新⽶パパの育休奮闘記”のような⽴派なものではないので悪しからず。 ※組織・制度に関する⾒解含め全て個⼈の意⾒です。

【紹介】こちら国家公務員!

2021-07-07 17:27

様々な分野で働く国家公務員の紹介コンテンツを公開しました。 これまでとは少し違う角度から国家公務員の世界をのぞいてみませんか?

【特許庁】リケジョにオススメ!全員が理系出身の特許審査官の仕事を紹介します

2021-07-05 14:33

特許庁は何をしているところ?  自然資源の乏しい日本においては、経済発展のために知的財産の有効活用が必要不可欠です。特許庁は、知的財産権のうち、産業財産権(特許権・実用新案権・意匠権・商標権)を所管する、日本で唯一の官庁です。

Twitter

RIKEJO CAFE学生会員募集

RIEKJO CAFEは学生参加型の理系女子大学生・院生のコミュニティです。

コミュニティには2種類の学生会員がございます。現在約500名の会員コミュニティに成長しました。

RIKEJO CAFEでは新規の学生会員さんを随時募集いたしております。ご参加お待ちいたしております!
詳しくは ↓↓

RIKEJO CAFE 新着記事