catch-img

面接の日程が複数ある場合、早めに受けた方が通過率は良い? 【就活生の疑問に採用担当が回答します】

面接の希望日時を聞かれたり、選ぶ場合に早めの方が有利なのかがきになりますよね。就活生の本音的には、準備に時間をかけたり、体験談や口コミなどを参考にできるため、後の日程を選びたいのですが。 優秀な人が前半に集中した場合、合格者数が後半になるにつれて少なくなるのか気になるところです。

そこで、採用担当者に聞いてみました。

質問)面接の日程が複数ある場合、早めに受けた方が通過率は良いのでしょうか。

A:早めに受けた方が通過率が良いこともあります。


面接の日程が複数ある場合、通過のさせ方は企業により異なりますが、当日中にその日の分の合否を判定する場合があります。企業は良いと思った学生を次の面接に進めさせたいので、良いと思った学生から優先的に合格通知を行います。


もし前半の日程で想定以上の学生に合格を出していた場合には、後半の日程では合格の判定がシビアになることも可能性としてはゼロではありません。もちろん、合否の判定は人数だけで決まるものではなく、面接や書類による人物評価で判定するのが大前提です。


しかし、合格者を早めに多く出してしまっている場合には特に合否ライン上の学生にとっては狭き門となることもあります。もし日程を選択できる企業であれば早めの日程を選ぶことをおすすめします。また、予約した面接日までには面接対策を万全にしておきましょう。


つまり「他の就活生よりも早く面接対策を行い早めの日程で面接に臨めれば、通過率を上げることは可能」と言えるのです。



このコーナーでは学生さんからの就活に関する質問を受け付けております。

疑問に思ったことがございましたら、下記のフォームよりお問い合わせください。

一般社団法人理系女子未来創造プロジェクト

一般社団法人理系女子未来創造プロジェクト

RIKEJO CAFEは、理系女子大学生・院生のための学生参加型コミュニティ RIKEJO CAFEでは学年1年生から参加できるイベントや企業取材などを開催し、企業や社会人と接することで、 理系女子学生にキャリアについて考える機会を提供し、理系職種(技術者・研究職)への憧れや理解を得てもらいたいと考え活動しています。


関連記事

参加したいインターンシップの参加条件に該当しない場合 (〇〇卒ではない、専攻が異なるなど)応募を諦めるべき?

2021-08-12 15:28

忙しい理系学生にとって、夏休みや冬休みの長期休暇はインターンシップに参加できる貴重な期間です。 しかし、いざ院生になり研究が本格的に始まってしまうと、実験や学会の準備などのため研究室に行かなくては行けなくなることも多々あります。そこで、学部生のうちにインターンシップを経験したい理系学生さんも多いのではないでしょうか。 インターンシップの募集条件でよく目にするのが 「20〇〇年卒業予定の方」の文字。院進学を予定しているので、卒業はまだ先・・・。こういう時に申込みしてもいいのかどうか迷いますよね。 今回はそんな悩みを持った学生さんからの質問です。

エントリーシート(ES)は締め切りギリギリに提出しても大丈夫? 【就活生の疑問に採用担当が回答します】

2021-07-29 13:51

ESは締め切りよりも早く提出した方が、ギリギリに提出するよりも印象はいいのでしょうか。 その場合、何日前くらいまでに提出すればよいのでしょうか。

RIKEJO CAFE学生会員募集

RIEKJO CAFEは学生参加型の理系女子大学生・院生のコミュニティです。

コミュニティには2種類の学生会員がございます。現在約500名の会員コミュニティに成長しました。

RIKEJO CAFEでは新規の学生会員さんを随時募集いたしております。ご参加お待ちいたしております!
詳しくは ↓↓

RIKEJO CAFE 新着記事