catch-img

【仕事研究】数字を見ることが好きな理系学生におすすめ、市場調査の仕事とは

市場調査というとどんな仕事をイメージしますか?

世の中の動きを分析する、市場調査の仕事を紹介します。

1)仕事内容

「市場調査」の仕事という場合、多くは「マーケティングリサーチ」に携わる仕事、を指すことが多いと思います。


「マーケティングリサーチ」の仕事では、主に、世の中で物がどれくらい売れているかといったFactデータや、消費者の考え方がどうなっているかといった意識レベルのデータを扱い、モノやサービスをさらによくするためにはどうしたらよいか、ということを考えます。


所属する組織によっては、正しいデータの集め方を考えたり、データを元にしたコンサルティングを行ったりするなど、業務のスコープがより広い範囲に及ぶこともあります。

2)一日の仕事のながれ

ここでは、マーケティングリサーチ会社で働く人の、1日の基本的な流れを紹介します。

朝、出社後:1日のタスクの整理


市場調査の仕事は、日々状況が変わるものが多いため、自分がやるべきことを常に整理しておく必要があります。

午前中:チームミーティング


プロジェクトの進捗確認として、主にクライアントに提出する企画書や、報告書の方向性の確認等を行います。

午後:データ分析、報告書等の自身の作業や、お客様訪問等


一方、事業会社で働く場合は、自身で作業をするというよりは、社内のマーケティング部門等の依頼を元に調査やデータ分析の要件をまとめ、ベンダーとなるリサーチ会社に依頼をする業務が中心になります。

3)給与

マーケケティングリサーチ会社で勤務する場合、大きな会社ですと30歳で年収600~800万円、
中小の会社ですと500万円くらいが目安になるかと思います。

また、リサーチ会社ではなく、メーカー等の事業会社側でリサーチャーとして働く場合は、その会社の業界や、日系・外資系の違いによって給与が大きく異なります。


例えば、日経の飲料・食品、化粧品メーカーで働く場合と、外資系の製薬会社で働く場合では、30歳前後の年収でも後者の方が数百万レベル高いことが多いです。

4)主な就職先


前述のとおり、市場調査の仕事をする場合、主に以下の2つの方向性があります。


  1. ベンダー側(主にマーケティングリサーチ会社)
  2. 事業会社側(主にメーカー等)

一般的な考え方としては、①に入って自身の専門性を磨いてから、②を目指す、という場合が多いです。


①ベンダー側(主にマーケティングリサーチ会社)で働く際は下請け側になるので、一般的に②よりもハードワークになり、ワークライフバランスもとりにくくなることが多いです。
若いうちに①ベンダー側(主にマーケティングリサーチ会社)である程度経験を積みながら、自身の適正業界等を検討し、待遇の改善も見込んで②事業会社側(主にメーカー等)を目指すのがよいと思います。

5)どんな知識(スキル)が必要か


基本的に必要とされるのは、以下のスキルです。

  • 数字を見ることが好きであること
  • 調べる対象となる商品に興味を持つこと
  • なぜこうなるのか?という背景を突き詰めて考えることができること

ただし、市場調査の仕事は幅広いため、例えば、クライアントの課題ヒアリングとそれに対する提案能力が高い人には営業の仕事がありますし、
リサーチデータを集める仕組みとして、従来からあるインターネットアンケート、会場でのグループインタビュー等から
ソーシャルデータの分析、オンラインコミュニティ等、多岐に渡りますので、こういった仕組みを作っていくことができる人も必要になります。

グループインタビューやデプスインタビューの際には、モデレーターと呼ばれる、インタビュアーの果たす役割も重要になります。
インタビュー対象者からいかに的確なインサイトを引き出せるか、傾聴力や場を回していくスキルが必要です。

また、あらゆることにアンテナを張り巡らせ、データだけに頼らない納得感の高い示唆を出せることも、
一定レベルのリサーチャーには求められます。

6)キャリアアップについて


まずは、マーケティングリサーチを専業とする会社に勤務し、リサーチ全般の業務を身に着けることが一般的です。
その際に、いろいろな業界のプロジェクトに触れることで、自身の適性を見極めていくのがよいでしょう。
対象となるモノやサービスへの興味だけでなく、その業界の雰囲気や、大事とされる考え方等、自分に合う・合わないを判断していくことができるのも
市場調査の仕事をするときの大きなメリットかもしれません。

そのうえで、ある程度の年数の経験を積んだら、自分が働いてみたいと思える業界の事業会社に転職するのもよいでしょう。
ある程度規模の大きなメーカーの事業会社であれば、社内に市場調査を行う専門の部門をもっていることが多いです。
前述のとおり、事業会社にいくと給与やワークライフバランスはよくなることの方が多いですし、
ベンダー側にいるときには見えなかった商品開発等の現場に入ることも可能ですので、ビジネスマンとしての幅は確実に広がることと思います。

ただし、必ずしも事業会社に移ることがよい人ばかりではなく、リサーチ会社側でマネジメントを経験したり、
専門性をより深めて、新しいサービスの開発を進めていく人も多いです。
リサーチ会社でキャリアを積む人には、特定の商材にこだわらずに働き続けたい人も多いです。

市場調査の仕事は、数字を元に考えることが好きな人、色々な業界・商品に触れたい方に、おすすめの仕事です。
興味があるひとはぜひ、チャレンジしてみてください。

Better life

Better life

外資系勤務の小金持ち


関連記事

【仕事研究】数字を得意とする学生におすすめ!生産技術・プロセス開発の仕事とは?

2020-06-26 15:40

皆さんは、生産技術やプロセス開発に関する仕事は、ご存知でしょうか。 生産技術やプロセス開発に関する仕事とは、一体どのような仕事で、どんな人々が働いているのでしょうか。 今回は、「生産技術とプロセス開発」に関して、仕事内容や必要な知識などを、実体験をもとに、詳しく解説していきます。

「機械設計」の仕事ってどんなことをするの?キャリアの積み方と学生時代にやっておきたいことを紹介します

2020-06-22 13:57

理系を選考した方には「車を開発したい」「身の回りのモノを作りたい」と考え、メーカーでの「機械設計職」への就職を志望している学生もいるのではないでしょうか?  しかしモノづくりの現場は一昔前の製品開発のように「少人数で時間をかけて製品を作る」ことはほとんど無く、「多人数で短期間のうちに製品を作る」メーカーがほとんどです。  そのため希望のメーカーに就職出来ても自分が想像していた仕事が出来ずに、数年で転職してしまう人が毎年一定数います。  そこで本記事ではメーカーで機械設計職を10年程勤めた筆者の経験から、 ・機械設計者の実際の業務内容 ・機械設計者のキャリア形成の仕方 ・学生時代に準備しておくべきこと をそれぞれ紹介します。  これから機械設計者を目指そうと考えている方は今後のキャリアを考える上で、是非参考にしてみて下さい。

【仕事研究】機械メーカの電気設計職?!電気メーカでの設計とどう違うの?

2020-06-19 10:07

電気を扱った設計と言えば、東芝や三菱といった大手電気メーカでの設計職を思い浮かべる学生さんも多いのではないかと思います。また、IT関連では富士通やNECなど電気通信システム設計のメーカなどもあるでしょう。 では、機械製造を行う機械メーカでも、電気設計職を募集していることをご存知でしょうか? 今回は、そんなあまり知られていない機械メーカでの電気設計職について説明します。

【仕事研究】工学系の花形職業!意外と知らない機械設計の仕事とは

2020-06-17 12:06

皆さんは機械設計の仕事がどのようなものか、イメージできますか? 多くの人が思い浮かべるのは、緻密な図面をコツコツ描き続ける姿ではないでしょうか。 しかし、実際の現場は全く異なります。 将来、機械設計の道を選んだ皆さんが、「思っていた職業と違っていた!」と思うことのないように実際の機械設計の仕事や魅力について紹介させて頂きます。

数理とリスクの専門家「アクチュアリー」の仕事とは?理系の数学力、論理的思考力を活かす

2020-06-04 19:01

皆さんは「アクチュアリー」という仕事をご存じでしょうか? アクチュアリーは、年金や保険のスペシャリストのことで、その多くが保険会社や信託銀行などの金融機関に在籍しています。 ここでは、具体的にどんな仕事なのか、どういう人達が働いているのかについてご紹介していきます。 年金や保険は、学生の皆さんにはまだあまり触れることが少ないかもしれませんが、近い将来ご自身でも考える必要のあるものです。年金や保険は、金融機関が扱う商品・サービスの中でも契約期間が長期にわたるという特徴があります。

RIKEJO CAFE学生会員募集

RIEKJO CAFEは学生参加型の理系女子大学生・院生のコミュニティです。

コミュニティには2種類の学生会員がございます。現在約500名の会員コミュニティに成長しました。

RIKEJO CAFEでは新規の学生会員さんを随時募集いたしております。ご参加お待ちいたしております!
詳しくは ↓↓

RIKEJO CAFE 新着記事