catch-img

【イベント情報】SIMULIAオンラインユーザー会を「3DEXPERIENCE Modeling & Simulation Virtual Conference 2020」

SIMULIAオンラインユーザー会を「3DEXPERIENCE Modeling & Simulation Virtual Conference 2020」として、2020年11月17日、18日に開催いたします。昨今の新型コロナウイルス感染拡大の防止を考慮し、本年はオンラインイベントとして開催するため、国内ユーザー企業の発表だけではなく、海外ユーザー企業の事例発表を聴講いただけるイベントになります。

全ての講演は無料で視聴が可能です。ダッソー・システムズのソリューションが様々な業界で活用されている事例を知ることができます。ご関心のある方はぜひ参加ください! 

イベント概要

2020年11月17日(火) ライブ・ストリーミング配信

  • 16:00 – 17:00 ダッソー・システムズからのご挨拶、基調講演(ボーイング社)、ブランドアップデート
  • 17:00 – 18:00 日本のお客様向けセッション

*18:00以降より、オンデマンドで日本・海外のユーザー様及びDSの発表をご視聴いただけます。

2020年11月18日(水) ライブ・ストリーミング配信

  • 16:00 – 17:00  ダッソー・システムズからのご挨拶、基調講演 (Purdue University)
  • 17:00 – 18:00  各製品の最新バージョンの新機能をご紹介


■ご登録:WEBサイトより必要事項をご記入の上、ご登録ください。

  Global 3DEXPERIENCE Modeling & Simulation Virtual Conference 2020 We are pleased to announce this year’s Global 3DEXPERIENCE Modeling & Simulation Conference will be a virtual conference for all of our users around the globe. Events Dassault Systèmes ®



■参加費:無料

*日本からご参加頂いた方には、後日日本語でお答え頂けるアンケートのリンクをお送りします。先着100名様に、アマゾンのギフトカードをプレゼントいたします。

イベントハイライト

1日目の基調講演 ボーイング社


John Vanderventer氏

 1日目の基調講演には、30年にわたりボーイング社で構造解析のエンジニアとして従事されているJohn Vanderventer氏をお迎えし「The Transition to 3DEXPERIENCE, An Aerospace Simulation Perspective」と題してご発表頂きます。(講演は英語で行われます。)


2016年、ボーイングはデジタルエンタープライズへ移行を開始しました。2nd Century Enterprise System(2CES)と呼ばれるこの移行の一部には、ボーイング社が生産する製品のライフサイクル全体を通してシミュレーションを活用することで、デジタルツインの概念を取り入れたモデルベースのエンジニアリングプロセスへの転換が含まれています。これを促進するために、ボーイング社は3DEXPERIENCEプラットフォームをエンジニアリング設計および解析ツールセットの基礎として選択しました。


3DEXPERIENCEプラットフォームにより、ボーイング社はエンジニアリング分野間のサイロを打破し、人、プロセス、ツール、データ間のコラボレーションを可能にします。デジタル企業への移行プロセスの一環として、まず現在行っているシミュレーション作業を現在のツールから3DEXPERIENCEプラットフォームに移行しなければなりません。ボーイング社が3DEXPERIENCEで行うシミュレーションと解析の範囲は、概念設計から解析による認証検証、生産終了後の長期にわたるサービス中のサポートまで多岐にわたります。このプレゼンテーションでは、ボーイング社が3DEXPERIENCEに移行している構造解析の概要を説明し、実現している効果、直面している課題、Additive Manufacturingなどについて紹介します。

会社情報

 社名 ダッソー・システムズ株式会社
 設立  1994年6月2日
 事業内容

ダッソー・システムズ株式会社はダッソー・システムズ(欧)の100%子会社であり、2019年に設立25周年を迎えます。ダッソー・システムズ製品群の販売、マーケティング、サポート、受託開発、R&Dならびに関連業務を行っています。自動車業界をはじめ、航空宇宙、造船、産業機械、ハイテク、消費財、建築や都市設計、エネルギー、ライフサイエンスなど

幅広い業界・分野において日本や世界の優良企業を支援し、そのビジネス変革に貢献しています 

 url  https://www.3ds.com/ja
 住所 〒141-6020 東京都品川区大崎2丁目1番1 ThinkPark Tower 
 

資本金

 27億4,609万円
 代表者  フィリップ・ゴドブ
 従業員数 629人(2019年10月31日時点) 
 サービス 当社の3Dソフトウェア技術を使用することで、自動運転車、宇宙エレベータ、ハイパーループ、航空機、客船、ロボット、高機能家電、義肢、五輪向けの大規模スタジアムなどが形になっています。近年では世界の3Dプリンタをつなぐマーケットプレイスの提供、シンガポールなどの各国のスマートシティ化、バーチャル心臓を使った心疾患研究プロジェクトなど、製造業の枠を超えたさまざまな業界の変革とイノベーションをけん引しています。
 カルチャー 日本法人では現在、日本を含む18ヶ国・地域のさまざまなバックグラウンドやスキル、ノウハウを持つ社員が、男女の別なく活躍しています。また、社内はコラボレーションの文化が根付いています。日本を含む全世界の社員は社内クラウド・プラットフォーム上でつながることができ、共通のミッションのもとにお互いのスキルとナレッジを持ち寄り、自由に意見を交わしながら課題解決に取り組んでいます。業務外においても社員が交流できる機会として、フットサル、バスケットボール、ランニング、アート、写真、ヨガなどのクラブ活動が行われています。また、社員のワークライフバランスや女性のキャリア形成など、働きやすい環境を整備するための活動も社員を中心に積極的に推進中です。