catch-img

【職種紹介:Industry Consultant】IDA Yoshiki編 ダッソー・システムズ株式会社

ダッソー・システムズ株式会社には多種多様な職種があり、それらが協業することによって新しい事業を生み出しています。ここでは各職種の基本的な業務内容と仕事の進み方を紹介します。

今回はIDA Yoshikiさんにインタビューし、Industry Consultantの仕事について話を伺いました。

―大学での専攻や研究テーマは何ですか?

「私は学部と大学院では機械工学を専攻していました。研究は眼科手術用の医療ロボットの開発になります。」


―なぜダッソー・システムズに入社しましたか?

「私は大学院を修了後、大手総合電機メーカに約6年半勤め、そこでは原子力発電所の機器設計のエンジニアとして、エンジニアリング業務を担当していました。ダッソー・システムズに転職を決めた理由は、原子力以外の業界にも活躍の場を広げたいと考えたからです。」


― Industry Consultantの仕事について教えてください。

「営業の社員と一緒にお客様を訪問し、どういったソリューションがお客様のビジネス変革に有用かを技術的な側面からサポートします。また、必要な技術要件を明らかにし、3DEXPERIENCEPlatform(関連情報はこちら:https://www.3ds.com/about-3ds/3dexperience-platform/)の技術専門家と協力して、より良いソリューションを作り上げます。」


―担当しているプロジェクトについて教えてください。

「現在主に担当しているプロジェクトは2つです。どちらも電力業界のお客様に向けた業務の効率化を図るITサービス(ITシステム)の提案と導入に向けたコンサルテーションになります。期間は最大今年いっぱいですが、その後にお客様がこのITサービス(ITシステム)を使える環境を作るための段階に移行します。」


―所属するチーム構成について教えてください。

「私の担当しているお客様に対しては、日本法人が主体となって対応しています。お客様の要望や課題に対して、より深い専門知識や技術的な情報が必要な時には、海外オフィスの社員から情報を入手します。」


―他部署のメンバーとはどのように連携していますか?

「他部署のメンバーと一緒に仕事をする時は、自分の業務範囲にとらわれず、効率的に業務を進めるために、皆さんと協力しながら役割分担を決めています。」


―仕事のやりがいについて教えてください。

「ダッソー・システムズのソリューションをどうやってお客様に使ってもらうのか考えて、戦略を立てていくことがこの仕事を好きな理由です。」


―このポジションで求められるスキルや知識について教えてください。

「一人で何かを成し遂げることは無理なので、他の人達とうまく連携していくためのコミュニケーション能力が求められます。また、自分では分からないことがあったときに、誰かに素直に聞くことができることも必要になります。知識としては、業界ごとの知識がお客様と会話する上で必要となります。」


―最後に、なりたい人物像を教えてください。

「社内外・国内外でこの人にまずは聞けばいいというように技術的に信頼される人になりたいと思っています。」


―ありがとうございました。




ダッソー・システムズ株式会社では2021卒の新卒採用を行っております。

是非とも応募ください。

下記リンク先の画面左下にある「エントリー」ボタンをクリック

https://gaishishukatsu.com/company/11598

会社情報

 社名 ダッソー・システムズ株式会社
 設立  1994年6月2日
 事業内容

ダッソー・システムズ株式会社はダッソー・システムズ(欧)の100%子会社であり、2019年に設立25周年を迎えます。ダッソー・システムズ製品群の販売、マーケティング、サポート、受託開発、R&Dならびに関連業務を行っています。自動車業界をはじめ、航空宇宙、造船、産業機械、ハイテク、消費財、建築や都市設計、エネルギー、ライフサイエンスなど

幅広い業界・分野において日本や世界の優良企業を支援し、そのビジネス変革に貢献しています 

 url  https://www.3ds.com/ja
 住所 〒141-6020 東京都品川区大崎2丁目1番1 ThinkPark Tower 
 

資本金

 27億4,609万円
 代表者  フィリップ・ゴドブ
 従業員数 629人(2019年10月31日時点) 
 サービス 当社の3Dソフトウェア技術を使用することで、自動運転車、宇宙エレベータ、ハイパーループ、航空機、客船、ロボット、高機能家電、義肢、五輪向けの大規模スタジアムなどが形になっています。近年では世界の3Dプリンタをつなぐマーケットプレイスの提供、シンガポールなどの各国のスマートシティ化、バーチャル心臓を使った心疾患研究プロジェクトなど、製造業の枠を超えたさまざまな業界の変革とイノベーションをけん引しています。
 カルチャー 日本法人では現在、日本を含む18ヶ国・地域のさまざまなバックグラウンドやスキル、ノウハウを持つ社員が、男女の別なく活躍しています。また、社内はコラボレーションの文化が根付いています。日本を含む全世界の社員は社内クラウド・プラットフォーム上でつながることができ、共通のミッションのもとにお互いのスキルとナレッジを持ち寄り、自由に意見を交わしながら課題解決に取り組んでいます。業務外においても社員が交流できる機会として、フットサル、バスケットボール、ランニング、アート、写真、ヨガなどのクラブ活動が行われています。また、社員のワークライフバランスや女性のキャリア形成など、働きやすい環境を整備するための活動も社員を中心に積極的に推進中です。