【職種紹介:ビジネスコンサルタント】Antoine LOGEAISさん編 ダッソー・システムズ株式会社

ダッソー・システムズ株式会社は優秀な若い人材の登用に力を入れています。

2021卒の新卒採用はセールス、ソフトウェアエンジニア、ビジネスコンサルタントやソリューションコンサルタントを募集しています。

今回はAntoine LOGEAISさんにインタビューし、ビジネスコンサルタントの仕事について話を伺いました。


Antoine LOGEAISさん


―大学での専攻や研究テーマは何ですか? 

「大学の修士課程でサプライチェーンを学びつつ、PSA Group(「プジョー」「シトロエン」等の自動車ブランドを持つ企業)で職業訓練を行っていました。その中で、ヨーロッパの全ての自社工場における無駄のない製造工程とコスト削減のためのプロジェクトに参加し、マネージャーが組織内で円滑なコミュニケーションを生み出すためのノウハウを学びました。」

―ビジネスコンサルタントの仕事について教えてください。

「C&SI(コンサルタント&サービスインテグレーター)チームで働いています。エンタープライズコンサルティングとソフトウェアを提供することにより、3DEXPERIENCEに貢献してくださっている、アクセンチュアやキャップジェミニ等のパートナーと、長期的かつ戦略的な関係を構築することが私の仕事です。そこで主に、大手企業向けのインダストリー・ソリューション等の技術サポートをしています。」

―なぜダッソー・システムズに入社しましたか? 

「私のインターンシップとしての職歴は非常に多様です。最初のインターンシップはフランスでの販売員の仕事でした。次に中国上海の貨物運送会社で事業開発を行いました。製造業と自動車に関心があったので、リーン製造マネージャーのアシスタントも経験しました。 4か月前にダッソー・システムズに入社しました。」

―所属するチーム構成について教えてください。

「現在の仕事は非常に職域を超えています。私は営業チーム、技術チーム、法務チーム、トレーニングチームと一緒に仕事をしているため、様々な専門知識を持つ多くの人々と協力しています。私の組織の主要メンバーはフランス本社にいますが、ここで日本チームのマネージャーと一緒にC&SI活動をサポートしています。」


―担当しているプロジェクトについて教えてください。

「日本の主なC&SIパートナーはアクセンチュアです。フランス本社とともに、2020年の戦略をアクセンチュアと共同で構築しました。リソース、ビジネスチャンスを評価し、目標を達成するための行動計画を立てる必要があります。私の役割が決まって以来、アクセンチュアの技術チームおよび経営陣と定期的に会議を開いて、ビジネスをサポートしています。」


―他部署のメンバーとはどのように連携していますか?

「はい、上で話したように、私は機能横断型チームで働いています。これは非常に興味深いことであります。機能横断型チームで働くには、組織内の良好かつ効率的なコミュニケーションが求められ、目標を一緒に達成する一体感が得られます。また、ダッソー・システムズで使用している社内オンラインコミュニティは働き方を改善するための非常に強力なツールであり、私たちの仕事を効率的に支えています。」

―仕事のやりがいについて教えてください。

「私は専門分野が異なる人々と一緒に働くのが好きです。私は好奇心が強く、毎日新しいことを勉強することが好きです。さらに、私は仕事を通じて、社外のネットワークも広げています。これは私のような若い新卒にとって非常に重要なことだと思います。ダッソー・システムズはコンサルティング企業と同じように、多くの異なる業界に焦点を当てています。ある日はエネルギー業界と材料業界の課題に取り組み、翌日は輸送業界とモビリティ業界の課題に携わることが可能です。それがこの仕事を好きな理由です。」


―このポジションで求められるスキルや知識について教えてください。 

「この仕事では、ダッソー・システムズのすべてのソリューションと製品を明確に理解する必要があります。 私たちはC&SIパートナーを巻き込んで、一緒に大きなビジネスチャンスを作ります。C&SI企業は彼らのお客様に対して中立なので、競合他社と差別化して、ダッソー・システムズがポートフォリオに最適なソリューションを持っていることを証明する必要があります。しかし、このポジションで最も求められるのは「ソフトスキル」になり、コミュニケーション能力と対人能力を身につけなければなりません。(だからこそ、私は日本語を勉強しています)。」

―最後に、最も影響を受けた人物を教えてください。

「私に一番影響を与えたのは、有名なバスケットボール選手のコービー・ブライアントです。初めは誰も彼が活躍することを期待していませんでしたが、トップ選手であるマイケル・ジョーダンからインスピレーションを得て、練習を一生懸命頑張り、一流プレーヤーになりました。私は彼から毎日新しいことを学び、より良くなろうと努力することを学びました。バスケットボールはチームスポーツでもあり、チームメイトから学び、またチームメイトのパフォーマンスをより良くすることができます。それは仕事でも同じことだと思います。チームで勝つことが重要だと思います。」

―ありがとうございました。

2021卒の新卒採用を行っております。
是非とも応募ください。
下記リンク先の画面左下にある「エントリー」ボタンをクリック
https://gaishishukatsu.com/company/11598

会社情報

 社名 ダッソー・システムズ株式会社
 設立  1994年6月2日
 事業内容

ダッソー・システムズ株式会社はダッソー・システムズ(欧)の100%子会社であり、2019年に設立25周年を迎えます。ダッソー・システムズ製品群の販売、マーケティング、サポート、受託開発、R&Dならびに関連業務を行っています。自動車業界をはじめ、航空宇宙、造船、産業機械、ハイテク、消費財、建築や都市設計、エネルギー、ライフサイエンスなど

幅広い業界・分野において日本や世界の優良企業を支援し、そのビジネス変革に貢献しています 

 url  https://www.3ds.com/ja
 住所 〒141-6020 東京都品川区大崎2丁目1番1 ThinkPark Tower 
 

資本金

 27億4,609万円
 代表者  フィリップ・ゴドブ
 従業員数 629人(2019年10月31日時点) 
 サービス 当社の3Dソフトウェア技術を使用することで、自動運転車、宇宙エレベータ、ハイパーループ、航空機、客船、ロボット、高機能家電、義肢、五輪向けの大規模スタジアムなどが形になっています。近年では世界の3Dプリンタをつなぐマーケットプレイスの提供、シンガポールなどの各国のスマートシティ化、バーチャル心臓を使った心疾患研究プロジェクトなど、製造業の枠を超えたさまざまな業界の変革とイノベーションをけん引しています。
 カルチャー 日本法人では現在、日本を含む18ヶ国・地域のさまざまなバックグラウンドやスキル、ノウハウを持つ社員が、男女の別なく活躍しています。また、社内はコラボレーションの文化が根付いています。日本を含む全世界の社員は社内クラウド・プラットフォーム上でつながることができ、共通のミッションのもとにお互いのスキルとナレッジを持ち寄り、自由に意見を交わしながら課題解決に取り組んでいます。業務外においても社員が交流できる機会として、フットサル、バスケットボール、ランニング、アート、写真、ヨガなどのクラブ活動が行われています。また、社員のワークライフバランスや女性のキャリア形成など、働きやすい環境を整備するための活動も社員を中心に積極的に推進中です。