Original

理系女子の先輩、ジョンソン・エンド・ジョンソン(株) ビジョンケア カンパニー代表取締役プレジデント 海老原育子さんにインタビュー

ジョンソン・エンド・ジョンソン(株) ビジョンケア カンパニー 代表取締役プレジデントの海老原さんに特別にインタビューさせていたくことになりました。

海老原さんに、学生時代のこと、技術職で活躍されていたこと、理系女子の先輩としてのアドバイスを頂きました。

(インタビュアー 慶應義塾大学 理工学部 化学科 3年 横山)

ジョンソン・エンド・ジョンソン(株) ビジョンケア カンパニー
代表取締役プレジデント 海老原育子さん 略歴

1990年  東京大学大学院理学系研究科化学専攻 修士課程修了、修士(理学)

同年4月 住友スリーエム株式会社(現スリーエムジャパン株式会社)入社

1999年     スリーエム 米国本社に転籍

2013年     ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社入社

2016年9月より現職

ジョンソン・エンド・ジョンソンが理系女子を支援する理由

ーー今回の「女子中高生サイエンスツアー」をジョンソン・エンド・ジョンソンが開催した理由をお聞かせください。

今回開催した「女子中高生サイエンスツアー」の他にも、ジョンソン・エンド・ジョンソンでは、東京大学の理系の5学部(理学部、工学部、医学部、薬学部、農学部)で学ぶ女子大学生・院生14名が海外研修を行う「"Rikejo" Initiative」というプログラムを行いました。

そのプログラムでは、ジョンソン・エンド・ジョンソンの米国本社に訪問したり、デザインセンターやイノベーションセンターなど最先端の研究施設を見学しました。

また、そこで働く女性研究者と交流し、研究者がどういうキャリアを積んできたのか、また出産や育児などのライフイベントをどう乗り越えたのかなど、学生が質問できる機会を設けました。

こういった、ジョンソン・エンド・ジョンソンが行っている理系女子への支援は、別に男子を差別しているわけではありません。

日本だけに限らず、理系のフィールドになると、世界的にみても女子(女性)が少なくなります。人口では男女比は大体半々なので、これはきっと変なバイアスがかかっているからだと考えられます。

そこで、女子に対して、「こういう世界があるんだよ」ということを見せてあげる機会を提供することで、無意識にあるかもしれないこのバイアスを外してあげたい、というのがこの企画の意図になります。

 

ーー海老原さん自身も理系の女性で、女性技術者として働かれていました。理系女子の先輩としてご自身のことについてお伺いしたいと思います。

学生時代について

ーー理系に進まれたのは何かきっかけがありましたか。

もともと、算数や理科が好きだったということもありますが、小学生の時に天体観測会に参加して土星や木星など星に興味を持ったことがきっかけです。

 

ーー天文学に興味があって理系に進まれたとのことですが、大学の専攻に化学を選ばれたのはなぜですか。

「星をみること」が好きで、天文学を学ぶことができる東京大学の理科一類に進学しました。

しかし、大学に入ってから分かったのですが、実際の天文学はコンピューターからはじき出される数字を解析することが多かったのですね。

私が好きだったのは「星をみること」だったので「ちょっとこれ違うな」と思いました。

そこで、なぜ化学にしたかというと、量子力学を勉強した時に面白いなと感じたからです。

物質Aと物質Bが反応して、物質Cになったり、物質Dになったり、それが、波動関数などで表現できるのがすごいなと感じ、反応学を勉強したいと思って化学の道に進みました。

 

就職先に選んだ企業は外資系

ーー大学院を卒業した後に、就職先として外資系企業の技術職を選ばれたのはなぜでしょうか。

もともと、英語が嫌いではなかったということがあります。

また、当時はバブルで、いろんな会社が社員を獲得しようと一生懸命だった時代です。

しかし、男女雇用機会均等法も施行されていなかったこともあり、企業訪問にいくと「やっぱり女性はね」って言われることがありました。

それが、日本の会社では多かったという理由もあります。

今では考えられないかもしれませんが、男女で給料に差があったり、男性しか採用しない、ということも当時はありましたね。

 

ーーその後、海外の本社でも技術者として活躍されていますが、理系でも海外で仕事をするチャンスはあるのでしょうか。

外資系の企業で働いていると、海外に出張する機会は文系より理系の方が多いと思います。

海外の本社周りでは、様々なテクノロジーがあります。

技術者が海外でそのテクノロジーを身に付けて、日本のマーケットに応用するというニーズはとてもたくさんありますよ。

 

研究をすることで自然と身に付けることができるスキルは後の人生で必ず役に立つ

 

 

ーー学生時代の経験で役立ったことなど、ご経験から、理系大学生に対してアドバイスをいただけますでしょうか。

理系では、大学3年生の後半くらいから研究が始まってくると思います。

研究が始まると、今までやってきた頭の使い方と全く違う頭の使い方をしなくてはいけません。

例えば、今まではきっと正解があったと思います。試験があって、答えがありました。

しかし、研究では、正解は誰も知りません。思考を飛躍させて、ないものを生み出す、新しいこと、だれも考えなかったことを作り出していくフェーズになります。

「どのように課題を設定するか」このことが、もしかすると答えを見つけることよりも難しいかもしれません。

これが実際やってみると、とても難しいのです。

すぐすんなりできるかというと、最初は難しくて困ることもあるかも知れませんね。

私自身も最初は困りました。先生に「これでよいのでしょうか」とやっぱり答えを求めに行ってしまい、その度に「そんなの知らないよ」と言われ(笑)。鍛えられました。

また、実験って失敗することも多いので打たれ強くなりますね。

失敗から学び、効率性を追求したりすることで、ロジカルシンキングは自然に身に付けることができます。

ですので、必ずしも研究や学会発表などで得た知識を直接仕事で使わないかもしれませんが、その時に経験したことが、将来とても役に立ちます。

ジョンソン・エンド・ジョンソンのダイバーシティ&インクルージョンとは

ーージョンソン・エンド・ジョンソンはダイバーシティとインクルージョンを経営の重要課題として位置づけていますが、海老原さんが考えるダイバーシティとインクルージョンについてお聞かせください。​​​​​​​

例えば、従業員の男女の比率を五分五分にすることや、女性を何割にするなどといった数値目標をゴールにしているわけではありません。

男女だろうが、どんな人であろうが、自分が自分であること、例えば、変に「私って50代の女性だから・・・」ということを日頃意識しないで、普通にのびのびとしていられる状態が、ダイバーシティとインクルージョンの目指すところだと思います。

いろんな人が一緒にいるということだけですと、「ダイバーシティ」ですが、「インクルージョン」というコンセプトが入ることによって、「私は私、あなたはあなただから、性別や年齢、文化、宗教など関係ないよね」となります。

すべての人が居心地のいい場所で働けることが大切だと考えています。

 


海老原さん、貴重なお話ありがとうございました。

同じ理系女子の先輩で活躍されている海老原さんのお話を聞く事ができて、これから研究を始める理系学生にも刺激になったと思います。

今回このような機会をつくっていただきました、ジョンソン・エンド・ジョンソン(株) ビジョンケア カンパニー様、本当にありがとうございました。

 


関連記事

女子中高生がJohnson & Johnson Institute(東京サイエンスセンター)に集合! 「女子中高生サイエンスツアー2017」が開催されました。

2017-09-27 18:59

2017年8月24日、ジョンソン・エンド・ジョンソンと東京大学薬学部との共同イベント「女子中高生サイエンスツアー2017」が開催され、ライフサイエンス分野に関心のある女子中高生計80名と保護者が参加しました。 このイベントに参加した女子中高生は、午前中に、東京大学薬学部 本郷キャンパスで薬学部総合研究棟の見学などを行い、 午後は、Johnson & Johnson Institute(東京サイエンスセンター)に移動し、本格的な手術の模擬研修を受講しました。

理系女子の先輩、ジョンソン・エンド・ジョンソン(株) ビジョンケア カンパニー代表取締役プレジデント 海老原育子さんにインタビュー

2017-09-27 18:58

ジョンソン・エンド・ジョンソン(株) ビジョンケア カンパニー 代表取締役プレジデントの海老原さんに特別にインタビューさせていたくことになりました。 海老原さんに、学生時代のこと、技術職で活躍されていたこと、理系女子の先輩としてのアドバイスを頂きました。

企業訪問記事

【企業取材】私たちの知らない「コネクタ」の秘密。イリソ電子工業さんの魅力に迫る

2018-04-05 10:00

東証一部上場のコネクタメーカー、イリソ電子工業株式会社を訪問し、女性エンジニアに理系学生がインタビューしました! そもそも、「コネクタ」ってみなさん知っていますか? 電気自動車の開発や工場の自動化が進む中、「コネクタ」はそれらの発展に欠かせない部品で、需要も拡大しています。 そう聞くと「コネクタ」は電気・電子・機械分野の出身者ばかりだと想像しますよね。しかしなんと、今回お話を聞く社員さんは化学系の出身とのこと。 なぜ、学生時代の専攻とは異なる分野に就職されたのか、就職活動について、仕事内容、入社してからのことについて、包み隠さずざっくばらんにお話していただきました。

これで解る!ものづくりの開発プロセス イリソ電子工業株式会社

2018-03-29 10:43

みなさん、一つの製品ができあがるまでの「ものづくりの開発フロー」について知っていますか? そこにはどんな仕事があるのでしょうか。 理系学生の私達が最初にまず思い浮かぶのは、開発、設計、製造の分野だと思います。しかし実際には、マーケティング、営業、資材調達や品質保証など様々な部門がそこには関わっているのです。 では、お客様からのご要望から実際に製品がお客様の手元に届くまで、社内外ではどのような議論や検討がされているのでしょうか。 今回、電子部品の一つである「コネクタ」の「開発設計・製造・販売」を一貫して行うイリソ電子工業株式会社(http://www.iriso.co.jp/)さんにご協力いただき、ものづくりの流れについて詳しく現場のお話を伺ってきました。 その内容をレポートします!!

急成長しているDMM.comラボ 新卒エンジニアに聞いた、モチベーション高く働ける理由とは?

2017-11-24 13:24

「DMM.comラボ」って、「DMM.com」とどう違うの? 「DMM.com」って名前を聞いたことがあるけれど、どんな事業をしているの? そんな疑問を持った私達は、 2017年3月に東京六本木へ移転したばかりというNewオフィスを訪問しました。

日本精工(NSK)で育児をしながら技術者として働く女性エンジニアにインタビュー

2017-11-13 16:59

理系学生による企業取材、日本精工(NSK)で育児をしながら技術者として働く女性エンジニア中村さんにお話を伺いました。

日本精工(NSK)でロボット開発を行う女性エンジニアにインタビュー

2017-10-27 17:45

日本精工(NSK)で働く女性エンジニアにインタビュー! 第二回は新領域商品開発センターでガイダンスロボットの開発を担当した田淵さんにお話を伺います

日本精工(NSK)とは何をつくって、どんなことをしているの?皆さんの疑問を解決します!

2017-10-06 14:33

ベアリング(軸受)の国内第1位、世界第3位のシェアを誇る、日本精工 (NSK)を企業訪問し取材してきました。 この取材を通して、少し詳しくなったので、ベアリングの魅力、日本精工 (NSK)の魅力について、皆さんわかりやすくお伝したいと思います。

理系女子の先輩、ジョンソン・エンド・ジョンソン(株) ビジョンケア カンパニー代表取締役プレジデント 海老原育子さんにインタビュー

2017-09-27 18:58

ジョンソン・エンド・ジョンソン(株) ビジョンケア カンパニー 代表取締役プレジデントの海老原さんに特別にインタビューさせていたくことになりました。 海老原さんに、学生時代のこと、技術職で活躍されていたこと、理系女子の先輩としてのアドバイスを頂きました。

海外での都市開発の仕事には常に新しい発見がある 大成建設(都市開発)

2017-07-21 14:00

理系学生が取材する企業訪問・先輩インタビューシリーズ。 今回は大成建設の都市開発本部で働く先輩を取材しました。 ゼネコンでの都市開発の魅力についてお話をお聞きしました。

設計した建物はまるで自分の子供のよう  大成建設(建築設計)

2017-07-21 14:00

理系学生が企業訪問&先輩インタビューを行う取材シリーズ。 今回は大成建設の設計本部で活躍されている野口さんにお話を伺いました。

ロングセラー商品の秘訣“「カルピス」らしさ”を大切にした商品開発とは!?アサヒ飲料株式会社

2017-07-05 11:14

アサヒ飲料さんでは長年愛されるロングセラーブランドを多く持っています。 今回、私たちも大好きな「カルピス」の開発を担当されている社員さんにお話を伺いました。

株式会社アイ・エム・ジェイ デジタルマーケティングのスペシャリスト集団

2017-07-03 12:00

理系女子学生が取材する「企業訪問・先輩インタビュー」シリーズ 今回は デジタルマーケティング事業を展開する株式会社アイ・エム・ジェイさんを訪問しました。 どんなお仕事をされているのか、エンジニアの方にお話を伺いました。

カルビーで働く女性エンジニアとポテトチップスの開発者に学生がインタビューしました!

2017-06-26 15:17

今回は、カルビーさんを訪問し、私たちが大好きなポテトチップスを開発している岩田さんと、開発後の量産を担当している開発支援課の佐藤さんにお話を伺いました!

株式会社パソナテックが作り出すIT・ものづくりと人をかけあわせたエンジニアの未来の働き方とは!?

2017-05-26 19:21

理系学生による企業取材シリーズ。 今回、私たちが取材させていただいたのは、西新宿のアイランドタワーに本社をおく、株式会社パソナテックさんです! その様子をレポートします。

株式会社リコー モノづくりの枠を超え、新しい価値を生み出す

2017-05-02 16:30

MFP(MultiFunction Printer=デジタル複合機)で世界トップクラスのシェアを誇るリコーさんを訪問し取材しました。

発明・技術を財産に!知的財産管理の仕事について グローバルウェーハズ・ジャパンの技術部・基盤技術グループ・知財チーム(東京駐在)にお話を伺いました

2017-04-06 10:00

“知財”って何だろう? どんな仕事をしているのだろう? 聞きなれないため、あまり想像ができない知財の世界。 今回は、技術職から知財の世界に飛び込まれた理系女子先輩にお仕事内容について詳しく教えていただきました!

デンソーの基礎研究所で働く 女性研究者にインタビュー

2017-03-24 17:30

デンソーさんの基礎研究所は愛知県日進市の愛知池という池のほとりに位置しています。 実際に基礎研究所での研究の様子や研究所で働く先輩理系女子社員のお二人を取材しました。

デンソーのダントツ工場推進部 女性技術者にインタビュー

2017-03-24 17:00

ダントツ工場推進部って何をしているの? 自動車部品メーカーって、男性が多そうだけど実際どうなの? デンソーの女性技術者にイタビューしました。

理系女子の先輩に聞いた!カメジョのリアル!!女性で働くということとは?

2017-03-03 16:00

亀田の柿の種、ハッピーターンなどでおなじみの亀田製菓株式会社様の理系女子先輩にお話しを伺ってきました。 大学ではどのような研究をされていたか、就職活動のこと、亀田製菓様に入社した理由などをインタビューしました。

亀田製菓様のお米を中心に研究開発しているお米研究所とは?

2017-03-03 14:30

「亀田の柿の種」、「ハッピーターン」でおなじみの亀田製菓様にはお米を中心として研究開発をしているお米研究所があります。 今回、お米研究所の所長丸山様に、研究所や研究内容についてお話しを伺いました。

「亀田の柿の種」「ハッピーターン」でおなじみの亀田製菓様に企業訪問&工場見学に行ってきました!

2017-03-02 15:00

理系女子が行く企業訪問シリーズ 誰もが知っている食品メーカである亀田製菓様に企業訪問しました。 亀田製菓様のこと、柿の種工場見学や、お米研究所、理系女子の先輩インタビューなど盛りだくさんの内容です!

日産自動車で働く魅力はこれだ! ー女性技術者にお話を伺いましたー

2017-03-02 14:00

自動車メーカーの理系の仕事と聞くとどのような仕事を皆さんイメージされますか? 今回、日産自動車株式会社のプラットフォーム・車両要素技術開発本部 内外技術開発部 空調・冷却システム開発グループの鈴木さんと 以前実験部に所属し、現在はアライアンスR&D人事部の天本さんに技術職の仕事内容や仕事をする上で活かせる女性としての強みについてお話を伺ってきました。

ダイバーシティ推進ってどんなことをするの? 日産自動車(株)さんに聞いてみました 

2017-03-02 12:00

ダイバーシティとは「多様性」と翻訳されることが多いですが、国籍や文化、性別、年齢などにとらわれず、人財を活用することで、「様々な視点や考え方」を取り入れ強い組織を作ることです。 今回は、日産自動車(株)のタイバーシティ推進部の室長である小林様に日産自動車での取り組みについてお話しを伺いました。

私たちの生活にはなくてはならないシリコンウェーハとは? グローバルウェーハズ・ジャパン(株)さんを訪問しました@新潟

2017-02-27 10:00

みなさん、シリコンウェーハとは何なのか、何に使われているのか知っていますか? 普段、私たちの生活の中ではあまり耳にしないシリコンウェーハですが、じつは私たちの生活を豊かにしてくれている偉大な存在なのです!! その素晴らしさを、会社の様子やそこで働く先輩女子技術者の先輩インタビューも含めてレポートします。

新聞社は文系職だけではない。理系が活躍する読売新聞東京本社さんに行ってきました!

2017-01-29 18:00

新聞の発行部数が世界一である読売新聞東京本社さんを取材しました。 新聞社というと、記者などのイメージが強く、文系職種だと思いますよね。 実は、理系職種もあり、多くの理系出身の先輩が活躍されています。 今回、新聞が出来上がるまでの工程から理系のお仕事、女性の働き方まで、理系女子が気になるお話を聞いてきました!

クラシエフーズ(株)『ねるねるねるね』長年愛される秘訣を大解剖!

2017-01-17 14:00

「ねるねるねるね」 きっと子供の時に1度は食べたことがあるのではないでしょうか? 長年愛されるクラシエフーズさんの商品「ねるねるねるね」の秘密に迫ります。

【企業訪問レポート】曙ブレーキ工業株式会社さんへ企業訪問に行ってきました!

2017-01-12 14:30

皆さんが普段利用している車や電車に必ずついているブレーキ!私たちの命を守ってくれていると言っても過言ではないとても大事な部品ですがどのような仕組みで働き、どのように作られているか知っていますか? そのブレーキを作っている曙ブレーキ工業株式会社さんへの企業訪問しお話を伺ってきました。

技術の秘密基地 ジヤトコ株式会社さんの未来技術センターとは!?

2016-11-21 10:00

CMでよく耳にするようになった自動運転など、近年、ますますハイテクな自動車が登場してきました。 車の性能向上には、それを構成する一つ一つの部品が要です。トランスミッションも勿論そうです。 ジヤトコ株式会社さんでも、乗りやすく、さらに高性能の自動車・トランスミッションを追求するため、研究開発に力を注いでいます。その中心になるのが“未来技術センター”。 最先端テクノロジー開発のため、普段は立ち入ることができない施設を、今回特別に見学させていただきました!

クルマの「見えない主役」トランスミッションをつくるジヤトコ株式会社さんの魅力に迫ります!

2016-11-21 10:00

ジヤトコ株式会社さんは、世界有数のオートマチックトランスミッション(自動変速機: AT/CVT)の専門メーカーで、皆さんにも馴染みある日産、三菱、スズキなどの国内自動車メーカーをはじめ、ルノー、GMなど世界の自動車メーカーにトランスミッションを供給しています。 そんなジヤトコ株式会社さんの魅力に迫ります!!

イベント

【名古屋開催】あなたも愛され女子に!理系女子(リケジョ)のための人間力UP講座 参加者募集 2018年5月13日(日)

対人関係、就職活動、恋愛など… 学生生活には悩みがつきもの。 理系女子(リケジョ)独特の悩みもたくさんありますよね! そんな悩みを理系女子(リケジョ)同士で集まって共有しませんか? 事前に講座を受講したメンバーからは「何だか明日から楽しみ」「悩んでいたことが楽になった」と大好評でした! 本当に人生が変わる、素敵なお話が聞けますのでお楽しみに!! さらに、イベントでは、今話題になりつつあるレジンを使ったヘアアクセサリー作りも行います! お好きなドライフラワーなどのパーツを選んでいただきヘアゴムまたはヘアピンを作っていただきます。 みんなでワイワイ楽しみながら自分だけのヘアアクセサリーを作りましょう!

【理系学生必見】イギリスで実際にあった"DNA二重らせん構造"を巡る競争をもとに描かれた舞台『PHOTOGRAPH51』。 25歳以下の方対象、お得な"U25当日引換券 5,000円"を発売中!

ノーベル賞へのスリリングな人間ドラマ女性科学者が手にした1枚の写真から、今に続く生命の科学が立ち上がった。いま初めて知る、その真実の物語。

【会員募集!】理系女子未来創造プロジェクト学生会員

理系女子学生のキャリアを支援します

学生会員募集

一般社団法人理系女子未来創造プロジェクトでは会員を募集しております。

理系学生であれば男女関係なく登録できます。

 

【会員特典】

1)理系学生向けインターンシップ、就活情報、イベント情報がメールで届く

2) 企業訪問や先輩インタビューへの参加

3) イベント、業界セミナー、スキルアップ講座への参加

4) 企業様とのコラボイベントの企画参画

 

カテゴリー

記事検索

新着記事

全224件中 1〜 5件を表示

Twitter

Facebookページ

月間人気記事ランキング

この内容で送信します。よろしいですか?