Original

女子中高生がJohnson & Johnson Institute(東京サイエンスセンター)に集合! 「女子中高生サイエンスツアー2017」が開催されました。

2017年8月24日、ジョンソン・エンド・ジョンソンと東京大学薬学部との共同イベント「女子中高生サイエンスツアー2017」が開催され、ライフサイエンス分野に関心のある女子中高生計80名と保護者が参加しました。

このイベントに参加した女子中高生は、午前中に、東京大学薬学部 本郷キャンパスで薬学部総合研究棟の見学などを行い、

午後は、Johnson & Johnson Institute(東京サイエンスセンター)に移動し、本格的な手術の模擬研修を受講しました。

その模擬研修に、理系女子大学生記者が潜入し、当日の様子をレポートします。

また、特別にジョンソン・エンド・ジョンソン(株) ビジョンケア カンパニー 代表取締役プレジデントの海老原育子様にもお話を伺いました。

Johnson & Johnson Institute(東京サイエンスセンター)ってどんなところ?

東京サイエンスセンターは、神奈川県川崎市の殿町国際戦略拠点「キングスカイフロント」内に2014年8月に設立されました。

ここでは、ジョンソン・エンド・ジョンソンが販売する高度な医療機器を安全かつ適切に使用するための実践的なトレーニングプログラムが医療従事者に提供されています。

現在、開設から3年間で、累計約2万5千人の医師などの医療従事者が東京サイエンスセンターを訪れ、トレーニングを実施したそうです。

そもそも、私は医師の研修やトレーニングなどは大学や勤務している病院で行われていると思っていたので、外部の企業がトレーニングを提供しているなんて、驚きでした。

今回のイベントでは、女子中高生がそのトレーニングの一部を体験します。

一体、どんなトレーニングを体験できるのか、ワクワクしますね。

「人の健康や命、きらきらした日常を守るのは一人ではできません」

まず、ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社 ビジョンケア カンパニー 代表取締役プレジデントである海老原さんから、ご自身の経験や体験をふまえ、「ヘルスケア業界における女性のキャリアについて」お話をいただきました。

海老原さんからは、大学、大学院時代の研究を通して、自然と身に付けた問題解決能力、物の考え方、調査、実践の仕方などが、卒業後の人生でも色々役に立っていることをお話しいただきました。

またこのイベントを通して、人の健康、命、きらきらした日常、それを守るのは、お医者さんや看護師さんだけではなく、いろんなテクノロジーの発展や研究に貢献している人たちがいるということ、医療機器や薬などを開発して、医療従事者の方、患者さんのために日々研究している人たちがいるということを感じてほしいというメッセージをいただきました。

 

本番さながらの手術体験スタート!

いよいよ手術の模擬研修スタートです。

まずは参加者全員、手術着に着替えました。 身が引き締まりますね!

そして、6つのグループに分かれて、6種類の模擬研修をローテーションで体験しました。

皮膚縫合体験

実際の縫合に使われる医療器具を使い、緩まない「糸結び」をジョンソン・エンド・ジョンソンの社員から教わりながら、皮膚縫合の体験をしました。

縫合には抜糸の必要がない溶ける糸を使いました。

実際に自分が縫合したサンプルは家に持ち帰ることができるため、イベント終了後も糸が溶ける様子を観察できるそうです。

楽しみですね。

白内障手術で使用するインジェクターを使った手術の模擬体験

白内障についての講義を受けた後、年間705万人が受けているという白内障手術の模擬研修をしました。

インジェクターという専用の医療器具を用いて、人口の眼内レンズを入れるところを体験します。

このインジェクターの中には折りたたんだ眼内レンズが装填されています。

このインジェクターを使って折りたたまれた状態のレンズをそのまま眼の中に挿入します。すると、眼の中でレンズが自然に広がるという仕組みだそうです。

以前は、折りたたみ式ではない眼内レンズだったため、眼を広く切開する必要があり、完治までに時間がかかりました。

医療技術の発展により、今の折りたたみ式になったおかげで、白目の切開範囲も小さくなり、日帰り手術も可能となったそうです。

この実習を通して、私たちは、医療技術の発展を実感しました。

カテーテルによる心房細動の治療

この実習ではまず、正常な心臓の動きを体で表現してみました。

ちょっとしたエクササイズですね。

この、正常な心臓が不整脈を起こすと・・・動きが不規則になり血液が全身に行き渡らず、血栓ができてしまうこともあるそうです。

今回はカテーテルと呼ばれる医療器具を用いて心臓の筋肉の悪いところを焼くという手術を体験しました。

まずは、カテーテルの使い方についてのレクチャーを受けました。先端は電気の流れをよくするため、なんとプラチナが使われているそうです。

実習では、モニターで確認しながら、カテーテルを使って治療をしました。

  

その他にも・・・

腹腔鏡手術、整形外科手術などの模擬研修をしました。

このイベントに参加して得たこと
ー参加者の声ー

参加者のみなさんはとても興味津々で研修を受けていました。

実際参加してみた感想を参加者の女子高校生に聞きました。

イベントに参加した理由は?

・私の夢は、医療系の企業の研究所に入ることです。そのことを知っていた友人がこのイベントを勧めてくれました。 (高校1年生)

・私は文系で法律の方に進みたいと考えています。なぜ文系なのに参加したのかというと、医療裁判など、文系理系問わず、理系のことも知っておいた方が将来よいのではと考えたからです。(高校2年生)

・もうすぐ文系にするか理系にするか決めないといけないのですが、迷っていたので、参加してみました。(高校1年生)

・親が看護師をしているので、小さい時から医療に興味があり、その道に進もうと考えています。このイベントは、友人のお母さんに勧められて参加しました。(高校1年生)

イベントの感想

・ここまで本格的にできると思っていなかったので、とても為になりました。また、薬学と医学は密接につながっていて、こういう実技や知識も大切なのだと感じました。(高校1年生)

・海老原さんから理系から文系職へ進んだエピソードをお聞きしました。なので、私もこの先、文系から理系に進む事も考えられるなと思いました。(高校2年生)

・技術の進歩に驚きました。特に、腹腔鏡手術はなかなか難しくて、手先の器用さが必要だと思いました。また、これからいろんなスキルが必要になるなと感じました。(高校2年生)

・文理の選択に迷っていましたが、今日のイベントに参加して、理系に行きたいなという思いが強くなりました。(高校1年生)

・白内障手術の体験は、今まで他のイベントでも体験したことがなかったので、すごく貴重な体験をさせてもらいとても嬉しいです。(高校1年生)

 


参加した女子中高生は、このイベントを通して、医療業界には、医師や看護師以外にも医療器具や医療機器、医薬品を開発しているエンジニアという仕事があることを学ぶことができました。

また、実際にテクノロジーの進化を体験することで、技術の面白さを実感したそうです。

こんな素敵な体験が、中高生の時にできるなんて、大学生の私からみても、とてもうらやましい、そんなイベントでした。

次に特別にジョンソン・エンド・ジョンソン(株) ビジョンケア カンパニー 代表取締役プレジデントの海老原育子さんにインタビューさせていただきました。

 

>>インタビュー記事につづく

 

 

 


関連記事

女子中高生がJohnson & Johnson Institute(東京サイエンスセンター)に集合! 「女子中高生サイエンスツアー2017」が開催されました。

2017-09-27 18:59

2017年8月24日、ジョンソン・エンド・ジョンソンと東京大学薬学部との共同イベント「女子中高生サイエンスツアー2017」が開催され、ライフサイエンス分野に関心のある女子中高生計80名と保護者が参加しました。 このイベントに参加した女子中高生は、午前中に、東京大学薬学部 本郷キャンパスで薬学部総合研究棟の見学などを行い、 午後は、Johnson & Johnson Institute(東京サイエンスセンター)に移動し、本格的な手術の模擬研修を受講しました。

理系女子の先輩、ジョンソン・エンド・ジョンソン(株) ビジョンケア カンパニー代表取締役プレジデント 海老原育子さんにインタビュー

2017-09-27 18:58

ジョンソン・エンド・ジョンソン(株) ビジョンケア カンパニー 代表取締役プレジデントの海老原さんに特別にインタビューさせていたくことになりました。 海老原さんに、学生時代のこと、技術職で活躍されていたこと、理系女子の先輩としてのアドバイスを頂きました。

企業訪問記事

自由設計の家を建てる株式会社タツミプランニングの設計・デザインを行う「デザイン・ラボ」とは?

2018-05-02 12:00

タツミプランニングさんは、主にお客様のご要望に応じたデザインを提供する注文住宅の建築会社です。 なぜ、100%自由設計することにこだわっているかというと、「お客様が自分の希望に沿ったデザインの家で暮らすことで、豊かな人生を送ってほしい。」という思いがあるからです。 私たちは、”注文住宅”と聞くと高額なため、顧客は富裕層の方ばかりだと思いますよね。しかし、タツミプランニングさんの顧客層は20代〜40代前半で、1棟あたりの建築費も2500万円前後が多いとのことです。 では、価格を抑えつつ、自由にデザインした家を建てられる秘密はどこにあるのでしょうか。

【企業取材】私たちの知らない「コネクタ」の秘密。イリソ電子工業さんの魅力に迫る

2018-04-05 10:00

東証一部上場のコネクタメーカー、イリソ電子工業株式会社を訪問し、女性エンジニアに理系学生がインタビューしました! そもそも、「コネクタ」ってみなさん知っていますか? 電気自動車の開発や工場の自動化が進む中、「コネクタ」はそれらの発展に欠かせない部品で、需要も拡大しています。 そう聞くと「コネクタ」は電気・電子・機械分野の出身者ばかりだと想像しますよね。しかしなんと、今回お話を聞く社員さんは化学系の出身とのこと。 なぜ、学生時代の専攻とは異なる分野に就職されたのか、就職活動について、仕事内容、入社してからのことについて、包み隠さずざっくばらんにお話していただきました。

これで解る!ものづくりの開発プロセス イリソ電子工業株式会社

2018-03-29 10:43

みなさん、一つの製品ができあがるまでの「ものづくりの開発フロー」について知っていますか? そこにはどんな仕事があるのでしょうか。 理系学生の私達が最初にまず思い浮かぶのは、開発、設計、製造の分野だと思います。しかし実際には、マーケティング、営業、資材調達や品質保証など様々な部門がそこには関わっているのです。 では、お客様からのご要望から実際に製品がお客様の手元に届くまで、社内外ではどのような議論や検討がされているのでしょうか。 今回、電子部品の一つである「コネクタ」の「開発設計・製造・販売」を一貫して行うイリソ電子工業株式会社(http://www.iriso.co.jp/)さんにご協力いただき、ものづくりの流れについて詳しく現場のお話を伺ってきました。 その内容をレポートします!!

急成長しているDMM.comラボ 新卒エンジニアに聞いた、モチベーション高く働ける理由とは?

2017-11-24 13:24

「DMM.comラボ」って、「DMM.com」とどう違うの? 「DMM.com」って名前を聞いたことがあるけれど、どんな事業をしているの? そんな疑問を持った私達は、 2017年3月に東京六本木へ移転したばかりというNewオフィスを訪問しました。

日本精工(NSK)で育児をしながら技術者として働く女性エンジニアにインタビュー

2017-11-13 16:59

理系学生による企業取材、日本精工(NSK)で育児をしながら技術者として働く女性エンジニア中村さんにお話を伺いました。

日本精工(NSK)でロボット開発を行う女性エンジニアにインタビュー

2017-10-27 17:45

日本精工(NSK)で働く女性エンジニアにインタビュー! 第二回は新領域商品開発センターでガイダンスロボットの開発を担当した田淵さんにお話を伺います

日本精工(NSK)とは何をつくって、どんなことをしているの?皆さんの疑問を解決します!

2017-10-06 14:33

ベアリング(軸受)の国内第1位、世界第3位のシェアを誇る、日本精工 (NSK)を企業訪問し取材してきました。 この取材を通して、少し詳しくなったので、ベアリングの魅力、日本精工 (NSK)の魅力について、皆さんわかりやすくお伝したいと思います。

理系女子の先輩、ジョンソン・エンド・ジョンソン(株) ビジョンケア カンパニー代表取締役プレジデント 海老原育子さんにインタビュー

2017-09-27 18:58

ジョンソン・エンド・ジョンソン(株) ビジョンケア カンパニー 代表取締役プレジデントの海老原さんに特別にインタビューさせていたくことになりました。 海老原さんに、学生時代のこと、技術職で活躍されていたこと、理系女子の先輩としてのアドバイスを頂きました。

海外での都市開発の仕事には常に新しい発見がある 大成建設(都市開発)

2017-07-21 14:00

理系学生が取材する企業訪問・先輩インタビューシリーズ。 今回は大成建設の都市開発本部で働く先輩を取材しました。 ゼネコンでの都市開発の魅力についてお話をお聞きしました。

設計した建物はまるで自分の子供のよう  大成建設(建築設計)

2017-07-21 14:00

理系学生が企業訪問&先輩インタビューを行う取材シリーズ。 今回は大成建設の設計本部で活躍されている野口さんにお話を伺いました。

ロングセラー商品の秘訣“「カルピス」らしさ”を大切にした商品開発とは!?アサヒ飲料株式会社

2017-07-05 11:14

アサヒ飲料さんでは長年愛されるロングセラーブランドを多く持っています。 今回、私たちも大好きな「カルピス」の開発を担当されている社員さんにお話を伺いました。

株式会社アイ・エム・ジェイ デジタルマーケティングのスペシャリスト集団

2017-07-03 12:00

理系女子学生が取材する「企業訪問・先輩インタビュー」シリーズ 今回は デジタルマーケティング事業を展開する株式会社アイ・エム・ジェイさんを訪問しました。 どんなお仕事をされているのか、エンジニアの方にお話を伺いました。

カルビーで働く女性エンジニアとポテトチップスの開発者に学生がインタビューしました!

2017-06-26 15:17

今回は、カルビーさんを訪問し、私たちが大好きなポテトチップスを開発している岩田さんと、開発後の量産を担当している開発支援課の佐藤さんにお話を伺いました!

株式会社パソナテックが作り出すIT・ものづくりと人をかけあわせたエンジニアの未来の働き方とは!?

2017-05-26 19:21

理系学生による企業取材シリーズ。 今回、私たちが取材させていただいたのは、西新宿のアイランドタワーに本社をおく、株式会社パソナテックさんです! その様子をレポートします。

株式会社リコー モノづくりの枠を超え、新しい価値を生み出す

2017-05-02 16:30

MFP(MultiFunction Printer=デジタル複合機)で世界トップクラスのシェアを誇るリコーさんを訪問し取材しました。

発明・技術を財産に!知的財産管理の仕事について グローバルウェーハズ・ジャパンの技術部・基盤技術グループ・知財チーム(東京駐在)にお話を伺いました

2017-04-06 10:00

“知財”って何だろう? どんな仕事をしているのだろう? 聞きなれないため、あまり想像ができない知財の世界。 今回は、技術職から知財の世界に飛び込まれた理系女子先輩にお仕事内容について詳しく教えていただきました!

デンソーの基礎研究所で働く 女性研究者にインタビュー

2017-03-24 17:30

デンソーさんの基礎研究所は愛知県日進市の愛知池という池のほとりに位置しています。 実際に基礎研究所での研究の様子や研究所で働く先輩理系女子社員のお二人を取材しました。

デンソーのダントツ工場推進部 女性技術者にインタビュー

2017-03-24 17:00

ダントツ工場推進部って何をしているの? 自動車部品メーカーって、男性が多そうだけど実際どうなの? デンソーの女性技術者にイタビューしました。

理系女子の先輩に聞いた!カメジョのリアル!!女性で働くということとは?

2017-03-03 16:00

亀田の柿の種、ハッピーターンなどでおなじみの亀田製菓株式会社様の理系女子先輩にお話しを伺ってきました。 大学ではどのような研究をされていたか、就職活動のこと、亀田製菓様に入社した理由などをインタビューしました。

亀田製菓様のお米を中心に研究開発しているお米研究所とは?

2017-03-03 14:30

「亀田の柿の種」、「ハッピーターン」でおなじみの亀田製菓様にはお米を中心として研究開発をしているお米研究所があります。 今回、お米研究所の所長丸山様に、研究所や研究内容についてお話しを伺いました。

「亀田の柿の種」「ハッピーターン」でおなじみの亀田製菓様に企業訪問&工場見学に行ってきました!

2017-03-02 15:00

理系女子が行く企業訪問シリーズ 誰もが知っている食品メーカである亀田製菓様に企業訪問しました。 亀田製菓様のこと、柿の種工場見学や、お米研究所、理系女子の先輩インタビューなど盛りだくさんの内容です!

日産自動車で働く魅力はこれだ! ー女性技術者にお話を伺いましたー

2017-03-02 14:00

自動車メーカーの理系の仕事と聞くとどのような仕事を皆さんイメージされますか? 今回、日産自動車株式会社のプラットフォーム・車両要素技術開発本部 内外技術開発部 空調・冷却システム開発グループの鈴木さんと 以前実験部に所属し、現在はアライアンスR&D人事部の天本さんに技術職の仕事内容や仕事をする上で活かせる女性としての強みについてお話を伺ってきました。

ダイバーシティ推進ってどんなことをするの? 日産自動車(株)さんに聞いてみました 

2017-03-02 12:00

ダイバーシティとは「多様性」と翻訳されることが多いですが、国籍や文化、性別、年齢などにとらわれず、人財を活用することで、「様々な視点や考え方」を取り入れ強い組織を作ることです。 今回は、日産自動車(株)のタイバーシティ推進部の室長である小林様に日産自動車での取り組みについてお話しを伺いました。

私たちの生活にはなくてはならないシリコンウェーハとは? グローバルウェーハズ・ジャパン(株)さんを訪問しました@新潟

2017-02-27 10:00

みなさん、シリコンウェーハとは何なのか、何に使われているのか知っていますか? 普段、私たちの生活の中ではあまり耳にしないシリコンウェーハですが、じつは私たちの生活を豊かにしてくれている偉大な存在なのです!! その素晴らしさを、会社の様子やそこで働く先輩女子技術者の先輩インタビューも含めてレポートします。

新聞社は文系職だけではない。理系が活躍する読売新聞東京本社さんに行ってきました!

2017-01-29 18:00

新聞の発行部数が世界一である読売新聞東京本社さんを取材しました。 新聞社というと、記者などのイメージが強く、文系職種だと思いますよね。 実は、理系職種もあり、多くの理系出身の先輩が活躍されています。 今回、新聞が出来上がるまでの工程から理系のお仕事、女性の働き方まで、理系女子が気になるお話を聞いてきました!

クラシエフーズ(株)『ねるねるねるね』長年愛される秘訣を大解剖!

2017-01-17 14:00

「ねるねるねるね」 きっと子供の時に1度は食べたことがあるのではないでしょうか? 長年愛されるクラシエフーズさんの商品「ねるねるねるね」の秘密に迫ります。

【企業訪問レポート】曙ブレーキ工業株式会社さんへ企業訪問に行ってきました!

2017-01-12 14:30

皆さんが普段利用している車や電車に必ずついているブレーキ!私たちの命を守ってくれていると言っても過言ではないとても大事な部品ですがどのような仕組みで働き、どのように作られているか知っていますか? そのブレーキを作っている曙ブレーキ工業株式会社さんへの企業訪問しお話を伺ってきました。

イベント

【イベント】日本精工(株) 仕事見学ツアー 『ものづくりの仕事 = エンジニアリング×キャリア×自分らしさ』 11/23(金・祝)11:00~16:00 (ランチ・交通費付き)

今回はNSK×RIKEJO CAFEコラボイベント第2弾『ものづくりの仕事 = エンジニアリング×キャリア×自分らしさ』と題して、女性エンジニアの職場や仕事ぶりを現場で見る、職場見学ツアーを企画いたしました! 今回の企画は、企業の最前線で働く女性エンジニアの職場に行き、どんな仕事をして、何にやりがいを感じているのか?学生さんの感じている将来への夢や不安を実際に見て、聞いて、確認するイベントです。 大学生活ではなかなか具体的なイメージがわきにくい「技術者って、会社で何をするの?」「仕事って、大学の知識がどうつながるの?」など、素朴な疑問にお答えします。

【会員募集!】理系女子未来創造プロジェクト学生会員

理系女子学生のキャリアを支援します

学生会員募集

一般社団法人理系女子未来創造プロジェクトでは会員を募集しております。

理系学生であれば男女関係なく登録できます。

 

【会員特典】

1)理系学生向けインターンシップ、就活情報、イベント情報がメールで届く

2) 企業訪問や先輩インタビューへの参加

3) イベント、業界セミナー、スキルアップ講座への参加

4) 企業様とのコラボイベントの企画参画

 

カテゴリー

記事検索

新着記事

全245件中 1〜 5件を表示

Twitter

Facebookページ

月間人気記事ランキング