工場コンサルタントの役目を担う「生産管理」の仕事とは!? ジヤトコ株式会社さん

ジヤトコ株式会社さん※JEPS推進部で活躍する片山 彩夏さん。

片山さんは、子供のころからの夢であった自動車に関わる仕事を実現されました。

どのようにしてその夢を実現されたのか、お話しを伺いました。

※JEPS: JATCO Excellent Production Systemの略

生産の効率化やシステムに強い興味があった

「私は、もともと幼少の時から『モノづくり』に興味があり、その中でもモノが出来上がるまでの過程やシステムに興味がありました。

例えば、マクドナルドなどのファーストフード店で注文すると、すごく早く商品が出来上がりますよね。

そういう現場をみると『どうやったらこんなに効率的にできるんだろう』と、とてもワクワクしていました。

製造業の中で、日本では自動車産業が有名なので、自然と自動車業界で働きたいと考えるようになりました。

また、『効率的に生産できる仕組みを学びたい』と考え、大学では『マネージメント工学』を専攻し『日産生産方式とトヨタ生産方式の違い』について学んでいました。」

ジヤトコ株式会社さんとの出会い 完成車メーカーから部品メーカーへ

もともと自動車業界に興味があった片山さんですが、部品メーカーを知ったのは大学3年だったそうです。

「就職活動当初は自動車の完成車メーカーを視野に入れていました。完成車メーカーというのは、皆さんもご存知の日産、トヨタ、ホンダなどの会社です。

というのも、完成車メーカーしか知らなったというのが本音で、完成車メーカーが自動車をすべて造っているものだと思っていました。

しかし、会社説明会で部品メーカーが完成車メーカーに部品を供給して車が造られているのだと知り、部品メーカーの方が自動車の開発の根源にあって、面白いのでないかと感じ、部品メーカーに惹かれていきました。

数ある部品メーカーの中で、高い技術力をもち、自分のやりたかった生産管理の仕事ができるジヤトコと出会い、『本当にここで働きたい』と思ったため、ジヤトコに入社を決めました。」

仕事の必需品はストップウォッチとバインダー

現在片山さんは「JEPS推進部」に所属されています。

JEPSとはJATCO Excellent Production Systemの略で、素材仕入から加工、そして組立から出荷に至る一連の工程を1本のラインのように同じスピード・同じ順序で稼動させ、タイムリーな生産・運搬を行うことで一切の無駄を排除するシステムです。

 

どのようなお仕事をされているのか具体的にお聞きしました。

「ほぼ毎日、現場(工場)で机と椅子を借り仕事をしています。

仕事内容は

・既存ラインの効率化

・トラブル発生時の原因の追究

・新しい生産ラインの設計

などです。

例えば、既存ラインの効率化では、ラインに必要な作業車の数の調査や、どの作業を効率化すると生産サイクルを早くして生産量を増やすことができるかということを考えています。

こういう調査には実際に現場に行って作業工程のスピードを測定しデータ化して現場と数字で議論することが必要です。

そのため、ストップウォッチとバインダーを持って現場に行き測定作業などを行っています。

また、現場の近くにいることで、生産側からの意見を聞きやすいという利点もあります。

改善できそうなプロセスを見つけると、今度は技術部と連携して効率的な生産を実現させます。

とてもやりがいのある仕事です。」

片山さんが、バインダー片手にストップウォッチで作業時間を測定されている姿が目に浮かびますね。

自動車部品メーカーというと、どうしても男性のイメージが強く、部品自体も重いため、女性であることに体力的に問題はないのでしょうか?

「私が所属しているチームは10名ほどで3~4名が女性です。特に女性だからといって、体力的にきついなと感じたことはありません。

測定をする際には4時間ほどの立ち仕事もありますが、毎日残業で遅くなるということもありませんし、休みも取れるため特にきついと感じたことはありませんよ。」

 

片山さんありがとうございました。

まとめ

1台の車には約3万点の部品が用いられています。

これらの部品を供給する部品メーカー無しには、日本の自動車産業は成り立ちません。
 
また、自動車部品と聞くと、私自身、機械工学や電気電子の専攻が必須だと思っていましたが、ジヤトコ株式会社さんでは、学部学科関係なく活躍できる仕事があります。
入社後も11カ月にもおよぶ研修プログラムが組まれているそうで、配属も希望を出すことができるそうです。
 
理系の職種では主に片山さんが所属する「生産部門」の他に「開発部門」があります。
次に「開発部門」の中でも最先端技術を用いた研究・開発をおこなっている「未来技術センター」をご紹介します。
 
 
 
RIKEJO CAFE スタッフ

RIKEJO CAFE スタッフ

RIKEJO CAFE の理系女子スタッフ


関連記事

企業訪問記事

イベント

【イベント】内閣人事局主催WEBガイダンス~国家公務員の働き方改革、女性活躍の現状~ 2021/4/23(金) 17:00-18:30

内閣人事局では、以下のとおりイベントを行いますので、ふるって御参加下さい。 2021年度初回のWEBガイダンスでは、女性活躍や働き方改革といった国家公務員に関するホットな話題について説明するとともに、視聴者のみなさんが抱いている疑問について答えていきたいと思います! 国家公務員に関する情報を知るだけでなく、それぞれの職員がどのように社会課題と向き合い仕事をしているか、職員の仕事に対する思いなどを聞き比べることができるイベントとなっています。 今回は理系出身の職員は登壇しませんが、まずは「国家公務員」に触れてみませんか?

【オンライン取材】自動車の先端技術へ取り組む女性エンジニアに話を聞こう! 参加学生募集

RIKEJO CAFEでは理系女子学生が女性エンジニアに直接お話を聞くことができる学生によるオンライン取材を行っております。 今回みなさんに取材していただくのは コンチネンタル・ジャパンで働く女性エンジニア3名の方です。 様々な分野で、自動車の技術開発にとりくまれております。現在の仕事や今までのキャリア。この仕事の面白さ、コンチネンタルの強みなどリアルなお話を直接きいてみませんか? オンライン座談会のような雰囲気で開催しますので、お気軽にご参加ください。 お申し込みお待ちいたしております。

【ダッソー・システムズ】Japan Virtual Hackathon 2021参加者募集(6weeks)

今年のテーマ "Water(水)" Japan Virtual Hackathon 2021では、チームを組んでプロジェクトワークに取り組んでいただきます。今年のテーマは”Water(水)”です。 生命、地球環境、経済、あらゆる面で重要な資源となる水ですが、日本だけでなく世界が様々な「水」問題に直面しています。 ダッソー・システムズは持続可能なイノベーション、より良い社会の実現をパーパス(事業目的)としています。世界各国が掲げるSDGs(持続可能な開発目標)の目標達成を目指して、「水」に関連する問題を一つとりあげ、ダッソー・システムズのテクノロジーを使ってどのように解決することができるかを考えていただきます。

【3月25日(木)】LIVE配信型/WEB会社説明会 イリソ電子工業

イリソ電子工業は、東証一部上場の「コネクタ」メーカーです。「コネクタ」とは、自動車やスマートフォン、産業用ロボットなどの電子機器内に複数ある部品と部品を「つなぐ」パーツです。私たちは、そのコネクタの設計・開発から製造・販売までを日々行っており、設立から50年以上経った現在では、国内大手自動車メーカーへの部品供給、また海外での生産・販売網の展開も実現しています。 現在、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、会社説明会および選考を全てWEB上にて行っております。

【3月18日(木)20:00-21:00】理系女子オンライン英会話レッスン(無料)

RIKEJO CAFEの オンライン英会話レッスン。参加学生は理系女子大学生・院生です。 講師は日本語も話せる某英会話学校でも人気の講師で、教え方がとても上手いと評判です。同じ英語でもネイティブが使うニュアンスの違いを日本人にわかりやすく教えていただけるので、学生にもとても好評です。 英語のレベルは問いません!「はじめはちょっと見学だけで」という方もぜひご参加ください。 ご参加お待ちいたしております。

学生会員募集

一般社団法人理系女子未来創造プロジェクトでは会員を募集しております。

理系学生であれば男女関係なく登録できます。

 

【会員特典】

1)理系学生向けインターンシップ、就活情報、イベント情報がメールで届く

2) 企業訪問や先輩インタビューへの参加

3) イベント、業界セミナー、スキルアップ講座への参加

4) 企業様とのコラボイベントの企画参画

 

カテゴリー

記事検索

新着記事

全443件中 1〜 5件を表示

Facebookページ

月間人気記事ランキング