【筑波大学生物資源学類レポートNo1】生物資源学類の魅力を学類長にお聞きしました!

大学取材第一弾!!

筑波大学生物資源学類を複数記事で紹介していきます。

初回は生物資源学類の学類長北村 豊先生にお話しを伺いました。

 

生物資源学類は学べる範囲が広い総合科学

生物資源学類の特徴を教えてください

一番は学びの幅が広くいろいろな専門分野を学ぶことができることですね! 筑波大学の生物資源学類は他の大学では農学部にあたります。

農学とは総合学問であるので、化学、農学、生物、物理、数学、地学、経済学など他の分野の 学部とかぶっている勉強内容も多いです。

本学類では「農林生物学」「応用生命化学」「環境工学」「社会経済学」の4つのコースに分 かれて専門的な研究をすることが可能です。

 

また、他学群、他学類の授業を含めた多くの授業を選ぶこともできます。

同じ生命環境学群である生物学類との違いは何ですか?

生物学類はサイエンスを探求する分類で、 生物資源学類は産業に貢献するという使命があり、「実学」であるという点になります。

 

“農学部=農家になる“なんて古すぎる!
理系女子に人気!女子の割合が高い生物資源学類

近年、農学系統の学部が人気で倍率もどんどん上昇してきていますが、いまだに文系の友人から、「農家になりたいの?」と聞かれることもあります。

個人的な意見として、農学部は遺伝子・分子レベルから動植物、生態系など幅広く研究していて、様々な新たな器具や施設を使用しており、最先端な学問だと感じています。