Original

【理系学生団体取材】医療系学生団体Medical Future Fes(MFF)

理系学生団体紹介シリーズ

今回は医療系学生団体Medical Future Fes(MFF)さんを紹介します。

Medical Future Fes (MFF)とは !?

代表:武藤さん

もともと、医療系学生を集めた大規模な勉強会「Medical Future Fes」を全国各地からスタッフを集めて毎年8月に開催していました。

団体化するまでは、そのイベントが終わると企画に携わったスタッフは解散していたのですが、せっかく集まるのであれば、団体化して、年1回ではなく、もう少し定期的に勉強会や内部イベントをしてみようということになりました。

そこで、前代表が2016年に団体化したのがこの学生団体のスタートとなります。団体名をMedical Future Fes、従来のイベントをSummer Fesと名付けました

僕達が、イベントや勉強会の開催目的としては、2つあります。

1.学校、学部の垣根を超えた交流をしたい

実は、医療系学生の生活は、結構閉鎖的な世界です。

例えば医学部だったら1週間、医学部の学生としか話さないし、看護だったら看護、薬学部だったら薬学部の子としか話しません。

アルバイトなどをしていれば、他の学部の学生と話すこともあるかもしれませんが、授業が忙しくてアルバイトもできない学生もいます。

このままでは、実際に社会人になって医療現場に出た時に、様々な職種の人や患者さんとコミュニケーションをとる必要があるのに、対応できるのか不安な部分があります。

そこで、学生の内から、大学や学部を超えて、医療に興味のある学生ともっと交流したいと思い、勉強会やイベントをそんな場にしたいと考えています。

 

2.学校では学べないことに触れて医療に対する視野を広げたい

医療という分野には、医学、看護学、薬学、介護、臨床検査、理学・作業療法、医療機器など様々な分野がありますが、大学では基本的には専攻している分野しか学びません。

僕ですと医学を中心に学びます。しかし医学の知識は、医療全般をみた時に、ほんの一部でしかなくて、医学のスペシャリストであっても、いざ医療現場に出た時にそれだけの知識ですと太刀打ちできないのでは、という危機感があります。

そこで、自分の学校で学べないこと、専門以外のこと、医療分野にかぎらず、経営学だったり法律的なことだったり、そういう世界に触れて視野を広げたいと考えています。

Medical Future Fes は、このような目的を持ったメンバーが現在約30名集まり活動しています。

MFFメンバーにインタビュー

では、実際のメンバーの方にもお話を伺ってみましょう!

 代表:武藤さん (防衛医科大学校 医学科3年)

 

副代表:若林さん(昭和大学薬学部薬学科2年)

 

幹部補佐:永田さん(防衛医科大看護学科1年)

 

ーーみなさんが、MFFに入ったきっかけは何ですか。

団体化する前ですが、Medical Future Fesのイベント運営に携わっていた先輩に声をかけていただき、参加したことがきっかけです。

参加してみて、「学校外の世界ってこんなに広くて面白いんだ」と感じ、そのまま入ることにしました。

私は現在薬学部に通っていますが、工学にも興味がありました。

例えば、「医療☓工学」「医療☓◯◯」というように、医療だけではなく、「医療」かける「何か」をしたくて、その「何か」を学ぶために入りました。

私は、武藤先輩と同じ大学なのですが、入学したばかりのころは、大学の環境に慣れるのに必死でした。

そんな時に部活の先輩に「大学だけの生活になると視野が狭くなるから、大学外のサークルや学生団体に入ったほうがいいよ」と誘われて、何もわからないままMedical Future Fesの新歓に行き、Summer Fes 2017 に参加しました。

実際、Summer Fes 2017には本当にいろんな人が参加していて、医療系の学生はもちろんですが、医療以外の分野を学んでいる学生とも話すことができました。

きっかけは誘われたからですが、今では、「外の世界ってこんなに広いんだ、本当にいろんな人がいるんだな」というのを実感していて、楽しいな、嬉しいなと感じながら活動しています。

 

ーー今年のSummer Fesや勉強会、イベントはどんなことをされていますか?

2017年のSummer Fes は、8月19日と20日の2日間、東京都医師会館をお借りして開催しました。2日間で延べ200人が参加してくれました。

このイベントでは、医療の最前線で活躍されている先生方の講演の他にも、アロマ講座やVRを使った認知症体験など、スタッフのアイデアから生まれた企画も実現することができました。

毎月行っている勉強会はSummer Fesのような大規模イベントではありませんが、毎回20名程が参加しています。

メンバーからも「これやりたい」「こういうのはどうかな」と活発に意見が出ていて、数ヶ月先の予定まで決まっています。

また、内部イベントといって、イベントの打ち上げや飲み会も定期的に開催しています。

今とてもやってみたいのが、医療以外の学部の人とコラボしてみたいと思っています。

医療以外の学生団体やサークルと一緒にイベントや勉強会をやってみたいです。

ぜひ、興味のある学生団体、サークルの関係者の方いらっしゃいましたら、お問い合わせいただけると嬉しいです。

 

ーーMFFの「売り」はズバリどんなところですか。

「自由なところ」ですね!

どの学生団体よりも「自由」だと思います。

「自分がやりたいことを楽しみながらやる」これをスタンスにしています。

 

ーーMFFに入って成長したこと、良かったことはありますか。

私は実はまだ「これがやりたいです!」と提案したことがなく、誰かがこれやりたいと言った企画のお手伝いをしています。

なので、大したことではないですが、講演者の先生や社会人の方との接し方が分かる様になったことが成長したかなと自分では思っています。

永田ちゃんは、入ったばっかりの時は「おとなし目の子かな?」って思っていました。

でも、他のメンバーともすぐ打ち解けて仲良くなっていたし、Summer Fes 2017では、ある企画のリーダを担当してもらったのですが、社会人の方への言葉遣いやメールの文面などしっかりできていて、とても頼もしいです。

私は実は、友達に誘われて入ったみたいなスタートだったので、最初はあんまりやる気がなかったんですよ(笑)。

そんなスタートだったのですが、入ってみると「なんでもしていいよ」「興味あることなんでも言って」みたいにメンバーが言ってくれました。

私は、医療の他にも工学に興味があったのですが、以前は「医療」と「工学」って自分の中で独立していて、全く別ものだと思っていました。

しかしメンバーに、医療と工学をかけ合わせて何かやってみたいなと言うと、「それいいね!」「それありだね」みたいな感じで共感してくれて。

「それいいね」って言ってくれた瞬間に目の前が明るくなったというか、「やっていいんだ」「そういうのもありなんだ」と安心しました。

実際に、Summer Fes 2017で行ったVRの企画も、私がVRしてみたいと言ったら、武藤さんが企画を拾ってくれて実現することができました。

今までは、なかなか思っていても行動しないことが多かったのですが、Medical Future Fesに入って、思ったことを行動に移すことができる、フットワークが軽くなったな、と自分では思ってます。

若林さんは、本当に活発になりましたね。

「医療をこうしたい」「医療☓◯◯」をしたいという熱い思いを持っています。

いろんな分野に興味をもっていて、エネルギーが溢れているので、入ったばかりの頃と全然違うな、という印象です。

あと、副代表で外務を担当してもらっています。企業や外部団体の方とのコネクションづくりがメインの仕事なのですが、結構いろんな人とすぐ仲良くなるので、外務としてバッチリ、安心して任せられます。

 

ーーメンバーからみて代表の武藤さんはどんな人ですか。

本当に優しいです!! とても優しい。

LINE の文面もやさしいし、かわいいスタンプをめちゃくちゃ使います。

学校も忙しいはずなのに、どうしたらそんな時間があるのかというぐらい効率がよいし、それでいてすごく丁寧です。

安心してなんでも相談できる、理想的な先輩です。

照れるな〜。

ーー素敵なメンバーのいる学生団体さんですね。現在は新規のメンバー募集はされていますか。​​​​​​​

Medical Future Fesは今後、5年、10年、20年と続く団体にしたいと思っています。

1年生、2年生、3年生の下級生の学生が入ってくれたら嬉しいです。

医療以外の分野ともコラボしていきたいと考えているので、少しでも医療に興味のある学生であれば、学部問わずに入って欲しいです!

Medical Future Fesに興味を持ってくれた学生は下記HPよりお問い合わせしてみてくださいね。

↓↓

https://medicalfuturefes.jimdo.com/

Medical Future Fesさんのイベント紹介!

近日開催されるMedical Future Fesさんのイベントをご紹介します。

ご参加お待ちしています!

◎ 12/17(日)
「open innovationで描くこれからの医療」

さがらウィメンズヘルスケアグループ代表
社会医療法人博愛会 理事長
相良吉昭(さがら よしあき)先生にご講演をお願いしております✨
この機会に、自分のキャリア形成について改めて考えてみませんか?

↓ イベントの詳細はこちら ↓
https://m.facebook.com/events/126460984704515/?ti=icl

皆さまのお申し込みをお待ちしております💞

 


理系学生団体・サークル紹介

【理系団体取材】大阪府立大学 理系女子大学院生チーム「IRIS(アイリス I am a Researcher In Science)」

2018-01-25 12:05

理系学生団体紹介。 今回は大阪府立大学理系女子大学院生チーム「IRIS(アイリス)」をご紹介します。 IRISは大阪府立大学の理系女子大学院生チームです。 大阪府立大学の女性研究者支援事業の一環として、理系学部への進学に関心のある女子中高生に自身の大学生活や研究について紹介したり、小・中・高校生に科学の楽しさを伝えるサイエンス・キャンパスを実施しています。 IRISの活動は学内にとどまらず、学外のイベントでも幅広く活躍しています。

【理系学生団体取材】医療系学生団体Medical Future Fes(MFF)

2017-11-28 10:20

理系学生団体紹介シリーズ 今回は医療系学生団体Medical Future Fes(MFF)さんを紹介します。

【理系サークル取材】東京工業大学ロボット技術研究会

2017-08-24 23:07

理系のサークル、学生団体、部活の紹介シリーズ 今回は東京工業大学ロボット技術研究会を取材しました。

今年の夏も開催決定!大学生・高校生による体験型科学イベント 2017年8月26日27日 @日本科学未来館

2017-06-16 12:00

普段各地で科学イベントを実施している大学生・高校生の団体が大集結! それぞれ得意な方法で、皆さんにカガクの面白さを伝えます。

〜学生団体紹介シリーズ 〜 理系女子学生団体「リケチェン!」さんを取材しました。

2016-12-16 00:00

理系女子学生団体リケチェン!さんの全体ミーティングにお邪魔しました。 どんな活動をされているのか、メンバーにお話を伺いました。

企業訪問記事

自由設計の家を建てる株式会社タツミプランニングの設計・デザインを行う「デザイン・ラボ」とは?

2018-05-02 12:00

タツミプランニングさんは、主にお客様のご要望に応じたデザインを提供する注文住宅の建築会社です。 なぜ、100%自由設計することにこだわっているかというと、「お客様が自分の希望に沿ったデザインの家で暮らすことで、豊かな人生を送ってほしい。」という思いがあるからです。 私たちは、”注文住宅”と聞くと高額なため、顧客は富裕層の方ばかりだと思いますよね。しかし、タツミプランニングさんの顧客層は20代〜40代前半で、1棟あたりの建築費も2500万円前後が多いとのことです。 では、価格を抑えつつ、自由にデザインした家を建てられる秘密はどこにあるのでしょうか。

【企業取材】私たちの知らない「コネクタ」の秘密。イリソ電子工業さんの魅力に迫る

2018-04-05 10:00

東証一部上場のコネクタメーカー、イリソ電子工業株式会社を訪問し、女性エンジニアに理系学生がインタビューしました! そもそも、「コネクタ」ってみなさん知っていますか? 電気自動車の開発や工場の自動化が進む中、「コネクタ」はそれらの発展に欠かせない部品で、需要も拡大しています。 そう聞くと「コネクタ」は電気・電子・機械分野の出身者ばかりだと想像しますよね。しかしなんと、今回お話を聞く社員さんは化学系の出身とのこと。 なぜ、学生時代の専攻とは異なる分野に就職されたのか、就職活動について、仕事内容、入社してからのことについて、包み隠さずざっくばらんにお話していただきました。

これで解る!ものづくりの開発プロセス イリソ電子工業株式会社

2018-03-29 10:43

みなさん、一つの製品ができあがるまでの「ものづくりの開発フロー」について知っていますか? そこにはどんな仕事があるのでしょうか。 理系学生の私達が最初にまず思い浮かぶのは、開発、設計、製造の分野だと思います。しかし実際には、マーケティング、営業、資材調達や品質保証など様々な部門がそこには関わっているのです。 では、お客様からのご要望から実際に製品がお客様の手元に届くまで、社内外ではどのような議論や検討がされているのでしょうか。 今回、電子部品の一つである「コネクタ」の「開発設計・製造・販売」を一貫して行うイリソ電子工業株式会社(http://www.iriso.co.jp/)さんにご協力いただき、ものづくりの流れについて詳しく現場のお話を伺ってきました。 その内容をレポートします!!

急成長しているDMM.comラボ 新卒エンジニアに聞いた、モチベーション高く働ける理由とは?

2017-11-24 13:24

「DMM.comラボ」って、「DMM.com」とどう違うの? 「DMM.com」って名前を聞いたことがあるけれど、どんな事業をしているの? そんな疑問を持った私達は、 2017年3月に東京六本木へ移転したばかりというNewオフィスを訪問しました。

日本精工(NSK)で育児をしながら技術者として働く女性エンジニアにインタビュー

2017-11-13 16:59

理系学生による企業取材、日本精工(NSK)で育児をしながら技術者として働く女性エンジニア中村さんにお話を伺いました。

日本精工(NSK)でロボット開発を行う女性エンジニアにインタビュー

2017-10-27 17:45

日本精工(NSK)で働く女性エンジニアにインタビュー! 第二回は新領域商品開発センターでガイダンスロボットの開発を担当した田淵さんにお話を伺います

日本精工(NSK)とは何をつくって、どんなことをしているの?皆さんの疑問を解決します!

2017-10-06 14:33

ベアリング(軸受)の国内第1位、世界第3位のシェアを誇る、日本精工 (NSK)を企業訪問し取材してきました。 この取材を通して、少し詳しくなったので、ベアリングの魅力、日本精工 (NSK)の魅力について、皆さんわかりやすくお伝したいと思います。

理系女子の先輩、ジョンソン・エンド・ジョンソン(株) ビジョンケア カンパニー代表取締役プレジデント 海老原育子さんにインタビュー

2017-09-27 18:58

ジョンソン・エンド・ジョンソン(株) ビジョンケア カンパニー 代表取締役プレジデントの海老原さんに特別にインタビューさせていたくことになりました。 海老原さんに、学生時代のこと、技術職で活躍されていたこと、理系女子の先輩としてのアドバイスを頂きました。

海外での都市開発の仕事には常に新しい発見がある 大成建設(都市開発)

2017-07-21 14:00

理系学生が取材する企業訪問・先輩インタビューシリーズ。 今回は大成建設の都市開発本部で働く先輩を取材しました。 ゼネコンでの都市開発の魅力についてお話をお聞きしました。

設計した建物はまるで自分の子供のよう  大成建設(建築設計)

2017-07-21 14:00

理系学生が企業訪問&先輩インタビューを行う取材シリーズ。 今回は大成建設の設計本部で活躍されている野口さんにお話を伺いました。

ロングセラー商品の秘訣“「カルピス」らしさ”を大切にした商品開発とは!?アサヒ飲料株式会社

2017-07-05 11:14

アサヒ飲料さんでは長年愛されるロングセラーブランドを多く持っています。 今回、私たちも大好きな「カルピス」の開発を担当されている社員さんにお話を伺いました。

株式会社アイ・エム・ジェイ デジタルマーケティングのスペシャリスト集団

2017-07-03 12:00

理系女子学生が取材する「企業訪問・先輩インタビュー」シリーズ 今回は デジタルマーケティング事業を展開する株式会社アイ・エム・ジェイさんを訪問しました。 どんなお仕事をされているのか、エンジニアの方にお話を伺いました。

カルビーで働く女性エンジニアとポテトチップスの開発者に学生がインタビューしました!

2017-06-26 15:17

今回は、カルビーさんを訪問し、私たちが大好きなポテトチップスを開発している岩田さんと、開発後の量産を担当している開発支援課の佐藤さんにお話を伺いました!

株式会社パソナテックが作り出すIT・ものづくりと人をかけあわせたエンジニアの未来の働き方とは!?

2017-05-26 19:21

理系学生による企業取材シリーズ。 今回、私たちが取材させていただいたのは、西新宿のアイランドタワーに本社をおく、株式会社パソナテックさんです! その様子をレポートします。

株式会社リコー モノづくりの枠を超え、新しい価値を生み出す

2017-05-02 16:30

MFP(MultiFunction Printer=デジタル複合機)で世界トップクラスのシェアを誇るリコーさんを訪問し取材しました。

発明・技術を財産に!知的財産管理の仕事について グローバルウェーハズ・ジャパンの技術部・基盤技術グループ・知財チーム(東京駐在)にお話を伺いました

2017-04-06 10:00

“知財”って何だろう? どんな仕事をしているのだろう? 聞きなれないため、あまり想像ができない知財の世界。 今回は、技術職から知財の世界に飛び込まれた理系女子先輩にお仕事内容について詳しく教えていただきました!

デンソーの基礎研究所で働く 女性研究者にインタビュー

2017-03-24 17:30

デンソーさんの基礎研究所は愛知県日進市の愛知池という池のほとりに位置しています。 実際に基礎研究所での研究の様子や研究所で働く先輩理系女子社員のお二人を取材しました。

デンソーのダントツ工場推進部 女性技術者にインタビュー

2017-03-24 17:00

ダントツ工場推進部って何をしているの? 自動車部品メーカーって、男性が多そうだけど実際どうなの? デンソーの女性技術者にイタビューしました。

理系女子の先輩に聞いた!カメジョのリアル!!女性で働くということとは?

2017-03-03 16:00

亀田の柿の種、ハッピーターンなどでおなじみの亀田製菓株式会社様の理系女子先輩にお話しを伺ってきました。 大学ではどのような研究をされていたか、就職活動のこと、亀田製菓様に入社した理由などをインタビューしました。

亀田製菓様のお米を中心に研究開発しているお米研究所とは?

2017-03-03 14:30

「亀田の柿の種」、「ハッピーターン」でおなじみの亀田製菓様にはお米を中心として研究開発をしているお米研究所があります。 今回、お米研究所の所長丸山様に、研究所や研究内容についてお話しを伺いました。

「亀田の柿の種」「ハッピーターン」でおなじみの亀田製菓様に企業訪問&工場見学に行ってきました!

2017-03-02 15:00

理系女子が行く企業訪問シリーズ 誰もが知っている食品メーカである亀田製菓様に企業訪問しました。 亀田製菓様のこと、柿の種工場見学や、お米研究所、理系女子の先輩インタビューなど盛りだくさんの内容です!

日産自動車で働く魅力はこれだ! ー女性技術者にお話を伺いましたー

2017-03-02 14:00

自動車メーカーの理系の仕事と聞くとどのような仕事を皆さんイメージされますか? 今回、日産自動車株式会社のプラットフォーム・車両要素技術開発本部 内外技術開発部 空調・冷却システム開発グループの鈴木さんと 以前実験部に所属し、現在はアライアンスR&D人事部の天本さんに技術職の仕事内容や仕事をする上で活かせる女性としての強みについてお話を伺ってきました。

ダイバーシティ推進ってどんなことをするの? 日産自動車(株)さんに聞いてみました 

2017-03-02 12:00

ダイバーシティとは「多様性」と翻訳されることが多いですが、国籍や文化、性別、年齢などにとらわれず、人財を活用することで、「様々な視点や考え方」を取り入れ強い組織を作ることです。 今回は、日産自動車(株)のタイバーシティ推進部の室長である小林様に日産自動車での取り組みについてお話しを伺いました。

私たちの生活にはなくてはならないシリコンウェーハとは? グローバルウェーハズ・ジャパン(株)さんを訪問しました@新潟

2017-02-27 10:00

みなさん、シリコンウェーハとは何なのか、何に使われているのか知っていますか? 普段、私たちの生活の中ではあまり耳にしないシリコンウェーハですが、じつは私たちの生活を豊かにしてくれている偉大な存在なのです!! その素晴らしさを、会社の様子やそこで働く先輩女子技術者の先輩インタビューも含めてレポートします。

新聞社は文系職だけではない。理系が活躍する読売新聞東京本社さんに行ってきました!

2017-01-29 18:00

新聞の発行部数が世界一である読売新聞東京本社さんを取材しました。 新聞社というと、記者などのイメージが強く、文系職種だと思いますよね。 実は、理系職種もあり、多くの理系出身の先輩が活躍されています。 今回、新聞が出来上がるまでの工程から理系のお仕事、女性の働き方まで、理系女子が気になるお話を聞いてきました!

クラシエフーズ(株)『ねるねるねるね』長年愛される秘訣を大解剖!

2017-01-17 14:00

「ねるねるねるね」 きっと子供の時に1度は食べたことがあるのではないでしょうか? 長年愛されるクラシエフーズさんの商品「ねるねるねるね」の秘密に迫ります。

【企業訪問レポート】曙ブレーキ工業株式会社さんへ企業訪問に行ってきました!

2017-01-12 14:30

皆さんが普段利用している車や電車に必ずついているブレーキ!私たちの命を守ってくれていると言っても過言ではないとても大事な部品ですがどのような仕組みで働き、どのように作られているか知っていますか? そのブレーキを作っている曙ブレーキ工業株式会社さんへの企業訪問しお話を伺ってきました。

イベント

【イベント】日本精工(株) 仕事見学ツアー 『ものづくりの仕事 = エンジニアリング×キャリア×自分らしさ』 11/23(金・祝)11:00~16:00 (ランチ・交通費付き)

今回はNSK×RIKEJO CAFEコラボイベント第2弾『ものづくりの仕事 = エンジニアリング×キャリア×自分らしさ』と題して、女性エンジニアの職場や仕事ぶりを現場で見る、職場見学ツアーを企画いたしました! 今回の企画は、企業の最前線で働く女性エンジニアの職場に行き、どんな仕事をして、何にやりがいを感じているのか?学生さんの感じている将来への夢や不安を実際に見て、聞いて、確認するイベントです。 大学生活ではなかなか具体的なイメージがわきにくい「技術者って、会社で何をするの?」「仕事って、大学の知識がどうつながるの?」など、素朴な疑問にお答えします。

【会員募集!】理系女子未来創造プロジェクト学生会員

理系女子学生のキャリアを支援します

学生会員募集

一般社団法人理系女子未来創造プロジェクトでは会員を募集しております。

理系学生であれば男女関係なく登録できます。

 

【会員特典】

1)理系学生向けインターンシップ、就活情報、イベント情報がメールで届く

2) 企業訪問や先輩インタビューへの参加

3) イベント、業界セミナー、スキルアップ講座への参加

4) 企業様とのコラボイベントの企画参画

 

カテゴリー

記事検索

新着記事

全245件中 1〜 5件を表示

Twitter

Facebookページ

月間人気記事ランキング