Original

【理系学生団体紹介】子どもたちに理系の楽しさを伝えたい! お茶の水女子大学で活動する「お茶の水女子大学サイエンスコミュニケーション団体 おちゃっこLab.」

理系学生団体紹介シリーズ。

今回はお茶の水女子大学に通う理系女子が活動を行う「お茶の水女子大学サイエンスコミュニケーション団体 おちゃっこLab.」 (以下「おちゃっこLab.」という)さんを取材しました。

インタビューに参加したくれたのは、

代表の漆原さんと、メンバーの圓田さんです。

 

 代表 漆原さん:お茶の水女子大学 理学部 情報科学科 4年

 圓田さん:お茶の水女子大学 理学部 情報科学科 1年

「おちゃっこLab.」は今年2017年の6月に設立したばかり!設立の経緯について聞きました

ーー設立は今年の6月とのことですが、設立の経緯をお聞かせください。

 

私は実は、「Robogals Tokyo」という東京工業大学に支部のある学生団体にも所属しています。

そこでは、子ども向けにプログラミングを教えるイベントを開催していたのですが、東工大ではなく、自分の大学でも活動をしたいと思っていました。

というのも、お茶の水女子大学では、教職を目指している学生が多いので、同じ目標を持った人たちと一緒に何かイベントをできそうだと思ったからです。

そこで、もう一人「Robogals Tokyo」メンバーでお茶の水女子大学の子と一緒に「自分たちの大学で活動できる団体を作ろうか」という話になり、設立いたしました。

 

ーーでは、最初は2名からスタートしたわけですね。現在、メンバーは何人くらいいらっしゃるのでしょうか。

現在は10人くらいに増えています。

 

ーーどうやってメンバーを増やされたのでしょうか。

理系女性教育開発共同機構の加々美先生にもご協力いただき、機構のサイエンスイベントのスタッフとして参加している学生にも声をかけていただきました。

 

ーーメンバーである圓田さんはどういったきっかけで参加されましたか。

私はNPO法人サイエンスリンクという、「人と人、人と科学を繋げること」を目的に活動している学生団体にも入っています。NPO法人サイエンスリンクでは、活動の一環として、大学生主催の大規模科学イベント「サイエンスリンク」を企画・運営しています。

そのイベントの出展責任者ミーティングで漆原先輩と出会いました。

私は運営側として、漆原先輩は出展側の責任者としてミーティングに参加しており、漆原先輩と私は同じ大学の同じ情報科学科だったので、

 

「あっ、先輩だ!」

「あっ後輩だ!」

みたいな感じになって知り合い、「おちゃっこLab.」に入部しました。

私は今、2つの学生団体に所属していますが、「NPO法人サイエンスリンク」ではイベントの運営側の立場になれ、「おちゃっこLab.」では出展する側の立場になれるという両方の面で活動できているので、とても有意義で楽しいです!

活動内容

ーー「おちゃっこLab.」さんでは、実際どのような活動をされているのでしょうか。

私たちは、「子どもたちに理系の面白さを伝える」

ということを一番の目的として活動をしています。

また、私たちにとっても、子どもたちに教えることで、学べる場にしたいと思っています。

活動はまだまだ始まったばかりですが、

・2週間に1回、お昼休みなどに集まり、イベントの進捗確認や情報共有を行う。

・月に1〜2回イベントを実施する

を計画しています。

 

ーー今までどんなイベントを開催されましたか。

 

これは、「サイエンスリンク2017」で使ったLEGOロボットです。

迷路のようなフィールドを用意して、フィールド内でロボットを動かし、スタート地点からゴールを目指すという課題を子どもたちに与えます。

子どもたちは、このロボットの動きを専用のソフトを使いプログラミングしてゴールを目指します。

「女子中高生夏の学校2017」では、ただ単に黒と白のラインをトレースして進むだけではなく、カラーセンサーを使って、「赤」の箇所についたら左に曲がって、「青」の箇所についたら右に曲がるというような課題を付け加えました。

 

ーー先程、イベントを通して自分たちの学びの場にもしていきたいというお話がありましたが、やってみていかがでしょうか。

自分の想像の斜め上をいく回答や行動が子どもたちから出てきて、私自身とても刺激になっています。

例えば、先程のフィールド内で、スタートからゴールを目指すとなると、私たち大人だと一番、最短距離で行こうと考えると思います。

しかし、子どもたちからは「ここは曲がりたい」とか「ここはあえて、こっちの道を行きたい」とかそういう発想が出てきます。

こういった発想は、自分にはちょっとなくしてしまったものかもしれません。「そっか、こういう考え方もあるのだな。」という発見がイベントを開催していると多く、刺激になります。

私は、この活動を通して、子ども目線で考えることができるようになりました。

教育実習に行ったときも指導案を考えたり、研究授業の内容を考えたりする時に、この活動での経験がとても役に立ちました。

 

ーー活動している中で嬉しかったことはありますか。

私たちは、子どもたちに説明する時には、あえて「プログラミング」という言葉を使わずに、「ロボットにお手紙を書く」という表現をしています。

その方が子どもたちにも伝わりやすいからです。

実際イベントが終わった時に、参加してくれた子どもから「ロボットにお手紙がかけるようになった!」と言ってもらえた時はとても嬉しかったですね。

将来、その子どもたちが「あの時ロボットにお手紙を書いたけど、それってプログラミングだったんだ!」と思い出してくれればいいなと思っています。

 

ーー授業や勉強、学生団体の活動、アルバイトなど、とても皆さん忙しそうですが、大丈夫ですか。

「子どもたちはきっとこういう楽しみ方をしてくれるんだろうな」とか「子どもたちはこんなふうに使ってくれるのかな」とかイメージをしていると、忙しくても全然苦じゃないです!

本当に楽しみながら活動しています。

 

ーー今後はどのような活動をしていきたいですか。

「おちゃっこ.Lab」には、数学や物理、化学など様々な分野を専攻しているメンバーがいるので、ロボットに限らず、数学や物理、化学など、他の理系分野も楽しみながら好きになってもらえるような、イベントを開催したいと思います。

また、参加した子どもたちが、文系理系の選択においても、「苦手だから理系やめる」とか、「男の子が多いから理系やめる」というような理由ではなくて、理系分野の内容を知ってから考えて決めるきっかけになるような活動をしていきたいと思います。


「おちゃっこLab.」さんありがとうございました。

これからの活動がとても楽しみですね。「おちゃっこLab.」さんの活動を通して、一人でも多くの子どもたちが理系に興味をもってくれたら嬉しいです。

「おちゃっこLab.」さんからのお知らせ

「おちゃっこLab.」は2017年11月11日(土曜)12日(日曜)にお茶の水女子大学で開催される「徽音祭」にも出展し小学生から高校生向けのイベントを開催いたします。

ご参加お待ちしております。

「徽音祭」の公式サイト 

http://kiinsai.sakura.ne.jp/

 

2017年11月19日、26日にお茶の水女子大学にてサイエンスセミナーを開催!
<サイエンスセミナー>LEGOロボットでプログラミング:申込受付中

http://www-w.cf.ocha.ac.jp/cos/prog1116/

「おちゃっこLab.」さんのTwitter

https://twitter.com/OchaLab2017

 


理系学生団体・サークル紹介

【理系団体取材】大阪府立大学 理系女子大学院生チーム「IRIS(アイリス I am a Researcher In Science)」

2018-01-25 12:05

理系学生団体紹介。 今回は大阪府立大学理系女子大学院生チーム「IRIS(アイリス)」をご紹介します。 IRISは大阪府立大学の理系女子大学院生チームです。 大阪府立大学の女性研究者支援事業の一環として、理系学部への進学に関心のある女子中高生に自身の大学生活や研究について紹介したり、小・中・高校生に科学の楽しさを伝えるサイエンス・キャンパスを実施しています。 IRISの活動は学内にとどまらず、学外のイベントでも幅広く活躍しています。

【理系学生団体取材】医療系学生団体Medical Future Fes(MFF)

2017-11-28 10:20

理系学生団体紹介シリーズ 今回は医療系学生団体Medical Future Fes(MFF)さんを紹介します。

【理系サークル取材】東京工業大学ロボット技術研究会

2017-08-24 23:07

理系のサークル、学生団体、部活の紹介シリーズ 今回は東京工業大学ロボット技術研究会を取材しました。

今年の夏も開催決定!大学生・高校生による体験型科学イベント 2017年8月26日27日 @日本科学未来館

2017-06-16 12:00

普段各地で科学イベントを実施している大学生・高校生の団体が大集結! それぞれ得意な方法で、皆さんにカガクの面白さを伝えます。

〜学生団体紹介シリーズ 〜 理系女子学生団体「リケチェン!」さんを取材しました。

2016-12-16 00:00

理系女子学生団体リケチェン!さんの全体ミーティングにお邪魔しました。 どんな活動をされているのか、メンバーにお話を伺いました。

企業訪問記事

自由設計の家を建てる株式会社タツミプランニングの設計・デザインを行う「デザイン・ラボ」とは?

2018-05-02 12:00

タツミプランニングさんは、主にお客様のご要望に応じたデザインを提供する注文住宅の建築会社です。 なぜ、100%自由設計することにこだわっているかというと、「お客様が自分の希望に沿ったデザインの家で暮らすことで、豊かな人生を送ってほしい。」という思いがあるからです。 私たちは、”注文住宅”と聞くと高額なため、顧客は富裕層の方ばかりだと思いますよね。しかし、タツミプランニングさんの顧客層は20代〜40代前半で、1棟あたりの建築費も2500万円前後が多いとのことです。 では、価格を抑えつつ、自由にデザインした家を建てられる秘密はどこにあるのでしょうか。

【企業取材】私たちの知らない「コネクタ」の秘密。イリソ電子工業さんの魅力に迫る

2018-04-05 10:00

東証一部上場のコネクタメーカー、イリソ電子工業株式会社を訪問し、女性エンジニアに理系学生がインタビューしました! そもそも、「コネクタ」ってみなさん知っていますか? 電気自動車の開発や工場の自動化が進む中、「コネクタ」はそれらの発展に欠かせない部品で、需要も拡大しています。 そう聞くと「コネクタ」は電気・電子・機械分野の出身者ばかりだと想像しますよね。しかしなんと、今回お話を聞く社員さんは化学系の出身とのこと。 なぜ、学生時代の専攻とは異なる分野に就職されたのか、就職活動について、仕事内容、入社してからのことについて、包み隠さずざっくばらんにお話していただきました。

これで解る!ものづくりの開発プロセス イリソ電子工業株式会社

2018-03-29 10:43

みなさん、一つの製品ができあがるまでの「ものづくりの開発フロー」について知っていますか? そこにはどんな仕事があるのでしょうか。 理系学生の私達が最初にまず思い浮かぶのは、開発、設計、製造の分野だと思います。しかし実際には、マーケティング、営業、資材調達や品質保証など様々な部門がそこには関わっているのです。 では、お客様からのご要望から実際に製品がお客様の手元に届くまで、社内外ではどのような議論や検討がされているのでしょうか。 今回、電子部品の一つである「コネクタ」の「開発設計・製造・販売」を一貫して行うイリソ電子工業株式会社(http://www.iriso.co.jp/)さんにご協力いただき、ものづくりの流れについて詳しく現場のお話を伺ってきました。 その内容をレポートします!!

急成長しているDMM.comラボ 新卒エンジニアに聞いた、モチベーション高く働ける理由とは?

2017-11-24 13:24

「DMM.comラボ」って、「DMM.com」とどう違うの? 「DMM.com」って名前を聞いたことがあるけれど、どんな事業をしているの? そんな疑問を持った私達は、 2017年3月に東京六本木へ移転したばかりというNewオフィスを訪問しました。

日本精工(NSK)で育児をしながら技術者として働く女性エンジニアにインタビュー

2017-11-13 16:59

理系学生による企業取材、日本精工(NSK)で育児をしながら技術者として働く女性エンジニア中村さんにお話を伺いました。

日本精工(NSK)でロボット開発を行う女性エンジニアにインタビュー

2017-10-27 17:45

日本精工(NSK)で働く女性エンジニアにインタビュー! 第二回は新領域商品開発センターでガイダンスロボットの開発を担当した田淵さんにお話を伺います

日本精工(NSK)とは何をつくって、どんなことをしているの?皆さんの疑問を解決します!

2017-10-06 14:33

ベアリング(軸受)の国内第1位、世界第3位のシェアを誇る、日本精工 (NSK)を企業訪問し取材してきました。 この取材を通して、少し詳しくなったので、ベアリングの魅力、日本精工 (NSK)の魅力について、皆さんわかりやすくお伝したいと思います。

理系女子の先輩、ジョンソン・エンド・ジョンソン(株) ビジョンケア カンパニー代表取締役プレジデント 海老原育子さんにインタビュー

2017-09-27 18:58

ジョンソン・エンド・ジョンソン(株) ビジョンケア カンパニー 代表取締役プレジデントの海老原さんに特別にインタビューさせていたくことになりました。 海老原さんに、学生時代のこと、技術職で活躍されていたこと、理系女子の先輩としてのアドバイスを頂きました。

海外での都市開発の仕事には常に新しい発見がある 大成建設(都市開発)

2017-07-21 14:00

理系学生が取材する企業訪問・先輩インタビューシリーズ。 今回は大成建設の都市開発本部で働く先輩を取材しました。 ゼネコンでの都市開発の魅力についてお話をお聞きしました。

設計した建物はまるで自分の子供のよう  大成建設(建築設計)

2017-07-21 14:00

理系学生が企業訪問&先輩インタビューを行う取材シリーズ。 今回は大成建設の設計本部で活躍されている野口さんにお話を伺いました。

ロングセラー商品の秘訣“「カルピス」らしさ”を大切にした商品開発とは!?アサヒ飲料株式会社

2017-07-05 11:14

アサヒ飲料さんでは長年愛されるロングセラーブランドを多く持っています。 今回、私たちも大好きな「カルピス」の開発を担当されている社員さんにお話を伺いました。

株式会社アイ・エム・ジェイ デジタルマーケティングのスペシャリスト集団

2017-07-03 12:00

理系女子学生が取材する「企業訪問・先輩インタビュー」シリーズ 今回は デジタルマーケティング事業を展開する株式会社アイ・エム・ジェイさんを訪問しました。 どんなお仕事をされているのか、エンジニアの方にお話を伺いました。

カルビーで働く女性エンジニアとポテトチップスの開発者に学生がインタビューしました!

2017-06-26 15:17

今回は、カルビーさんを訪問し、私たちが大好きなポテトチップスを開発している岩田さんと、開発後の量産を担当している開発支援課の佐藤さんにお話を伺いました!

株式会社パソナテックが作り出すIT・ものづくりと人をかけあわせたエンジニアの未来の働き方とは!?

2017-05-26 19:21

理系学生による企業取材シリーズ。 今回、私たちが取材させていただいたのは、西新宿のアイランドタワーに本社をおく、株式会社パソナテックさんです! その様子をレポートします。

株式会社リコー モノづくりの枠を超え、新しい価値を生み出す

2017-05-02 16:30

MFP(MultiFunction Printer=デジタル複合機)で世界トップクラスのシェアを誇るリコーさんを訪問し取材しました。

発明・技術を財産に!知的財産管理の仕事について グローバルウェーハズ・ジャパンの技術部・基盤技術グループ・知財チーム(東京駐在)にお話を伺いました

2017-04-06 10:00

“知財”って何だろう? どんな仕事をしているのだろう? 聞きなれないため、あまり想像ができない知財の世界。 今回は、技術職から知財の世界に飛び込まれた理系女子先輩にお仕事内容について詳しく教えていただきました!

デンソーの基礎研究所で働く 女性研究者にインタビュー

2017-03-24 17:30

デンソーさんの基礎研究所は愛知県日進市の愛知池という池のほとりに位置しています。 実際に基礎研究所での研究の様子や研究所で働く先輩理系女子社員のお二人を取材しました。

デンソーのダントツ工場推進部 女性技術者にインタビュー

2017-03-24 17:00

ダントツ工場推進部って何をしているの? 自動車部品メーカーって、男性が多そうだけど実際どうなの? デンソーの女性技術者にイタビューしました。

理系女子の先輩に聞いた!カメジョのリアル!!女性で働くということとは?

2017-03-03 16:00

亀田の柿の種、ハッピーターンなどでおなじみの亀田製菓株式会社様の理系女子先輩にお話しを伺ってきました。 大学ではどのような研究をされていたか、就職活動のこと、亀田製菓様に入社した理由などをインタビューしました。

亀田製菓様のお米を中心に研究開発しているお米研究所とは?

2017-03-03 14:30

「亀田の柿の種」、「ハッピーターン」でおなじみの亀田製菓様にはお米を中心として研究開発をしているお米研究所があります。 今回、お米研究所の所長丸山様に、研究所や研究内容についてお話しを伺いました。

「亀田の柿の種」「ハッピーターン」でおなじみの亀田製菓様に企業訪問&工場見学に行ってきました!

2017-03-02 15:00

理系女子が行く企業訪問シリーズ 誰もが知っている食品メーカである亀田製菓様に企業訪問しました。 亀田製菓様のこと、柿の種工場見学や、お米研究所、理系女子の先輩インタビューなど盛りだくさんの内容です!

日産自動車で働く魅力はこれだ! ー女性技術者にお話を伺いましたー

2017-03-02 14:00

自動車メーカーの理系の仕事と聞くとどのような仕事を皆さんイメージされますか? 今回、日産自動車株式会社のプラットフォーム・車両要素技術開発本部 内外技術開発部 空調・冷却システム開発グループの鈴木さんと 以前実験部に所属し、現在はアライアンスR&D人事部の天本さんに技術職の仕事内容や仕事をする上で活かせる女性としての強みについてお話を伺ってきました。

ダイバーシティ推進ってどんなことをするの? 日産自動車(株)さんに聞いてみました 

2017-03-02 12:00

ダイバーシティとは「多様性」と翻訳されることが多いですが、国籍や文化、性別、年齢などにとらわれず、人財を活用することで、「様々な視点や考え方」を取り入れ強い組織を作ることです。 今回は、日産自動車(株)のタイバーシティ推進部の室長である小林様に日産自動車での取り組みについてお話しを伺いました。

私たちの生活にはなくてはならないシリコンウェーハとは? グローバルウェーハズ・ジャパン(株)さんを訪問しました@新潟

2017-02-27 10:00

みなさん、シリコンウェーハとは何なのか、何に使われているのか知っていますか? 普段、私たちの生活の中ではあまり耳にしないシリコンウェーハですが、じつは私たちの生活を豊かにしてくれている偉大な存在なのです!! その素晴らしさを、会社の様子やそこで働く先輩女子技術者の先輩インタビューも含めてレポートします。

新聞社は文系職だけではない。理系が活躍する読売新聞東京本社さんに行ってきました!

2017-01-29 18:00

新聞の発行部数が世界一である読売新聞東京本社さんを取材しました。 新聞社というと、記者などのイメージが強く、文系職種だと思いますよね。 実は、理系職種もあり、多くの理系出身の先輩が活躍されています。 今回、新聞が出来上がるまでの工程から理系のお仕事、女性の働き方まで、理系女子が気になるお話を聞いてきました!

クラシエフーズ(株)『ねるねるねるね』長年愛される秘訣を大解剖!

2017-01-17 14:00

「ねるねるねるね」 きっと子供の時に1度は食べたことがあるのではないでしょうか? 長年愛されるクラシエフーズさんの商品「ねるねるねるね」の秘密に迫ります。

【企業訪問レポート】曙ブレーキ工業株式会社さんへ企業訪問に行ってきました!

2017-01-12 14:30

皆さんが普段利用している車や電車に必ずついているブレーキ!私たちの命を守ってくれていると言っても過言ではないとても大事な部品ですがどのような仕組みで働き、どのように作られているか知っていますか? そのブレーキを作っている曙ブレーキ工業株式会社さんへの企業訪問しお話を伺ってきました。

イベント

【19卒 会社説明会開催】理系出身の技術者が多く活躍するイリソ電子工業株式会社 @新横浜 

イリソ電子工業株式会社は東証一部上場のコネクタメーカーです。 電子部品の一つである「コネクタ」の「設計開発・製造・販売」を一貫して行っており、機械系、電気・電子系、化学・物質工学系の理系出身の技術者が多く活躍しています。 イリソ電子工業の製品は車載分野において高い評価を得ており、電気自動車やハイブリッド車の普及によりますます需要の拡大が見込まれています。 また、IoTに対応した産業機械向けのコネクタ開発にも着手しています。 就職活動はご縁でもあります。ぜひ一度当社へ足を運んで頂き、ご自身の軸に合うかどうかを、まずは確かめてみてください。オフィス見学も実施致しますので、実際に働くイメージが持てることと思います。 さらに、当社にご縁があった場合の勤務地は新横浜、転勤無です。※技術系に限り そのため、女性としてのライフイベントと、仕事の両立もしやすい環境にあります。

【会員募集!】理系女子未来創造プロジェクト学生会員

理系女子学生のキャリアを支援します

学生会員募集

一般社団法人理系女子未来創造プロジェクトでは会員を募集しております。

理系学生であれば男女関係なく登録できます。

 

【会員特典】

1)理系学生向けインターンシップ、就活情報、イベント情報がメールで届く

2) 企業訪問や先輩インタビューへの参加

3) イベント、業界セミナー、スキルアップ講座への参加

4) 企業様とのコラボイベントの企画参画

 

カテゴリー

記事検索

新着記事

全243件中 1〜 5件を表示

Twitter

Facebookページ

月間人気記事ランキング