Original

クラシエフーズ(株)『ねるねるねるね』長年愛される秘訣を大解剖!

『ねるねるねるね』を取材したい!

『ねるねるねるね』

この商品名はみなさんご存知ですよね!「ねっておいしい、ねるねるねーるね」

きっと子供の頃に1度は食べたことがあるのではないでしょうか?

そういう私も『ねるねるねるね』が大好きで、大学生になった今でも月2回ぐらいは食べています。

「なぜ、色が変わるんだろう?」「なぜふくらむんだろう」と子供の頃、不思議じゃなかったでしょうか?

これは、phによって色が変わる「色素の性質」を利用しています。

楽しみながら学べる「知育菓子®︎」を展開し長年愛され続ける秘訣を是非取材したいと思い、クラシエフーズ(株)マーケティング室 菓子グループの津田さんにお話を伺いました。

 

『ねるねるねるね』が誕生したきっかけは?

 

『ねるねるねるね』が誕生したきっかけをお聞かせください。

津田さん:商品開発当時、弊社では子供向けの粉末ジュースを発売していました。

粉を水で溶かすと、シュワシュワしたコーラーのような飲み物になるものです。

この商品をきっかけに、粉を使って何か子供向けに楽しんでもらえるものはできないかと考え始めました。

そこで、当時の商品開発担当者は、子供をとにかく観察しました。

ある時、子供が公園の砂場で、一心不乱に土を練ったりこねたりしている様子から、その楽しさを自分の手を動かして感じられるお菓子を作ろうと思ったことがきっかけと聞いています。

 

消費者である子供を観察することで生まれた商品なのですね!

「知育菓子®︎」に込められた思い

 

『ねるねるねるね』は遊びながら、楽しみながら、作ることで自然と成長に必要な力が身についていくお菓子「知育菓子®︎」としても有名ですよね。

「知育菓子®︎」としてお客様からの反響はいかがでしょうか?

 

津田さん:お客様からの反響は大きいです。特に子供の夏休みの自由研究に使用したという声は多く頂きますね。

実は、『じっけんねるねる』という商品があるのですが、この商品は小学校の先生と一緒に商品開発を行いました。

色が変わるしくみ、ふくらむしくみを実験できるようになっています。

また、同封されている「実験ノート」の構成は小学校の先生からのアドバイスをいただきながら、作り上げました。

この商品は、実際に小学校の授業にも使われているのですよ。

また自宅で実験した後に、パッケージのQRコードから「発表シート」をダウンロードして記入し、夏休みの自由研究として発表することもできるようになっています。

他にも「おえかきグミランド」では色の仕組みや三原色を学んだという声も多く寄せられています。

 

青(ソーダ味)と赤(グレープ味)を混ぜると紫色(グレープソーダ味)に変化するように、このお菓子では粉に青・赤・黄色の3色を混ぜることでおえかき感覚でいろんな色や形のカラフルなグミを作れるようになっています。色だけでなく、味の変化も学ぶことができる「知育菓子®︎」の中でも好評の商品です。

小さいお子さんは、幼稚園で色水混ぜを行なって、三色の原理を学ぶ時期ですが、親御さんからは商品で最初に学んだという声や、教科書は普段そんなに真剣に読まないのに、この商品の説明書は真剣に読み、作り方を学びましたという声をいただいています。

 

子供たちは楽しみながら創造力や好奇心、探究心を向上することができるのが「知育菓子®︎」の魅力ですね。

また、「知育菓子®︎」には保存料や合成着色料を一切使用していないというのは本当でしょうか?

 

津田さん:本当です。安全で安心して食べられることを大切にしており、天然の色素を使用しています。

 

着色料については、赤キャベツなどの野菜やクチナシの色素をはじめ、安全が確認されている着色料を使用しており、合成着色料は使用しておりません。
「ねるねるねるねブドウ味」の色の変わる理由は、pHによって色が変化する「色素の性質」を利用しているからです。この色素は「アントシアニン系色素」と呼ばれ、酸性、アルカリ性のものを混ぜると色が変化するという性質をもち、赤キャベツやブルーベリーなどにも含まれております

引用:ねるね研究室

 

これならお子さんも安心して召し上がれますね!

 

今年で30周年!実は6年前にブドウ味が変化していた!

発売30周年を迎えた『ねるねるねるね』ですが、販売当初こそ大ヒットしたものの、

その売上は徐々に下がり、実は、販売存続の危機もあったそうです。

そんな中、売上を見事V字回復させ、再び大人気の商品となったヒミツをお聞きしました。

見事売り上げをV字回復させた戦略をお聞かせください。

現代の子供が『ねるねるねるね』をどう捉えているのか改めてみんなで全ての見直しに取り組んでみました。

それまで『ねるねるねるね』は社内で大きな存在であり、長年続いている商品で9割近くのスーパーで販売されていた状態だったため、一から商品を見直すことはしてきませんでした。

そこで、商品名はこのままでいいのか、パッケージはどうか、今の子供は作るというのが面倒だから買ってもらえないのではないか。など商品について一から見直してみるという取り組みを1年近くかけて行いました。

この取り組みが、とても重要だったと考えています。

味やパッケージを変更されたのでしょうか?

『ねるねるねるね』で昔から圧倒的に売れている味は「ブドウ味」なのですが、実は6年前に一度味を変えているのです。

実際に『ねるねるねるね』を食べていただいているお子様の様子を伺うと、「酸っぱい」という反応が見受けられました。

調査してみると、例えば、学校の給食で使用されるマヨネーズは市販のマヨネーズよりも酸味を抑えているようで、他にも某会社のグレープジュースも近年酸味を抑えているということが分かりました。

そこで、「酸味を苦手とするお子様が増えてきているのではないか」という仮説を立てて、

甘味を増やした『ねるねるねるね』で消費者テストを行ったところ、支持されたため、味の変更を行いました。

 

パッケージも大きく変更しています。

現代の子供たちは、スマホで写真をとったり、動画を見たりなどビジュアル慣れをしており、昔よりリアルなものを見ていると考えました。

想像しながら作る楽しさもありますが、パッケージで出来上がりやトッピングなど、リアルな写真を見せる方が良いと判断し今のパッケージになりました。

これが大きなターニングポイントとなり、はじめは”謎”が売りでしたが、リアルな状態を見せる方向へとシフトしました。

 

つまり消費者の目線に立つという原点に立ち返り、売り上げを回復させたんですね。
ただ、子供達の’ねるねる’することに対する好奇心は昔も今も変わっていないそうです。
津田さんが、「誰よりも5歳児の気持ちがわかる」と誇らしげにおっしゃっていたのが印象的でした。

 

今後の商品展開について

 

 

昨年11月に発売された「パーティねるねる」 

津田さん:ブランド自体をどうしていきたいか考えたときに今年で30周年ということもあり、今までにやったことのない企画をしようと思いました。

Youtubeなどではとても大きなボウルで『ねるねるねるね』を作って、みんなで盛り上がっていただいている様子がアップされています。そこで、みんなで楽しめるように商品化しました。

また、『ねるねるねるね』とはまた別で『ポッピンクッキン』というシリーズを展開しています。

 

子供がお店屋さんごっこやごっこ遊びをなりきって体験できる商品になっています。

私たちは、子供にとってお菓子やおやつの時間は大切だと考えています。

大きくなると友達と外で遊んだり、ゲームで遊んだりいろんな選択肢がでてくると思うのですが、それでも、おやつの時間はとても楽しい時間だと思うので、ただ食べておなか一杯になるだけでなく、自分の手で作り食べるたのしさと出来上がる嬉しさを味わっていただけたらと思っています。

 

 

子供に楽しんでもらいたいという純粋な気持ちから、面白い商品を作り続けるクラシエフーズさん。長く愛される秘訣はこういう思いだったのですね。

今後の商品展開にも注目していきたいです。

今回は取材にご協力いただきまして本当にありがとうございました

 

RIKEJO CAFE スタッフ

RIKEJO CAFE スタッフ

RIKEJO CAFE の理系女子スタッフ


企業訪問記事

自由設計の家を建てる株式会社タツミプランニングの設計・デザインを行う「デザイン・ラボ」とは?

2018-05-02 12:00

タツミプランニングさんは、主にお客様のご要望に応じたデザインを提供する注文住宅の建築会社です。 なぜ、100%自由設計することにこだわっているかというと、「お客様が自分の希望に沿ったデザインの家で暮らすことで、豊かな人生を送ってほしい。」という思いがあるからです。 私たちは、”注文住宅”と聞くと高額なため、顧客は富裕層の方ばかりだと思いますよね。しかし、タツミプランニングさんの顧客層は20代〜40代前半で、1棟あたりの建築費も2500万円前後が多いとのことです。 では、価格を抑えつつ、自由にデザインした家を建てられる秘密はどこにあるのでしょうか。

【企業取材】私たちの知らない「コネクタ」の秘密。イリソ電子工業さんの魅力に迫る

2018-04-05 10:00

東証一部上場のコネクタメーカー、イリソ電子工業株式会社を訪問し、女性エンジニアに理系学生がインタビューしました! そもそも、「コネクタ」ってみなさん知っていますか? 電気自動車の開発や工場の自動化が進む中、「コネクタ」はそれらの発展に欠かせない部品で、需要も拡大しています。 そう聞くと「コネクタ」は電気・電子・機械分野の出身者ばかりだと想像しますよね。しかしなんと、今回お話を聞く社員さんは化学系の出身とのこと。 なぜ、学生時代の専攻とは異なる分野に就職されたのか、就職活動について、仕事内容、入社してからのことについて、包み隠さずざっくばらんにお話していただきました。

これで解る!ものづくりの開発プロセス イリソ電子工業株式会社

2018-03-29 10:43

みなさん、一つの製品ができあがるまでの「ものづくりの開発フロー」について知っていますか? そこにはどんな仕事があるのでしょうか。 理系学生の私達が最初にまず思い浮かぶのは、開発、設計、製造の分野だと思います。しかし実際には、マーケティング、営業、資材調達や品質保証など様々な部門がそこには関わっているのです。 では、お客様からのご要望から実際に製品がお客様の手元に届くまで、社内外ではどのような議論や検討がされているのでしょうか。 今回、電子部品の一つである「コネクタ」の「開発設計・製造・販売」を一貫して行うイリソ電子工業株式会社(http://www.iriso.co.jp/)さんにご協力いただき、ものづくりの流れについて詳しく現場のお話を伺ってきました。 その内容をレポートします!!

急成長しているDMM.comラボ 新卒エンジニアに聞いた、モチベーション高く働ける理由とは?

2017-11-24 13:24

「DMM.comラボ」って、「DMM.com」とどう違うの? 「DMM.com」って名前を聞いたことがあるけれど、どんな事業をしているの? そんな疑問を持った私達は、 2017年3月に東京六本木へ移転したばかりというNewオフィスを訪問しました。

日本精工(NSK)で育児をしながら技術者として働く女性エンジニアにインタビュー

2017-11-13 16:59

理系学生による企業取材、日本精工(NSK)で育児をしながら技術者として働く女性エンジニア中村さんにお話を伺いました。

日本精工(NSK)でロボット開発を行う女性エンジニアにインタビュー

2017-10-27 17:45

日本精工(NSK)で働く女性エンジニアにインタビュー! 第二回は新領域商品開発センターでガイダンスロボットの開発を担当した田淵さんにお話を伺います

日本精工(NSK)とは何をつくって、どんなことをしているの?皆さんの疑問を解決します!

2017-10-06 14:33

ベアリング(軸受)の国内第1位、世界第3位のシェアを誇る、日本精工 (NSK)を企業訪問し取材してきました。 この取材を通して、少し詳しくなったので、ベアリングの魅力、日本精工 (NSK)の魅力について、皆さんわかりやすくお伝したいと思います。

理系女子の先輩、ジョンソン・エンド・ジョンソン(株) ビジョンケア カンパニー代表取締役プレジデント 海老原育子さんにインタビュー

2017-09-27 18:58

ジョンソン・エンド・ジョンソン(株) ビジョンケア カンパニー 代表取締役プレジデントの海老原さんに特別にインタビューさせていたくことになりました。 海老原さんに、学生時代のこと、技術職で活躍されていたこと、理系女子の先輩としてのアドバイスを頂きました。

海外での都市開発の仕事には常に新しい発見がある 大成建設(都市開発)

2017-07-21 14:00

理系学生が取材する企業訪問・先輩インタビューシリーズ。 今回は大成建設の都市開発本部で働く先輩を取材しました。 ゼネコンでの都市開発の魅力についてお話をお聞きしました。

設計した建物はまるで自分の子供のよう  大成建設(建築設計)

2017-07-21 14:00

理系学生が企業訪問&先輩インタビューを行う取材シリーズ。 今回は大成建設の設計本部で活躍されている野口さんにお話を伺いました。

ロングセラー商品の秘訣“「カルピス」らしさ”を大切にした商品開発とは!?アサヒ飲料株式会社

2017-07-05 11:14

アサヒ飲料さんでは長年愛されるロングセラーブランドを多く持っています。 今回、私たちも大好きな「カルピス」の開発を担当されている社員さんにお話を伺いました。

株式会社アイ・エム・ジェイ デジタルマーケティングのスペシャリスト集団

2017-07-03 12:00

理系女子学生が取材する「企業訪問・先輩インタビュー」シリーズ 今回は デジタルマーケティング事業を展開する株式会社アイ・エム・ジェイさんを訪問しました。 どんなお仕事をされているのか、エンジニアの方にお話を伺いました。

カルビーで働く女性エンジニアとポテトチップスの開発者に学生がインタビューしました!

2017-06-26 15:17

今回は、カルビーさんを訪問し、私たちが大好きなポテトチップスを開発している岩田さんと、開発後の量産を担当している開発支援課の佐藤さんにお話を伺いました!

株式会社パソナテックが作り出すIT・ものづくりと人をかけあわせたエンジニアの未来の働き方とは!?

2017-05-26 19:21

理系学生による企業取材シリーズ。 今回、私たちが取材させていただいたのは、西新宿のアイランドタワーに本社をおく、株式会社パソナテックさんです! その様子をレポートします。

株式会社リコー モノづくりの枠を超え、新しい価値を生み出す

2017-05-02 16:30

MFP(MultiFunction Printer=デジタル複合機)で世界トップクラスのシェアを誇るリコーさんを訪問し取材しました。

発明・技術を財産に!知的財産管理の仕事について グローバルウェーハズ・ジャパンの技術部・基盤技術グループ・知財チーム(東京駐在)にお話を伺いました

2017-04-06 10:00

“知財”って何だろう? どんな仕事をしているのだろう? 聞きなれないため、あまり想像ができない知財の世界。 今回は、技術職から知財の世界に飛び込まれた理系女子先輩にお仕事内容について詳しく教えていただきました!

デンソーの基礎研究所で働く 女性研究者にインタビュー

2017-03-24 17:30

デンソーさんの基礎研究所は愛知県日進市の愛知池という池のほとりに位置しています。 実際に基礎研究所での研究の様子や研究所で働く先輩理系女子社員のお二人を取材しました。

デンソーのダントツ工場推進部 女性技術者にインタビュー

2017-03-24 17:00

ダントツ工場推進部って何をしているの? 自動車部品メーカーって、男性が多そうだけど実際どうなの? デンソーの女性技術者にイタビューしました。

理系女子の先輩に聞いた!カメジョのリアル!!女性で働くということとは?

2017-03-03 16:00

亀田の柿の種、ハッピーターンなどでおなじみの亀田製菓株式会社様の理系女子先輩にお話しを伺ってきました。 大学ではどのような研究をされていたか、就職活動のこと、亀田製菓様に入社した理由などをインタビューしました。

亀田製菓様のお米を中心に研究開発しているお米研究所とは?

2017-03-03 14:30

「亀田の柿の種」、「ハッピーターン」でおなじみの亀田製菓様にはお米を中心として研究開発をしているお米研究所があります。 今回、お米研究所の所長丸山様に、研究所や研究内容についてお話しを伺いました。

「亀田の柿の種」「ハッピーターン」でおなじみの亀田製菓様に企業訪問&工場見学に行ってきました!

2017-03-02 15:00

理系女子が行く企業訪問シリーズ 誰もが知っている食品メーカである亀田製菓様に企業訪問しました。 亀田製菓様のこと、柿の種工場見学や、お米研究所、理系女子の先輩インタビューなど盛りだくさんの内容です!

日産自動車で働く魅力はこれだ! ー女性技術者にお話を伺いましたー

2017-03-02 14:00

自動車メーカーの理系の仕事と聞くとどのような仕事を皆さんイメージされますか? 今回、日産自動車株式会社のプラットフォーム・車両要素技術開発本部 内外技術開発部 空調・冷却システム開発グループの鈴木さんと 以前実験部に所属し、現在はアライアンスR&D人事部の天本さんに技術職の仕事内容や仕事をする上で活かせる女性としての強みについてお話を伺ってきました。

ダイバーシティ推進ってどんなことをするの? 日産自動車(株)さんに聞いてみました 

2017-03-02 12:00

ダイバーシティとは「多様性」と翻訳されることが多いですが、国籍や文化、性別、年齢などにとらわれず、人財を活用することで、「様々な視点や考え方」を取り入れ強い組織を作ることです。 今回は、日産自動車(株)のタイバーシティ推進部の室長である小林様に日産自動車での取り組みについてお話しを伺いました。

私たちの生活にはなくてはならないシリコンウェーハとは? グローバルウェーハズ・ジャパン(株)さんを訪問しました@新潟

2017-02-27 10:00

みなさん、シリコンウェーハとは何なのか、何に使われているのか知っていますか? 普段、私たちの生活の中ではあまり耳にしないシリコンウェーハですが、じつは私たちの生活を豊かにしてくれている偉大な存在なのです!! その素晴らしさを、会社の様子やそこで働く先輩女子技術者の先輩インタビューも含めてレポートします。

新聞社は文系職だけではない。理系が活躍する読売新聞東京本社さんに行ってきました!

2017-01-29 18:00

新聞の発行部数が世界一である読売新聞東京本社さんを取材しました。 新聞社というと、記者などのイメージが強く、文系職種だと思いますよね。 実は、理系職種もあり、多くの理系出身の先輩が活躍されています。 今回、新聞が出来上がるまでの工程から理系のお仕事、女性の働き方まで、理系女子が気になるお話を聞いてきました!

クラシエフーズ(株)『ねるねるねるね』長年愛される秘訣を大解剖!

2017-01-17 14:00

「ねるねるねるね」 きっと子供の時に1度は食べたことがあるのではないでしょうか? 長年愛されるクラシエフーズさんの商品「ねるねるねるね」の秘密に迫ります。

【企業訪問レポート】曙ブレーキ工業株式会社さんへ企業訪問に行ってきました!

2017-01-12 14:30

皆さんが普段利用している車や電車に必ずついているブレーキ!私たちの命を守ってくれていると言っても過言ではないとても大事な部品ですがどのような仕組みで働き、どのように作られているか知っていますか? そのブレーキを作っている曙ブレーキ工業株式会社さんへの企業訪問しお話を伺ってきました。

技術の秘密基地 ジヤトコ株式会社さんの未来技術センターとは!?

2016-11-21 10:00

CMでよく耳にするようになった自動運転など、近年、ますますハイテクな自動車が登場してきました。 車の性能向上には、それを構成する一つ一つの部品が要です。トランスミッションも勿論そうです。 ジヤトコ株式会社さんでも、乗りやすく、さらに高性能の自動車・トランスミッションを追求するため、研究開発に力を注いでいます。その中心になるのが“未来技術センター”。 最先端テクノロジー開発のため、普段は立ち入ることができない施設を、今回特別に見学させていただきました!

イベント

【名古屋開催】あなたも愛され女子に!理系女子(リケジョ)のための人間力UP講座 参加者募集 2018年5月13日(日)

対人関係、就職活動、恋愛など… 学生生活には悩みがつきもの。 理系女子(リケジョ)独特の悩みもたくさんありますよね! そんな悩みを理系女子(リケジョ)同士で集まって共有しませんか? 事前に講座を受講したメンバーからは「何だか明日から楽しみ」「悩んでいたことが楽になった」と大好評でした! 本当に人生が変わる、素敵なお話が聞けますのでお楽しみに!! さらに、イベントでは、今話題になりつつあるレジンを使ったヘアアクセサリー作りも行います! お好きなドライフラワーなどのパーツを選んでいただきヘアゴムまたはヘアピンを作っていただきます。 みんなでワイワイ楽しみながら自分だけのヘアアクセサリーを作りましょう!

【会員募集!】理系女子未来創造プロジェクト学生会員

理系女子学生のキャリアを支援します

学生会員募集

一般社団法人理系女子未来創造プロジェクトでは会員を募集しております。

理系学生であれば男女関係なく登録できます。

 

【会員特典】

1)理系学生向けインターンシップ、就活情報、イベント情報がメールで届く

2) 企業訪問や先輩インタビューへの参加

3) イベント、業界セミナー、スキルアップ講座への参加

4) 企業様とのコラボイベントの企画参画

 

カテゴリー

記事検索

新着記事

全227件中 1〜 5件を表示

Facebookページ

月間人気記事ランキング