【筑波大学生物資源学類レポートNo5】女性研究者としての働き方 農林生物コース

蔬菜・花卉学研究室に所属するお二人の理系女子先輩にお話しを伺いました。

博士号を取ってからの女性の働き方を紹介します。

女性研究者としての働き方

院に進み研究者になろうと思ったきっかけを教えてください

院に進もうと思ったのは、4年で研究室に配属されて実験をしたときに「楽しい」と思いこれを続けたいという思いから院に行くことを決めました。

大学は農学部で、研究では『収穫後果物が成熟や老化でおいしくなくなることがありますが、どうやったらおいしい期間を延ばせるか』という研究をしていました。

修士課程と博士課程の違いはありますか?

やはり、博士課程の方が、責任が大きいです。

また、博士課程では国際雑誌などに論文を提出したり、学会に出席したりと忙しく感じました。

現在どのような研究を行われていますか?

組換えトマトを利用したミラクリン生産に関わる研究を行っています。

ミラクリンとは西アフリカで栽培されている「ミラクルフルーツ」の実から抽出されるタンパク質です。

「すっぱい」という感覚を「甘い」に変えることができるタンパク質になります。

 

例えば、ミラクルフルーツの実を口に含んで2~3分した後にプレーンのヨーグルトを食べると砂糖が入っていないのに、砂糖がはいっているように甘く感じて食べることができます。

これは、ミラクルフルーツに含まれるミラクリンが舌の味蕾にくっつき、酸の影響で構造が変化することで、甘味受容体を刺激して甘く感じるからです。

糖分の摂取を制限されている生活習慣病の方への精神的ストレスの緩和やダイエットによいのではないかということで注目されました。

 

しかし、ミラクルフルーツが日本での栽培が厳しく、また結実率(実のなる確率)が良くなかったことと、冷凍輸送しなくては効果が薄れてしまうということがあり、日本国内での安定的な栽培が困難でした。

そこで、トマトに遺伝子組換え技術を利用してミラクリンを効率よく生産させるための開発・研究をおこなっています。

 

なぜトマトを利用されたのでしょうか?

 

トマトはすでに日本では1年中栽培することができ、収穫量が多いからです。

トマトで取り組む前にはレタスやイチゴでも試みました。

レタスは世代を進めるとミラクリンを蓄積しなくなるということがわかり、イチゴはミラクリンの蓄積量が少ないという問題点がありました。

トマトでは世代を進めても蓄積し、蓄積量も多かったことからトマトで取り組むことになり、研究を続けています。


自分の好きな植物の研究に携わっている棚瀬さんとっても素敵でした。

ありがとうございました。

 

これから増えてくる新しい職種 科学の専門知識を持つからこそできる「リサーチアドミニストレータ(プログラムコーディネータ)」

筑波大学では「プログラムコーディネータ」として働かれている住吉さん。

博士号を取得して研究者以外の働き方を教えていただきました。

博士課程へと進学されたきっかけを教えてください。

まず大学院へ進学したのは4年で研究室に配属になった時に研究の続きをしたいと思い、院への進学を決めました。

博士課程へ進んだのは、自分が学んできたことを社会に還元させていきたいと考えたのと、もっと専門性を身につけたい気持ちがありました。また博士号を取得することで将来の選択肢が広がるのではないかと考えたからです。

 

“プログラムコーディネータ”という職業は具体的にどのようなことを行う仕事でしょうか?

一般的には「リサーチアドミニストレータ」という職業です。

アメリカなど外国ではよく知られている職業です。

 

仕事の内容としては、予算の配分やプロジェクトの運営、大学間や大学と企業・研究所間の情報交換などを行う取りまとめ役的な存在です。

この職業は少しずつですが日本でも増えてきています。

リサーチ・アドミニストレーター(URA)を育成・確保するシステムの整備

“我が国の大学等では、研究開発内容について一定の理解を有しつつ、研究資金の調達・管理、知財の管理・活用等をマネジメントする人材が十分ではないため、研究者に研究活動以外の業務で過度の負担が生じている状況にあります。このような状況を改善するため、文部科学省は、研究者の研究活動活性化のための環境整備及び大学等の研究開発マネジメント強化等に向け、大学等における研究マネジメント人材(リサーチ・アドミニストレーター:URA)の育成・定着に向けたシステム整備等を行っています。

(URA:University Research Administrator の略)

 

引用:文部科学省HP“

なぜ増えてきているのでしょうか。

今までは、博士課程をとった場合は、そのまま研究職につくことが多く、その道しかないと思われていました。

しかし、本当は研究職という道だけではなくて、知識を持っている人がもっと活躍できる場所があると思います。

例えば、知識を生かして、研究プロジェクトの管理をしたり、新聞記者になったり。

外国にはそのような場所がたくさんあります。研究現場の管理業務や弁理士、研究所の広報なども理系の方がなさっている場合も多いです。日本の大学も最近はそれに習おうという動きが見られます。

普通、経理は文系というイメージがありますが、研究という特殊な環境内では専門知識があるからこそスムーズに行うことができると思います。


博士をとると研究職という道しかないと個人的に思っていましたが、

いろいろな働き方があるのだととても勉強になりました。

ありがとうございました。

 

博士号を取ってからの女性の多様な働き方を知って、皆さんどのように感じましたか?

これをみて、博士を目指す女性、筑波大学に行きたいなと思ってくれる高校生の方が増えると嬉しいです☆

RIKEJO CAFE スタッフ

RIKEJO CAFE スタッフ

RIKEJO CAFE の理系女子スタッフ


関連記事

【研究室取材】北海道大学農学部園芸学研究室

2017-11-08 14:50

理系大学生による大学研究室取材シリーズ。 今回は北海道大学農学部園芸学研究室を訪問しました。 北海道といえば、大自然!農学部の私からみて、とてもうらやましいフィールドです。 ここでは一体どんな研究が行われているのか、みなさんに紹介したいと思います。

【研究室訪問】北海道大学 宇宙化学研究室

2017-07-20 11:19

理系学生による研究室訪問シリーズ。 今回は北海道大学宇宙化学研究室にお邪魔しました。

【筑波大学生物資源学類レポートNo5】女性研究者としての働き方 農林生物コース

2016-10-13 20:10

蔬菜・花卉学研究室に所属するお二人の理系女子先輩にお話しを伺いました。 博士号を取ってからの女性の働き方を紹介します。

【筑波大学生物資源学類レポートNo4】農林生物コース 蔬菜・花卉学研究室

2016-10-13 19:40

今回、研究室の訪問を行ったのは、筑波大学生命環境学群生物資源学類・農林生物コースの蔬菜・花卉学研究室です。 初めに有泉先生に研究室のお話しを伺いました。

【筑波大学生物資源学類レポートNo3】応用微生物学研究グループ 研究内容に迫る!

2016-09-26 18:00

今回、研究室の訪問を行ったのは、筑波大学生命環境学群生物資源学類応用生命化学コースの中村 顕先生の研究室です。中村先生の研究室では、二つの研究を主に行っています。 その研究の内容とは??

新着記事

おしゃべりイブニング‐深~い話をきいてみませんか? 第1回「脳の活性化でパフォーマンスを向上、RPAとハンドメイドクラフト」-ダッソー・システムズ-

2020-09-30 17:07

社員同士で仕事の話はするけれど、趣味やお互いのことを深く知る機会はなかなかない……。社内クラブ活動がその一翼を担っていたが、このコロナ禍では今年の開催は難しそう。 そこで、「おしゃべりイブニング」と称して、思いっきり仕事以外の話をしよう、というイベントを毎週行うことになりました。コロナ禍で、リアルなコミュニケーションが激減している中で、新たなコミュニケーションを我々自身が楽しみながら、変革をしていくという試みでもあります。

【参加者募集】理系女子学生限定オンライン英会話レッスン(無料)2020年10月1日(木)20:00-21:00

2020-09-30 14:30

理系女子未来創造プロジェクト(RIKEJO CAFE)主催オンライン英会話レッスンを開催いたします。 通常は学生スタッフ向けに無料で行っている英会話レッスンですが、今回空きがございますので、こちらでも参加者を募集いたします。 内容は最近のニュース(英語)を題材に英語でディスカッションを行います。オンラインの少人数です! ご応募お待ちいたしております。

【参加学生募集】エネルギー・インフラの新しい形「走行中ワイヤレス給電」の開発者インタビュー 2020年10月20日  14:00-15:30

2020-09-29 15:16

理系女子未来創造プロジェクト RIKEJO CAFE主催のオンライン企業取材。 今回は、「走行中ワイヤレス給電」の日本精工(株)の開発担当者にお話を伺います。 この取材にインタビュアー(質問者)としてご参加いただける理系女子学生を募集します。 EVに興味のある方、開発、エンジニア職に興味のある方、開発秘話やプロジェクトの目的などについて直接お話を聞くことができます。 皆様のお申し込みお待ちいたしております。

【参加学生募集】人に寄り添うロボットを実現するためにNSKが挑む「ダイレクトドライブ車輪ユニット」開発者インタビュー オンライン開催 2020年10月22日(木) 14:00-15:30

2020-09-29 13:42

理系女子未来創造プロジェクト RIKEJO CAFE主催のオンライン企業取材。 今回は日本精工(株)にて「ダイレクトドライブ車輪ユニット」を開発された開発者にお話を伺います。 この取材にインタビュアー(質問者)としてご参加いただける理系女子学生を募集します。 ロボティクス分野に興味のある方、エンジニアに興味のある方、新規プロジェクトの開発秘話について直接お話を聞くことができます。 皆様のお申し込みお待ちいたしております。

【参加学生募集】日本精工新入社員インタビュー  オンライン開催 2020年10月13日14:00-15:30

2020-09-29 11:36

理系女子未来創造プロジェクト RIKEJO CAFE主催のオンライン企業取材。 今回は日本精工(株)さんに今年入社された新入社員の方へインタビューを行います。 インタビュアー(質問者)としてご参加いただける理系女子学生を募集します。 入社してみて感じていること、就活のこと、リアルなお話を直に聞いてみませんか? お申し込みお待ちいたしております。

全347件中 1〜 5件を表示

RIKEJO CAFE会員募集

RIKEJO CAFEでは会員を募集しております。

【会員特典】

1) フリースペース RIKEJO CAFEのご利用
2) 理系女子にお得な情報を配信するメルマガ
3) 企業訪問や先輩インタビューへの参加
4) イベント、業界セミナー、スキルアップ講座への参加
5) 理系女子座談会への参加
6) 商品開発プロジェクトへの参加 など

 

人気記事ランキング

カテゴリー

記事検索

新着記事

Facebookページ

19卒2018卒2018卒採用情報20卒21 卒21卒MRNEWSNSKワーナーTEMONA株式会社おすすめアサヒグループイベントイベントレポートイリソ電子工業インターンシップエンジニアキャリアクラシエフーズグローバルウェーハズジャパンコラムコンチネンタルコンチネンタル・ジャパンコンチネンタル・ジャパンコンチネンタルシーメンスジヤトコ株式会社ジョンソン・エンド・ジョンソンタツミプランニングダッソーダッソー・システムズ株式会社デンソートビタテ!JAPANトビタテ!留学JAPAN 日本代表プログラムノケジョパソコンパナソニック株式会社マイクロン亀田製菓仕事研究企業取材企業記事企業訪問企業説明会会社訪問会社説明会先輩インタビュー募集中の募集中のイベント募集中のイベント募集中のインターンシップ募集中のベント化粧品業界北海道大学医療技術者半導体取材スタッフ募集取材参加者募集大学取材大学生活大成建設就活就活体験記工場見学工学系市光工業応用微生物学感謝祭日本TI日本テキサス・インスツルメンツ合同会社日本マイクロソフト株式会社日本ミシュランタイヤ日本科学未来館日本精工日本総合研究所日産自動車曙ブレーキ工業株式会社リコー毛用品業界活動レポート海外留学理系イベント理系サークル・学生団体理系女子理系女子おすすめスポット理系女子イベント理系学生理系学生団体理系留学生命資源学類留学研究室研究室取材研究留学研究開発職社員インタビュー筑波大学職種研究自動車部品メーカ英会話記事読売新聞東京本社農学部過去のイベント過去のインターンシップ過去の採用情報韓国旅行