Original

ロングセラー商品の秘訣“「カルピス」らしさ”を大切にした商品開発とは!?アサヒ飲料株式会社

理系学生による企業訪問・先輩インタビューシリーズ。

今回はアサヒ飲料株式会社で「カルピス」の商品開発を行っている開発者にお話を伺いました。

飲料業界について

飲料業界は、この10年で市場が10%くらい大きくなっており、年間での市場成長率は約1~2%です。

しかし、猛暑日が続く年はよく売れるなど、季候による売上変動が大きい業界です。

そんな業界の中で、アサヒ飲料の売上高は2002年では約1,800億円でしたが、2016年では4,766億円に成長しています。

現在、アサヒ飲料は業界シェア3位の位置にいます。

世の中の飲料商品は年間約1000アイテム、毎日2~3アイテム新製品が発売されています。

しかし、生き残ることができる商品は、年間多くて3つ、年によっては1つという世界だそうです。

 

アサヒ飲料の強み、ロングセラーブランドの多さ

そんな中、アサヒ飲料さんでは長年愛されているロングセラーブランドを多くもっています。

今回取材させていただく、「カルピス」も1919年(大正8年)に発売されました。

私たちのひいおじいちゃん、ひいおばあちゃんの世代から愛されている商品なのですね。

引用:アサヒ飲料HP ロングセラーブランド(http://www.asahiinryo.co.jp/company/recruit/about/now.html

 

その「カルピス」の商品開発を行う社員さんに早速インタビューさせていただきました。

登場人物

アサヒ飲料株式会社

根本さん、福田さん (研究開発本部 商品開発研究所 商品開発第三グループ )

理系大学生

穴見 (千葉大学 園芸学部 応用生命化学科 4年)
伊東 (筑波大学 生命環境学群 生物資源学類 3年)

 

商品開発の仕事とは

ーー 早速ですが、現在のお仕事内容についてお聞かせください。

私たちは、「研究開発本部 商品開発研究所 商品開発第三グループ」に所属しており、現在同じチームで働いています。

「カルピス」ブランドの中でも、「コンク」と呼ばれる昔ながらの、希釈して飲むタイプの「カルピス」を主に開発しています。

また、他にも、乳製品周りの開発や、ドリンクバーなどで使われる濃縮タイプの液も開発しているチームになります。

 

引用:アサヒ飲料HP (https://www.asahiinryo.co.jp/products/milkybeverage/calpis/)

ーー では、希釈しないストレートタイプの「カルピスウォーター」や「十六茶」などアサヒ飲料の他の製品は別チームが担当されているのでしょうか。

はい。アサヒ飲料では、水で希釈せずに、ペットボトルなどで直接飲むタイプの「カルピスウォーター」などのストレート乳性飲料は、別のチームが開発を担当しており、他にも炭酸、果汁、コーヒー、お茶、水などで開発チームが分かれています。

 

ーー では、商品開発では実際どのようなことを行うのでしょうか。

商品開発は研究所だけが行なっていると学生さんたちは思われがちですが、実は、マーケティグ部、生産部、調達部、品質保証部、研究所などがチームとなって、1つの商品を作り上げていきます。

これらの製品開発における様々な段階に、開発者も関わります。

例えば、アサヒ飲料では、ペットボトルなど、飲み物を入れている容器も自社で開発、製造を行なっています。

新しいボトルの開発は、専門のチームが開発を行なっているのですが、

新しいボトルに詰める中味品質については我々が評価しており、容器変更前後で液の保存性や安定性に影響がないか確認しています。

「カルピス」は「乳」が主要原材料なので、賞味期間である9ヶ月間、分離や沈殿をしないで美味しさを保持できるように設計しています。

また、実際に使用する原料の品質や安全性に問題がないかを確認するのも我々の仕事です。

そして、ラボ試作の段階のレシピをスケールアップしても問題がなく工場で生産できるように、工場とも連携を取っています。

そのため、開発の仕事は、毎日決まった仕事というのはなく、各ステップに応じて様々な検討を行っています。

時期によって異なりますが、だいたい一人、1〜3製品ずつを担当するので、「今日はこの製品の保存性を確認しよう」とか「そのあとにこの製品の試作をしてみよう」など自分で毎日スケジュールを立てています。

 

ー ー開発者は単に試作品の開発だけではなく製品が出来上がるすべての課程において、様々な部署と連携を取りながら、関わっていかれるのですね。

そうですね。

こちらの製品では工場とやりとりをしていて、別の製品では、マーケティング部とコンセプトや風味についてミーティングをして、といった感じですね。

 

ー ー味を作るための試作や改良というのは、どのように行うのでしょうか。

はじめに、マーケティング部の担当者から商品のコンセプトが降りてきます。

開発側はマーケティング部の話を聞いて、コンセプトを意識しながら、酸味や甘味のバランスを調整したり、果実に合わせた色や香りに仕上がるように何度も試作や試飲を繰り返して、理想の風味のものを作り上げていきます。

 

ーー 試作改良を進める中で開発者の方からマーケティング部に提案することはありますか。

もちろん、あります。

開発担当者一人の意見ですと、偏ってしまうため、研究所のチームメンバー全員が試飲し、意見をまとめます。

そして、マーケティング部の意見も聞いて摺り合わせ、「今度はこういう風に改良してみようかな」といった具合に改良を繰り返していきます。

また、

商品の開発はマーケティング部から企画が降りてくるだけではなく、開発者の方からマーケティング部へ提案することもあります。

そういったアイデア出しは年に数回実施されています。

その時に、自分が過去に食べてきたものや見てきたもの、海外に行った時の経験など、その土地の食べ物だったり、飲み物だったり、いろんな事から新しいヒントを得て提案につなげています。

ですので、学生の時から様々な味や形のものを見たり、食べたり、という経験は食品業界で働く時に、役に立つと思います。

 

ーー 印象に残っている商品はどんな商品でしょうか。

福田さん:

商品開発は一人で行うのではなく、様々な部署やチームメンバーと作り上げていくものですが、やはり担当製品は、“自分の製品”という意識が強く製品一つ一つに思い入れがあります。

特に入社当時、最初に担当した製品は、「カルピス」のいちご味だったのですが、初回生産の時に工場で立ち会いをし、実際にラインに製品が流れてくる姿をみると、「ようやく形になった」と、とても嬉しく、未だに覚えています。

 

ーー 逆に苦労された事はございますか。

根本さん:

ありますね。

以前、「守る働く乳酸菌」の立ち上げ時の開発と、既存の定番製品である「ほっとレモン」の改訂という、比較的大型の開発案件を2件同時に担当した時は大変でした。

内容的には求められている課題が多くとてもハードで苦労しました。

また、スケジュールが同じだったので、乳性と果汁で頭が混乱したのですが、最終的にはどちらの商品も、無事に開発することができました。

 

「カルピス」らしさへのこだわり

ーー 「カルピス」製品の開発で大切にされていること、歴史のある商品ですが、変わらないところはどんなところでしょうか。

「カルピス」は乳酸菌だけではなく、酵母も入っており、二段階発酵をしているところが特徴です。

乳酸菌でまず発酵させ、酸っぱくして、そこからさらに酵母の発酵をかけます。

そうすることで、独特の香りが生まれ、その香り自体にリラックス効果があると言われています。

「カルピス」は100年近くこの二段階発酵を続けており、乳酸菌だけではなく酵母の発酵の効果についても基礎研究を行っています。

また、他社メーカーさんとのコラボレーション商品においても「『カルピス』らしさ」を大切にしています。

 

ーー コラボレーション商品の開発もこの研究所が行っているのでしょうか。

他社さんとのコラボレーション商品(飴やデザート、パンなど)は、実際の商品開発はそのメーカーが行いますが、そこで使う製菓向けの「カルピス」の原料開発は、私たちのチームが行っています。

また、他社メーカーさんが作り完成した製品であっても、販売前に私たちのチームが風味評価を行っています。

なぜかというと、私たちは、「カルピス」というブランドをとても大切にしているので「カルピス」という名前をつけるからには、「カルピス」らしい風味がきちんと出ていないと商品として世の中に出すことができないからです。

このことは、他社製品のみならず自社製品の開発にも、もちろん当てはまります。

 

ーーでは、その「『カルピス』らしさ」はどのように評価されているのでしょうか。

「官能評価」を行います。

この「官能評価」はとても難しく、「パネル」と呼ばれるしっかり訓練された評価者が行います。

「パネル」は、おいしさなど、嗜好性だけではなく、甘味、塩味、酸味、にがみ、うまみの五味を識別でき、かつ濃度差も識別できるテストに合格しなくてはいけません。

この試験は毎年あり、落ちてしまうとパネルになれません。みんな合格できるように普段から五味を意識して訓練を行っています。

このような試験を経たパネルによる「官能評価」は厳しく、先日、「カルピス」を牛乳で割る商品「牛乳と楽しむ『カルピス』」を開発していた時には、牛乳の風味が強すぎて「『カルピス』らしさ」が全く出てこなくて、何度もこの試験に落ちてしまい、改良に改良を重ねました。

この「『カルピス』らしさ」をきちんと出すというところが、開発の中でとても苦労しているところです。

 

ー ー基礎研究で発見された効能を実際に商品化した製品ではどのようなものがありますか。

例えば、最近発売された商品ですと、乳酸菌で体脂肪を減らす「カラダCALPIS」がそうですね。

出典:カラダCALPIS HP(https://www.asahiinryo.co.jp/karada-calpis/)

この商品に入っている「乳酸菌 CP1563株」は8年前に私が入社したころは、発見はされていましたが、まだ製品化までの開発は進んでいませんでした。

その後、レシピの開発、機能性表示食品に申請するなどの方向性、論文を出すタイミングなど、いろいろ検討をすすめて、現在の商品化に至りました。

私たちは、商品開発を担当しておりますが、基礎研究では、発酵や乳酸菌の効果効能などの研究をしています。

長年の研究により、膨大な微生物のライブラリーやデータベースを持っているので、そこから新しい効能などが発見されると、マーケティン部が商品のコンセプトを検討し、私たちの商品開発チームが開発を進めています。

 

 

世代を超えて愛される商品に携われる幸せと誇り

 

 ー ー入社されたきっかけを教えてください。

根本さん:

私は食品業界をいろいろ見ていました。選考が進むにつれ、人事の方や先輩社員の方の雰囲気がとても良かったので、入社を決めました。

福田さん:

私は業界問わず、片っ端から受けてたタイプですね。

製薬、化粧品、食品などの会社を受けている中で、志望動機を一番スラスラと自分が納得して書くことが出来たのが、食品業界だと途中で気づきました。

そこから食品企業に絞って就職活動を行いました。

また、やはり「カルピス」自体が好きだったことと、子供から、私の祖母の年代まで、世代を問わずに広く知られている飲料って他にあんまりないですよね。

 そういう製品を自分でも作ってみたいと思い、この会社に入りたいと考えました。

 

ー ー入社してみていかがですか?

根本さん:

人がよくて、コミュニケーションが取りやすい環境ですね。

福田さん:

学生のみなさんも、「カルピス」が試飲販売している姿を街中で、みかけるかもしれませんが、7月7日の「カルピス」の誕生日に合わせて行う試飲会は部署問わず実は社員が行っています。

この試飲会はお客様と直接お話が出来る時別な時間です。

その時に、子供からお年寄りまで、様々な「カルピス」の思い出話を聞くと、とても嬉しくなり、誇りに思いますね。

 

ーー 職場の雰囲気はいかがでしょうか

福田さん:

雰囲気はとてもなごやかで、何でも話し合うことができる環境です。

私は子供が2人いて、2回育児休暇を取りました。

職場でも子育ての悩みなども普通に言えるような環境ですし、子供が体調を崩した時にもフォローしてくれる環境にはあるので、すごく働き易いですね。

特にこの相模原の研究所は、子育て世代の社員が多いということもあり、今年育休から復帰したメンバーも何人かいます。

そういったメンバーでよく情報交換をしています。

また、ママさんだけでなく「今日はお迎えがあるので早めにかえります」という上司やパパさん社員も多くいます。

お互いがお互いをフォローし合える、そんな環境ですね。

 

ー ー今後の夢や目標をお聞かせください。

福田さん:

自分の子供たちにも自信をもって飲ませることができるような安心・安全で、心と体の健康でよい製品を作り続けたいなと思います。

根本さん:

私自身、開発はとてもやりがいがあって楽しいのですが、今後、他の部署なども経験できたらいいかなと思っています。

開発をやってからこそわかってきた自分なりの視点を活かして活躍したいと考えています。

 

 根本さん、福田さんありがとうございました。

 

取材を通して私たちが感じ、学んだこと

今回、私たちが大好きな「カルピス」の商品開発について詳しくお聞きすることができました。

長年の研究や、「『カルピス』らしさ」を大切にした商品開発、そして、そのことに誇りを持った社員、すべてが長年愛されている商品を持ち続ける秘訣なのだと感じました。

また、技術職では、研究職、開発職、生産部 調達部、品質保証部など様々な分野で理系活躍できるフィールドがあるということ。

ブランドや職種を限定しないで、キャリアを積むことが出来ることも魅力でした。

商品開発の分野では化学の知識を使うことが多いとのことなので、勉強も続けて頑張っていきたいです。

とても貴重なお時間をいただき、アサヒ飲料株式会社様、誠にありがとうございました。

会社概要

社名 アサヒ飲料株式会社
住所 〒130-8602 東京都墨田区吾妻橋一丁目23番1号
設立 1982(昭和57)年3月30日
従業員数 約3,300名
資本金 11,081,688,000円
事業内容 各種飲料水の製造、販売、自動販売機のオペレート、その他関連業務
企業HP http://www.asahiinryo.co.jp/

 


企業訪問記事

海外での都市開発の仕事には常に新しい発見がある 大成建設(都市開発)

2017-07-21 14:00

理系学生が取材する企業訪問・先輩インタビューシリーズ。 今回は大成建設の都市開発本部で働く先輩を取材しました。 ゼネコンでの都市開発の魅力についてお話をお聞きしました。

設計した建物はまるで自分の子供のよう  大成建設(建築設計)

2017-07-21 14:00

理系学生が企業訪問&先輩インタビューを行う取材シリーズ。 今回は大成建設の設計本部で活躍されている野口さんにお話を伺いました。

ロングセラー商品の秘訣“「カルピス」らしさ”を大切にした商品開発とは!?アサヒ飲料株式会社

2017-07-05 11:14

アサヒ飲料さんでは長年愛されるロングセラーブランドを多く持っています。 今回、私たちも大好きな「カルピス」の開発を担当されている社員さんにお話を伺いました。

株式会社アイ・エム・ジェイ デジタルマーケティングのスペシャリスト集団

2017-07-03 12:00

理系女子学生が取材する「企業訪問・先輩インタビュー」シリーズ 今回は デジタルマーケティング事業を展開する株式会社アイ・エム・ジェイさんを訪問しました。 どんなお仕事をされているのか、エンジニアの方にお話を伺いました。

カルビーで働く女性エンジニアとポテトチップスの開発者に学生がインタビューしました!

2017-06-26 15:17

今回は、カルビーさんを訪問し、私たちが大好きなポテトチップスを開発している岩田さんと、開発後の量産を担当している開発支援課の佐藤さんにお話を伺いました!

株式会社パソナテックが作り出すIT・ものづくりと人をかけあわせたエンジニアの未来の働き方とは!?

2017-05-26 19:21

理系学生による企業取材シリーズ。 今回、私たちが取材させていただいたのは、西新宿のアイランドタワーに本社をおく、株式会社パソナテックさんです! その様子をレポートします。

株式会社リコー モノづくりの枠を超え、新しい価値を生み出す

2017-05-02 16:30

MFP(MultiFunction Printer=デジタル複合機)で世界トップクラスのシェアを誇るリコーさんを訪問し取材しました。

発明・技術を財産に!知的財産管理の仕事について グローバルウェーハズ・ジャパンの技術部・基盤技術グループ・知財チーム(東京駐在)にお話を伺いました

2017-04-06 10:00

“知財”って何だろう? どんな仕事をしているのだろう? 聞きなれないため、あまり想像ができない知財の世界。 今回は、技術職から知財の世界に飛び込まれた理系女子先輩にお仕事内容について詳しく教えていただきました!

デンソーの基礎研究所で働く 女性研究者にインタビュー

2017-03-24 17:30

デンソーさんの基礎研究所は愛知県日進市の愛知池という池のほとりに位置しています。 実際に基礎研究所での研究の様子や研究所で働く先輩理系女子社員のお二人を取材しました。

デンソーのダントツ工場推進部 女性技術者にインタビュー

2017-03-24 17:00

ダントツ工場推進部って何をしているの? 自動車部品メーカーって、男性が多そうだけど実際どうなの? デンソーの女性技術者にイタビューしました。

理系女子の先輩に聞いた!カメジョのリアル!!女性で働くということとは?

2017-03-03 16:00

亀田の柿の種、ハッピーターンなどでおなじみの亀田製菓株式会社様の理系女子先輩にお話しを伺ってきました。 大学ではどのような研究をされていたか、就職活動のこと、亀田製菓様に入社した理由などをインタビューしました。

亀田製菓様のお米を中心に研究開発しているお米研究所とは?

2017-03-03 14:30

「亀田の柿の種」、「ハッピーターン」でおなじみの亀田製菓様にはお米を中心として研究開発をしているお米研究所があります。 今回、お米研究所の所長丸山様に、研究所や研究内容についてお話しを伺いました。

「亀田の柿の種」「ハッピーターン」でおなじみの亀田製菓様に企業訪問&工場見学に行ってきました!

2017-03-02 15:00

理系女子が行く企業訪問シリーズ 誰もが知っている食品メーカである亀田製菓様に企業訪問しました。 亀田製菓様のこと、柿の種工場見学や、お米研究所、理系女子の先輩インタビューなど盛りだくさんの内容です!

日産自動車で働く魅力はこれだ! ー女性技術者にお話を伺いましたー

2017-03-02 14:00

自動車メーカーの理系の仕事と聞くとどのような仕事を皆さんイメージされますか? 今回、日産自動車株式会社のプラットフォーム・車両要素技術開発本部 内外技術開発部 空調・冷却システム開発グループの鈴木さんと 以前実験部に所属し、現在はアライアンスR&D人事部の天本さんに技術職の仕事内容や仕事をする上で活かせる女性としての強みについてお話を伺ってきました。

ダイバーシティ推進ってどんなことをするの? 日産自動車(株)さんに聞いてみました 

2017-03-02 12:00

ダイバーシティとは「多様性」と翻訳されることが多いですが、国籍や文化、性別、年齢などにとらわれず、人財を活用することで、「様々な視点や考え方」を取り入れ強い組織を作ることです。 今回は、日産自動車(株)のタイバーシティ推進部の室長である小林様に日産自動車での取り組みについてお話しを伺いました。

私たちの生活にはなくてはならないシリコンウェーハとは? グローバルウェーハズ・ジャパン(株)さんを訪問しました@新潟

2017-02-27 10:00

みなさん、シリコンウェーハとは何なのか、何に使われているのか知っていますか? 普段、私たちの生活の中ではあまり耳にしないシリコンウェーハですが、じつは私たちの生活を豊かにしてくれている偉大な存在なのです!! その素晴らしさを、会社の様子やそこで働く先輩女子技術者の先輩インタビューも含めてレポートします。

新聞社は文系職だけではない。理系が活躍する読売新聞東京本社さんに行ってきました!

2017-01-29 18:00

新聞の発行部数が世界一である読売新聞東京本社さんを取材しました。 新聞社というと、記者などのイメージが強く、文系職種だと思いますよね。 実は、理系職種もあり、多くの理系出身の先輩が活躍されています。 今回、新聞が出来上がるまでの工程から理系のお仕事、女性の働き方まで、理系女子が気になるお話を聞いてきました!

クラシエフーズ(株)『ねるねるねるね』長年愛される秘訣を大解剖!

2017-01-17 14:00

「ねるねるねるね」 きっと子供の時に1度は食べたことがあるのではないでしょうか? 長年愛されるクラシエフーズさんの商品「ねるねるねるね」の秘密に迫ります。

【企業訪問レポート】曙ブレーキ工業株式会社さんへ企業訪問に行ってきました!

2017-01-12 14:30

皆さんが普段利用している車や電車に必ずついているブレーキ!私たちの命を守ってくれていると言っても過言ではないとても大事な部品ですがどのような仕組みで働き、どのように作られているか知っていますか? そのブレーキを作っている曙ブレーキ工業株式会社さんへの企業訪問しお話を伺ってきました。

技術の秘密基地 ジヤトコ株式会社さんの未来技術センターとは!?

2016-11-21 10:00

CMでよく耳にするようになった自動運転など、近年、ますますハイテクな自動車が登場してきました。 車の性能向上には、それを構成する一つ一つの部品が要です。トランスミッションも勿論そうです。 ジヤトコ株式会社さんでも、乗りやすく、さらに高性能の自動車・トランスミッションを追求するため、研究開発に力を注いでいます。その中心になるのが“未来技術センター”。 最先端テクノロジー開発のため、普段は立ち入ることができない施設を、今回特別に見学させていただきました!

クルマの「見えない主役」トランスミッションをつくるジヤトコ株式会社さんの魅力に迫ります!

2016-11-21 10:00

ジヤトコ株式会社さんは、世界有数のオートマチックトランスミッション(自動変速機: AT/CVT)の専門メーカーで、皆さんにも馴染みある日産、三菱、スズキなどの国内自動車メーカーをはじめ、ルノー、GMなど世界の自動車メーカーにトランスミッションを供給しています。 そんなジヤトコ株式会社さんの魅力に迫ります!!

最新技術を用いて様々なスポーツコンテンツビジネスを展開するデータスタジアム株式会社にお話しを伺いました

2016-11-17 10:00

テレビやネットでスポーツを観戦すると様々なデータを目にすることが多くなったと感じませんか? 例えばサッカーではハーフタイム中に選手の動きやボールの支配率などのデータが紹介されたり、野球ではネットで一球速報を見れたりするとができますよね。 この配信されているデータや仕組みを支えているのがデータスタジアム株式会社様です。 今回、データスタジアム様を訪問し、システム開発を担当されている社員さんにお話しを伺いました。

CVT世界トップシェア ジヤトコ(株)様への企業訪問・工場見学・女性先輩対談参加者募集!

2016-09-08 18:48

理系女子大学生(大学院生)限定 CVTって何?自動車について詳しくないんだけど・・・。そんな方でも大丈夫! 私たちリケジョカフェ学生スタッフと一緒に取材に参加しませんか?

【企業訪問レポートNo3】ECサービスで日本一を目指すテモナ株式会社様

2016-04-01 11:50

新卒採用が85%ECサービスで日本一を目指すテモナ株式会社を取材レポート

【企業訪問レポートvol.2】自動運転に向けた、コミュニケーションツールを開発する市光工業様を訪問しました

2016-03-19 21:26

トヨタ自動車を始め国内外の自動車のヘッドランプ、リアランプ、 ドアミラー等を供給している自動車部品メーカー市光工業様。 自動運転に向けた開発もランプがコミュニケーンツールに?お話しを伺ってきました。

【企業訪問】 曙ブレーキ工業様

2015-12-04 14:44

理系女子×自動車部品業界キャリアイベントへご参加頂きました曙ブレーキ工業様へご訪問させて頂きました。

イベント

【女子中高生対象】未来をつくるRIKEJOフェスタ inかがわ 2017年8月21日開催!

理系にするか、文系にするかを迷っている女子中高生のみなさん。 この夏、将来のことを考えてみませんか? 公立はこだて未来大学教授、美馬のゆり先生の講演会、香川で活躍する女性研究者・技術者と直接気軽にお話することができるサイエンスカフェを香川県が主催し、開催します。 理系に進むとどんな未来が待っているのか、どんな可能性があるのか、一緒に考えてみましょう。

求む!未来の理工系女子 夏のリコチャレ2017

文系?or理系?進路どうしよう?理工系に進むと、どんな仕事があるの? ・・そんな迷えるアナタのために理工系の職場見学・仕事体験イベントを開催します。 普段は見られないものづくりや建設の現場を見たり、理工系女性社員の話を聞いたりできる貴重な機会です! さあ、この夏、素敵な理系の未来を探しにいきませんか?

今年の夏も開催決定!大学生・高校生による体験型科学イベント 2017年8月26日27日 @日本科学未来館

普段各地で科学イベントを実施している大学生・高校生の団体が大集結! それぞれ得意な方法で、皆さんにカガクの面白さを伝えます。

サマーワークショップ「Picture Happiness on Earth 2016-17」の参加者を募集

日本科学未来館より女子中高生のみなさまへ 世界の10代の「幸せ」をジオ・コスモスに描こう! この夏、若手クリエーターと演出・デザイン・プログラミングに挑戦する女子中高生を募集します

【会員募集!】理系女子未来創造プロジェクト学生会員

理系女子学生のキャリアを支援します

学生会員募集

一般社団法人理系女子未来創造プロジェクトでは会員を募集しております。

理系学生であれば男女関係なく登録できます。

 

【会員特典】

1)理系学生向けインターンシップ、就活情報、イベント情報がメールで届く

2) 企業訪問や先輩インタビューへの参加

3) イベント、業界セミナー、スキルアップ講座への参加

4) 企業様とのコラボイベントの企画参画

 

カテゴリー

記事検索

新着記事

全168ページ中 1〜 5ページを表示

Twitter

Facebookページ

月間人気記事ランキング

この内容で送信します。よろしいですか?