Original

理系で留学は可能か?「トビタテ!留学JAPAN 日本代表プログラム」 の制度を使って留学したトビタテ生との座談会で留学への決意を新たに!

「理系で留学はどのタイミングでするのが良いの?」

「大学院で留学は可能?」

「研究で留学するにはどれぐらいの英語力が必要?」

「トビタテ!留学JAPANの制度を詳しく知りたい!」

いろんな疑問や不安を持った留学したい理系学生がRIKEJO CAFEに集まりました。

「トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム」の制度を使って留学した先輩「トビタテ生」の体験談や交流会を通して、不安を解消し交流の輪が広がり、なんと22時まで話がつきませんでした。

そのイベントの様子をレポートします。

「トビタテ!留学JAPAN」とは?

現在、高等教育機関に留学する日本人(社会人含む)の数はピークの2004年から約30%減少しており、

 

政府は2020年までに日本人留学生を倍増させるために、官民が協力して取り組むことを閣議決定しました。

そこで、日本の若者の留学促進キャンペーン「トビタテ!留学JAPAN」をスタート。

中でもフラッグシップとなるのが、2014年からスタートした官民協働海外留学支援制度「トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム」です。

このプログラムでは、支援企業・団体の寄附により、返済不要の留学奨学金を提供しています。

 

また、奨学金等の支給だけでなく、企業等も参画する選考や事前・事後研修、派遣留学生ネットワークの構築を図り、社会に求められるグローバル人材を輩出する枠組みを創出することを目的としています。

 

ですので、トビタテ生には大きく3つの重要な役割があります。

・Global Leader

  留学を通じて最大限に成長し、将来の「グローバルリーダー」を目指す

・Ambassador

  留学期間中は、「日本のアンバサダー(大使)」として日本の良さを発信する

・Evangelist

  留学生増加のため「留学のエヴァンジェリスト(伝道師)」として活動する

しかし、留学というとどうしても語学留学→「文系」というイメージですよね。

ではなぜ、「理系」が留学する必要があるのでしょうか。

理系で留学することは必要?

日本は超高齢化社会に直面しています。そのため国際競争力の維持向上や経済の発展のため、最先端研究開発やグローバルな視点を持った開発者が必要になってきます。

「トビタテ!留学JAPAN 日本代表プログラム」は年2回それぞれ500名ずつの募集の中で「理系・複合・融合系人材コース」の募集は220名と一番多く、

寄附をいただいている企業さんの業界を見てわかるように、「理系学生にもっと留学へのチャンスをつかみ取ってほしい」と期待されています。

具体的に理系でどんな留学をされたのか、トビタテ生に体験談をお話いただきました。

 

大学院でスウェーデンへ交換留学
海外留学を得て視野が広がり、この経験を日本で活かしていきたいと強く思った
田中さんの体験談

 

 

留学について

田中さんは東京工業大学大学院1年〜2年の間(2014年8月~2015年6月)11ヶ月間スウェーデンへ「トビタテ!留学JAPAN 日本代表プログラム」の制度を利用して交換留学しました。

留学先はスウェーデン王立工科大学

この大学を留学先に選んだ理由は、建築&都市計画分野で有名であり、多国籍の理系留学生が在籍しており英語での授業履修が可能であること、高福祉国で有名な北欧の暮らしを体験してみたいことからでした。

 

大学院で留学を決めた理由

・学部時代は専門知識と英語能力をしっかり身につけたい。(英語能力向上のために短期留学を経験)

・大学院では交換留学が充実しており、英語での授業履修が可能。

・留学を充実したものにするために、学部時代に情報収集を行いたい。

このような理由から大学院で留学することを決意しました。 

留学で学んだこと

留学で得られたものは、更に知識を深め海外の学生と共有することを通じ、自分の経験を活かしつつ、より広い世界を知り視野を広げられたこと。そして、なにより、海外での経験をより日本で活かしたいと強く思うようになったことです。

また、「トビタテ!留学JAPAN 日本代表プログラム」では「日本のアンバサダー」として日本の良さを世界に発信するという役割があります。

寮や大学の友人たちに料理を作って日本の文化を伝えました。

 

 

カナダへ研究留学
いくつもの試練を乗り越え生き抜く力など人間的に大きく成長できた
二牟禮さんの体験談

 

 

留学について

 

現在、東京農工大学 大学院 機械システム工学専攻 Venture Gentiane 研究室で人体運動学を研究しています。

 University of Waterloo, Canadaへ6ヶ月間、「トビタテ!留学JAPAN 日本代表プログラム」の制度を利用して研究留学しました。

 

私が留学に挑戦した理由

理系の友達の中には「理系なのになぜ留学するの」「プレゼンに自信がない」「研究は日本でもできる」「研究に対する指摘が怖い」といった声をよく耳にしていました。

しかし私は、「研究は世界中で行われている」「海外の学生と共に勉強してみたい」と考えていたので、「トビタテ!留学JAPAN 日本代表プログラム」の制度を利用して留学することに決めました。

 

実際の留学生活は・・・

やる気満々で出国したのですが、ホームステイ先の家族と馴染めない。。食生活が馴染めない。。研究以外で遊ぶ友達がいない。。など多くの苦悩があり、ブルーになった時期もありました。

しかし自分で打開するしかないと思い様々なことに挑戦しました。

 ・授業中に1回は発言する ・・・海外の授業は先生が講義していても平気で割り込み議論が始まったりします。最初は発言することができず戸惑いました。

 ・教授とほぼ毎日ミーテイング・・・海外の研究室ではわからないことをウヤムヤにせず、その日のうちに解決して次に進むというスピードがあります。そのため、わからないことにつては教授に毎日聞いていました。

 ・研究室の学生とプレゼン練習・・・他の研究室の学生にも声をかけることで、研究後に一緒に勉強する友達ができました。

 ・サークルに入り運営メンバーになる・・・所属した研究室にはドクターのみだったため、全員研究に没頭していました。そのため、研究以外に遊ぶ友達がいなかったため、大学の学部生に声をかけ、サークルに入ることに。そのおかげで学部生の友達がたくさんできました!

 ・日本料理パーティーを企画・・・日本の良さを広めるため、日本料理を振る舞いました。

 

理系も留学するべき!

 

私が留学で得たものは

 ・生きる力

 ・自分のキャリアプラン

 ・自分の意見を持つ大切さ

 ・なんでも相談できる友達

です。特に「生きる力」は留学中には様々な困難に直面しましたが、それを自分で何とかして乗り越えたことでとても身についたと思っています。

留学は文系だけのものではないですし、学生であるうちに見ておくべきもの、経験しておくべきものは必ずあります。

理系は研究やレポートなどでとても忙しいですが、やればできるので、一歩踏み込む勇気を持ってぜひ留学にチャレンジしてもらいたいです。

また、留学すると単位が取れないのではないか、就活に出遅れるのではいか、という不安があると思います。

大学や、企業がもっと理系が留学しやすいような事業や採用スケジュールを立てていただけると良いとなと思っています。

 

トビタテ生との交流会で色々な繋がりが生まれました!

最後にトビタテ生との交流会が開催されました。

様々な質問や悩みを相談しました。

研究分野が似ている学生や具体的なビザ発行の手続き方法

留学中に就活はできるのかなど、個別相談にトビタテ生が親身になって答えてくれました。

何かと不安な留学ですが、「トビタテ!留学JAPAN 日本代表プログラム」では事前研修や、留学同士の交流や先輩との地域別、大学別のコミュニティなど盛んに活動が行われているそうです。

何か困ったことがあると、助けてくれる仲間がいるというのはとても心強いですね。

イベント参加者の声

院で留学に行くイメージは全く持っていなかったが、院で留学されている先輩方のお話を聞いて、専門性を高めてからその分野で留学に行く事の具体的なイメージが湧き、大変参考になった。

先輩方と直接お話ができ、就活に遅れるのではないか等の留学に関する不安や疑問を解決することができた。

是非、トビタテを利用して留学に挑戦したいと思った。

トビタテの理系・複合・融合系人材コースが必ずしも大学に通わなくてもよいということで、研究所でも可能だとわかったので、もっと研究留学の幅が広がった。

参加したことで、トビタテに参加した先輩方の学校生活、普段の生活、失敗談など内容が盛りだくさんで、長期留学への具体的なイメージをつかめるようになりました。

理系が留学することをポジティブに考えられるようになりました。



いかがでしたでしょうか。

このイベントをきっかけに理系学生の多くが留学にチャレンジしていただけたら嬉しいです。

今回のイベントにご協力いただきました、「トビタテ!留学JAPAN」事務局の皆さま

トビタテ生の田中さん二牟禮さん 本当にありがとうございました。

 

「トビタテ!留学JAPAN 日本代表プログラム」では現在第7期生を募集中です。 

応募は各大学を通してになりますので、締め切り日は在籍大学にお問い合わせください。

詳しい情報はコチラ↓↓

http://www.tobitate.mext.go.jp/

 

 


募集中のイベント

【座談会参加者募集】電子部品の一つである「コネクタ」のものづくりの流れを学ぶ! 2018年2月21日(水曜)13:00-16:00  イリソ電子工業株式会社

みなさん、メーカーのものづくりの流れについて具体的に知っていますか? 開発、設計、製造、販売にはどんな仕事があり、各部署がどのように連携しているのでしょうか。 コネクタメーカであるイリソ電子工業(株)さんは、電子部品の一つである「コネクタ」の「開発設計・製造・販売」を一貫して行っており、機械系、電気・電子系、化学・物質工学系の理系出身の技術者が多く活躍しています。 今回、このイリソ電子工業(株)の各部門で働く社員さんと座談会をしながら、ものづくりの流れを学ぶことができるイベントを開催いたします。

【イベント参加者募集】最先端技術開発体験会 ジヤトコ株式会社 2018年2月13日、20日

理系女子学生全学年対象の最先端技術開発体験会を各日程限定10名様だけに開催いたします。 ご参加お待ちしております。

【参加者募集】就職活動生限定・モニター調査(約120分、交通費支給&謝金5000円)1/31(水)10:00-12:00

モニター募集のお知らせです。 ある企業様のイメージ調査、広告開発等にご協力いただける学生さんを募集します。 気軽なカフェ形式での座談会になります。 参加いただける理系女子学生の方は、募集要項をご確認いただき、下記フォームにてご応募ください。 よろしくお願いいたします。

【取材者募集】イリソ電子工業株式会社女性エンジニアインタビュー 2018/1/22(月)

イリソ電子工業株式会社は東証一部上場のコネクタメーカーです。 電子部品の一つである「コネクタ」の「開発設計・製造・販売」を一貫して行っており、機械系、電気・電子系、化学・物質工学系の理系出身の技術者が多く活躍しています。 イリソ電子工業の製品は車載分野において高い評価を得ており、電気自動車やハイブリッド車の普及によりますます需要の拡大が見込まれています。 また、IoTに対応した産業機械向けのコネクタ開発にも着手しています。 そんなイリソ電子工業で働く女性エンジニアに直接仕事内容や就活のことを聞いてみませんか? 参加希望者は下記募集要項をご確認いただき、申し込みフォームよりご応募ください。 ご参加お待ちしております。

その他のイベントレポート

【イベントレポート】日本精工(株)技術開発センター見学会 2017年12月26日開催

2018-01-19 16:10

日本精工株式会社様と理系女子未来創造プロジェクトのコラボイベント「日本精工(株)技術開発センター見学会」が2017年12月26日(火)に開催されました。 そのイベントレポートをお届けします。

【イベントレポート】理系学生から見た、アサヒグループホールディングス(株)の基礎研究の魅力とは!?

2018-01-16 17:22

2017年9月29日、アサヒグループホールディングス(株)コアテクノロジー研究所に理系大学院生が訪問し、そこで働く研究者と「基礎研究の大切さ、やりがい」について意見交換会を行いました。 そのイベントの様子と私達が感じたアサヒグループホールディングス(株)で行われている基礎研究の魅力についてレポートします。

女子中高生がJohnson & Johnson Institute(東京サイエンスセンター)に集合! 「女子中高生サイエンスツアー2017」が開催されました。

2017-09-27 18:59

2017年8月24日、ジョンソン・エンド・ジョンソンと東京大学薬学部との共同イベント「女子中高生サイエンスツアー2017」が開催され、ライフサイエンス分野に関心のある女子中高生計80名と保護者が参加しました。 このイベントに参加した女子中高生は、午前中に、東京大学薬学部 本郷キャンパスで薬学部総合研究棟の見学などを行い、 午後は、Johnson & Johnson Institute(東京サイエンスセンター)に移動し、本格的な手術の模擬研修を受講しました。

理系女子の先輩、ジョンソン・エンド・ジョンソン(株) ビジョンケア カンパニー代表取締役プレジデント 海老原育子さんにインタビュー

2017-09-27 18:58

ジョンソン・エンド・ジョンソン(株) ビジョンケア カンパニー 代表取締役プレジデントの海老原さんに特別にインタビューさせていたくことになりました。 海老原さんに、学生時代のこと、技術職で活躍されていたこと、理系女子の先輩としてのアドバイスを頂きました。

「未来をつくるリケジョフェスタinかがわ」 香川県で初の女子中高生向け理系イベントが開催されました!

2017-09-13 20:42

2017年8月21日、香川県で「未来をつくるリケジョフェスタinかがわ」が開催されました。 このイベントには県内から約200名の女子中高生や保護者等が参加し、理系進学や就職について考えました。 当日のイベントの様子をお伝えします!

月間人気記事ランキング

1

「亀田の柿の種」「ハッピーターン」でおなじみの亀田製菓様に企業訪問&工場見学に行ってきました!

理系女子が行く企業訪問シリーズ 誰もが知っている食品メーカである亀田製菓様に企業訪問しました。 亀田製菓様のこと、柿の種工場見学や、お米研究所、理系女子の先輩インタビューなど盛りだくさんの内容です!

2017-03-02 15:00

2

【イベントレポート】理系学生から見た、アサヒグループホールディングス(株)の基礎研究の魅力とは!?

2017年9月29日、アサヒグループホールディングス(株)コアテクノロジー研究所に理系大学院生が訪問し、そこで働く研究者と「基礎研究の大切さ、やりがい」について意見交換会を行いました。 そのイベントの様子と私達が感じたアサヒグループホールディングス(株)で行われている基礎研究の魅力についてレポートします。

2018-01-16 17:22

3
4

デンソーのダントツ工場推進部 女性技術者にインタビュー

ダントツ工場推進部って何をしているの? 自動車部品メーカーって、男性が多そうだけど実際どうなの? デンソーの女性技術者にイタビューしました。

2017-03-24 17:00

5

日本精工(NSK)で子育てをしながら軸受の設計を担当する女性エンジニアにインタビュー

理系学生による企業取材シリーズ、日本精工(NSK)で軸受の設計を担当する女性エンジニアさんにお話を伺いました。 学生目線でみた日本精工(NSK)の魅力をご紹介します!

2017-12-21 12:18

RIKEJO CAFE会員募集

RIKEJO CAFEでは会員を募集しております。

【会員特典】

1) フリースペース RIKEJO CAFEのご利用
2) 理系女子にお得な情報を配信するメルマガ
3) 企業訪問や先輩インタビューへの参加
4) イベント、業界セミナー、スキルアップ講座への参加
5) 理系女子座談会への参加
6) 商品開発プロジェクトへの参加 など

 

カテゴリー

記事検索

新着記事

全214件中 1〜 5件を表示

Facebookページ

Twitter

この内容で送信します。よろしいですか?