日本テキサス・インスツルメンツ合同会社

TIについて :

TI(テキサス・インスツルメンツ) は、アナログ・チップと組込みプロセッシング・チップの設計、製造、テスト、販売に従事しているグローバル半導体企業です。約 100,000 社のお客様は、TI の約 80,000 種類の製品を活用し、電力の効率的な管理、高精度のセンス、データの送信を実施して、開発する各種設計の重要な制御または処理を実現したうえで、産業用、車載、パーソナル・エレクトロニクス、通信機器、エンタープライズ・システムなどの市場に投入することができます。

TI Japanについて:

日本TIは、日本市場に参入以来50年以上にわたって優れた日本のエレクトロ二クスメーカーとともに、日本のエレクトロニクス産業の歴史を塗り替えてきました。日本発の様々なエレクトロニクス製品の中で、TIはその革新的な半導体製品と技術で実現を支えてきたのです。そして、今も皆さんの身の回りにある沢山のエレクトロニクス製品の中に、TIの半導体は使われています。
現在、日本TIは日本の主要都市に7つのセールス・オフィスを持っており、最適なアナログと組込みプロセッシング製品やソリューション、サービスで、お客様のコンセプトから製品化、量産までに至るあらゆるステージをサポートしています。
また、2つの工場、1つのパッケージングセンターでは、アナログ製品を中心とした高品質、高性能な製品の安定的な供給でお客様のサプライチェーンを支え、また、先進的な組み立て、パッケージング技術で次世代製品の実現を牽引しています。

TIの新卒採用 :

TIは、将来のリーダー育成のため、新入社員の採用と教育に力を入れています。対象職種の新卒社員には、ローテーションプログラムと呼ばれる研修プログラムを用意しています。このプログラムは実務を通じて、職種への理解を深め、問題解決の経験をすることができるほか、自分の職種だけでなく、社内の異なる職種の業務についても実務を通して経験し、自分の職種と他の職種のつながりや、それぞれの役割を理解し、社内でのネットワークを広げることが出来る機会となっています。

また、ローテーションプログラムとは別に、Make an Impactと呼ばれる新入社員向けトレーニングにも参加頂きます。ローテーションプログラム期間中に様々な職種別の専門知識を身に着けるためのトレーニングを受けることができ、TIで必要なスキルや知識をつけることが可能になっています。また、リーダーや高度なスキルをもったエンジニアとのセッションに参加する機会もあります。

記事

Facebook

QRコードでLINEの友だちを追加

会社概要

日本テキサス・インスツルメンツ合同会社
 英文社名  Texas Instruments Japan Limited
 設       立  1968 年 5 月
 資  本  金  5 億円
 代  表  者  社長 サミュエル ヴィーカリ
 従業員数  約 1,200 名
 主要販売製品  集積回路(IC)、DLP®
 事業沿革  テキサス・インスツルメンツ・インコーポレイテッド(本社:米国テキサス州ダラス、略称:TI)を親会社とする半導体の製造、販売を行っている外資系サプライヤです。
先端テクノロジーを搭載した幅広い製品ポートフォリオのご提供、TI ワールドワイド・ネットワークを生かした生産体制、充実した営業および技術サービスにより、お客様のグローバル・ビジネスをサポートいたします。
 所在地  本社:東京都新宿区西新宿6-24-1西新宿三井ビル
セールスオフィス:東京、埼玉、横浜、松本、大阪、名古屋、京都
工場:会津工場(福島)、美浦工場(茨城)、日出パッケージング・センター(大分)